唐人町ギター教室では、楽譜が読めない初心者の方からプロを目指している上級者まで、現役プロミュージシャンが丁寧に指導致します

Blog

アルバイトの思い出

  過去に一年間だけ存在した私の大学生時代・・・ 自主卒業(笑)するまでの期間 今振り返ると現時点ではなかなか経験できないことをさせてもらった 部活動のボクシングはじめ いくつかのアルバイトなど   一旦社会に出て専門的…続きを読む

秋のふたつのコンサートに寄せて

  前回コンサートの舞台に立ったのはいつだろう 今年の4月 ピアノとのアンサンブルだったが 演奏はイヴェントの中で12分ほどであり しかもエレキギターだった クラシックギターを手にしたコンサートは 昨年12月 木下さんと…続きを読む

人間五十年、、、

  最近どうも夕方の時間帯くらいになると 「ああ、今日も一日が終わりそう 今日はいったい何をして過ごしたんだろうか 昨日より少しでも前進したんだろうか、、、私」という気持ちになる。   先日レッスンの折にそのことを思わず…続きを読む

演奏に見える履歴について

  今日の夕方、レッスンを終えた私の処へ知り合いのギタリストが訪ねてきた。 (了承を得てないため名は伏せておくが)彼は現在、福岡市を中心に演奏やレッスンを精力的にこなしている30歳手前の若手クラシック・ギタリストである。…続きを読む

あぁ インターナショナル・・

  ”過去”と”歴史”が違うものだとした場合 歴史はいつから歴史になるのだろうリアルタイムを知っているひとが死に絶えたときか?   私にとって《学習》とは 過去の事例にさかのぼり 現在の自分と結びつけることジャズメンは例…続きを読む

『フリア・フロリダ』の周りで(その3)

  とは言ったものの 私が過去に好きだった他者の演奏を思い起こすと そのことはあまり重要ではないのかもしれない   曲の構成を感じさせる演奏 ギターという楽器の音の美しさを感じさせる演奏 それまで気づかなかった”ある声部…続きを読む

『フリア・フロリダ』の周りで(その2)

  この曲の演奏に関しては 巷にさまざまなテンポ設定が存在している   どういうテンポ設定で演奏しようが ある一定の心地よさを得られるところが この曲の人気の要因の一つになっているにちがいないが 曲のことを考える上でその…続きを読む

『フリア・フロリダ』の周りで(その1)

  残された作品数の比較的多い 南米はパラグアイのギタリスト Agustín Barrios Mangoré (1885-1944) であるが その作曲スタイルは ヨーロッパのロマン派スタイルか 南米の民族音楽(フォルク…続きを読む

あそび

  近頃のニュースで自分より若い世代の活躍を目にする機会が多くなった   というのはあくまで一方的思い込みであり 自分が歳をとったということもあるし 活躍する人というのは若い時分から活躍するものなのである どうしてもおじ…続きを読む

大雑把な変遷

10代の頃は なにも考えてなかった   20代の頃は とにかくうまくなりたかったプロアマ問わず 周りの人のギター演奏がとにかく刺激的だった   30代の頃は 音楽の標準語をギター演奏に適用することそれと同時に民族音楽のネ…続きを読む