唐人町ギター教室では、楽譜が読めない初心者の方からプロを目指している上級者まで、現役プロミュージシャンが丁寧に指導致します

Blog

大雑把な変遷

10代の頃は なにも考えてなかった   20代の頃は とにかくうまくなりたかったプロアマ問わず 周りの人のギター演奏がとにかく刺激的だった   30代の頃は 音楽の標準語をギター演奏に適用することそれと同時に民族音楽のネ…続きを読む

いま頭をよぎるものをつかまえてみた

  ひとと直接に話すことが減ったその分 自分の内部に情報源を求めることや本を読むことによって他者の考えに触れる機会は増えたきっと今はそういう時期だが具体的なモーションへの渇きのようなものが動きを封じられた世の中に慢性的に…続きを読む

美というものについて(その2)

 今振り返ってみると確かなことがあるベテランギタリスト緒方さんのあの時の言葉は決して誉め言葉のそれではなかった”きれい” は ”退屈” と同義だったのだ ”きれい” と ”うつくしい” もおそらく異な…続きを読む

美というものについて(その1)

  子供の頃から だらだらと練習していたギター それまでは師に言われるがままの曲を ただひたすら淡々とこなしていた 教本に載っているものは古典ばかり カルリ、カルカッシ、ソル、アグアド、、、   途端…続きを読む

たたかうひと、たたかわないひと、

  ジストニアのリハビリ生活を始めて早4カ月、、、 遠くない将来、私個人の”ジストニア記録”をホームページで連載しようと現在計画中だが、 ほんとにやっかいな症状なのだ。治療法もいまだ見つかっておらず皆さん自力で…続きを読む

リュートとギター

  先月、福岡市内の某会場で、ふたりのギタリストによるコンサートを聴いた。 東京でご活躍の熊谷俊之さん(36)と、福岡を拠点に活動を始めた松本富有樹さん(30) おふたりそれぞれソロとデュオによる構成だが、プロ…続きを読む

モリコーネ愛

  プロミュージシャンは音楽をよく聴く。   それは当然といえば当然なのかもしれない。しかし私の場合、プロ活動を始めて以前と以後の 音楽の聴き方そのものに、自ずと違いが生じてしまった。 ”以後の聴き方…続きを読む

たまたま?それとも、、、

  本日、ふと久しぶりの”エゴサーチ”、、、     断っておくが、私の場合けっして自意識過剰からくるものでないと信じたい(笑)。 むしろ私の行動や言動が、知らず知らずのうち、どこかで誰かに…続きを読む

『松下流アナリーゼ』の周りで

    ”経験”とはサティが言うように「麻痺のひとつのかたち、柔軟性の反対」なのだろうか ぼくはこの言葉を7割がた信じつづけて久しい     『~の周りで』という連載シリーズを経験…続きを読む

”ひびき”について思ういくつかのこと(その4)

  疑問みっつめ 【楽器の”正しい”響かせ方】 こんなものあるのだろうか?     セゴビア全盛の時代には巨匠たちの鳴らし方、響かせ方が多くの人によって推奨され正しい奏法 とされてきた。 セ…続きを読む