唐人町ギター教室では、楽譜が読めない初心者の方からプロを目指している上級者まで、現役プロミュージシャンが丁寧に指導致します

Blog

てとら ~色を奏でる~

  現在ジストニアを理由にコンサート活動をやすんでいる。 巨匠達からの数々のおさそいも涙をのんでことわってきた私。 そんな私がなぜ?、、、と思われるかもしれない。   おそらくうちの年内主催行事としては最後になる10月9…続きを読む

”コンサート”とはべつなもの

  一昨日、無事終えた主催企画『語ってください!弾いてください!vol.1』。   主催者として出演者としていろいろと感じ、考え、学ぶところが多かった。 とりあげる対象としては単なる有名人ではなく、華やかな足跡を持ちなが…続きを読む

初めての試み

  来たる8月28日(日)、あるイヴェントを開催する。 人生初の試みである”トーク・イヴェント”である。 ゲストを招き、その人のこれまで歩んできた足跡や活動を振り返りながら、 さらに「当時思っていたこと」「今だから思うこ…続きを読む

ロマンティック・ギター史

  昨日4日 福岡市内の会場で「ロマンティック・ギター史~F.タレガとその前時代」と題した企画を開催した クラシックギター史の分野において 現在の日本を代表するスペシャリストであり 優れたギタリストである富川勝智氏を講師…続きを読む

あるコンサートについて

来たる 2022年 3月21日(月・祝)北九州市で ギタリスト池田慎司さん企画・演奏のコンサートが開催される これはドレミ楽譜出版社『ギター名曲170選』のA巻に準拠した選曲のコンサートであるが この手のコンサートにあり…続きを読む

ライヴ版松下流アナリーゼ終了

  今月はとにかく引っ越し月間であった、、、 一週間ほどギターにさわる間もなく 段ボール50箱以上の楽譜、本、CDなどを詰める作業 そして運び込んだ新教室のスペースに 今度は丸二日間にわたる防音室の移設工事・・・ そして…続きを読む

演奏について思うこと(その3)

  昨日ひさしぶりに自主企画主催のコンサートだった 先月もご一緒させていただいたギタリスト松本富有樹さんとのデュオコンサートだったが 彼とふたつのコンサートをやるにあたって 今まで感じなかった あるいは気が付かなかった様…続きを読む

秋のふたつのコンサートに寄せて

  前回コンサートの舞台に立ったのはいつだろう 今年の4月 ピアノとのアンサンブルだったが 演奏はイヴェントの中で12分ほどであり しかもエレキギターだった クラシックギターを手にしたコンサートは 昨年12月 木下さんと…続きを読む

《松下流クラシック音楽史》セミナー

  本日4月21日、福岡市南区高宮アミカス音楽室にて、オカリナ教室グランジュテ主催による 《松下流クラシック音楽史》セミナーが開催され、無事終了した。     これはオカリナ奏者、和田名保子…続きを読む

2020年大晦日

  今年もこうして無事に大晦日を迎えることができた。 コロナの状況のなか、レッスンやコンサートに足を運んでくださった生徒さんや知り合い達に 支えられ助けられた一年だったことを、今ほんとうに心から実感している。 …続きを読む