唐人町ギター教室では、楽譜が読めない初心者の方からプロを目指している上級者まで、現役プロミュージシャンが丁寧に指導致します

Blog

プレリュード第一番【ヴィラ-ロボス】その3

 
前回のおわりに予告した”遠くない将来”って、翌日のことかいっ!
なぜひと息に書かなかったか、ですって?
そりゃあアナタ、フレーズが長くなりすぎるからですよ、、、
 
 
ヴィラさんの「プレリュードNo.1自演」を聴くと、”最終版”である出版譜には書かれることの
なかった、途中段階としての様々なアイディアがそこには盛り込まれている。
この曲の作曲者自演というのは、二つの点でおもしろい。
ひとつはギター奏者ヴィラ-ロボスの思い描いてた演奏ニュアンスを、彼自身が”記譜”として
どう定着させようとしていたか(あるいはさせようとしなかったか)が垣間見える点である。
たとえば同時代のリョベートの譜面に記された細かい指示は、彼自身の演奏もしくはルバート
を、紙の上に必死でとどめようとしたかのような意図がみられる。つまり<自分の演奏>を
録音だけでなく紙にも記録しようとしたのが、「カタルーニャ民謡」などに見られるあの譜面の
姿だということ。
 
 
もうひとつのおもしろい点は、曲の構成をはじめ、細かい点も出版譜とかなり違うこと。
仮にこの状態が《製作途中のスケッチ》だったとしても、もし本人が未完成品と思っていたら
レコーディングなどするだろうか?録音年代が不明なのが残念だが、もし仮に最終出版の後の
録音だとしたら「出版後も曲を変更し続けた」ということであり、作曲家ヴィラ-ロボスの
ケースに限り、ギリア説は崩れることになる。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*【葬られたアイディア】
出版譜2ページ目、一番下の段は自演では譜例のように弾いている。

べー_page-0001


次はあくまで私個人の仮説だが、ここの上声和音は、作曲当初はこのようなトリッキーな運指の
アイディアであった可能性が大。右指のバランスが難しいっちゃ難しいが、、、。
楽しいので私はこちらを好んで弾いている。



 
*【へミオラの可能性】
とり方の周期をちょっと変えるだけで、あら不思議 ♪ ってヤツ
 
<その①>
ヘ三_page-0001
<その②>
へみ2_page-0001


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上いかかでしたか?
コンクールでやれば間違いなく減点の対象になるし、ご自分の先生の前でやった日には
「そんな子に育てた覚えはない!」
と一喝されるのがオチなので、ご自宅でひとり楽しまれることをおすすめします。
今回のポイントを動画に撮ってみました。


カテゴリー:

“プレリュード第一番【ヴィラ-ロボス】その3” への2件のフィードバック

  1. S.Hongou より:

    ヴィラーロボス先生は、「これがギターを弾くことだ!」(極めて個人の感想です)みたいな、圧が怖い、強い。ので、なかなか手が出せません。
    素敵な曲は、沢山。このビビり感を払拭するには何が必要か。
    まいど、悶えます。
    運指探しの旅が、大変です。

    • ryuji より:

      S.Hongouさま
      あ、それわかります。なんとなく男くさいですよね。
      マッチョ嗜好というよりは濃厚な”ダンディズム”ありますね。
      ロラン・ディアンスにもそういうの感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です