唐人町ギター教室では、楽譜が読めない初心者の方からプロを目指している上級者まで、現役プロミュージシャンが丁寧に指導致します

Blog

印象的な話

  武満徹との対談の中でキース・ジャレットが言っていた。   「ほとんどの人たちは、よくパーソナリティこそ人の中の一番中心にある、 それ以上近づけないものとしてとらえているのだけれども、大事なものはす…続きを読む

親愛なる先生(パブロ・マルケス編その3)

当時のパブロ先生の住まいは、パリ市内のアパルトマンの5階だった。 ところが建物が古く、なんとエレベーターが無かった。 たかが5階と思うでしょ? フランスでは1階の事を「0階」と呼ぶのよ。知ってた? (困った民族です。ほん…続きを読む

親愛なる先生(パブロ・マルケス編その2)

その後も何と無く気になっていた私は、パブロのCDを買い、何と無く聞いているうちに そのCDはいつしか私の一番の愛聴版になっていた。ルネッサンス音楽の大家フランチェ スコ・ダ・ミラノのいくつかのリチェルカーレとファンタジア…続きを読む

親愛なる先生 (パブロ・マルケス編その1)

私がパリにギター留学したのは94年、23才の時だった。   日本を代表するギタリスト福田進一さんのご紹介で、福田氏の師匠であるアルベルト・ポ ンセ先生のもとで勉強させていただけることになった。 ただ事前の噂では…続きを読む

えっ?しゅ、趣味ですか?

「松下さん、日ごろの趣味は何ですか?」     時々この質問に出くわす時がある。 そのたびにどぎまぎしてしまう。 嘉門達夫風に言うと 「悪い事してないのにキンチョーしてしまう」 何故なのかは自分で気が…続きを読む

守口(大阪)での活動を終えて

毎年、年明けには大阪の守口市にお招き戴き、コンサートおよび 公開レッスンをさせて頂いている。 今年で4年目になるが、例年同様皆様に温かく迎えていただき,無事 終える事が出来、大変感謝している。   毎年の楽しみ…続きを読む

2012年を終えるにあたって

  年を経るにつれ、一年という周期のなんと早く過ぎる事よ、、、。     素晴らしいフルーティストであり、教育者であった故齋藤賀雄先生がおっしゃっていた。   「12という数字は、…続きを読む

木下尊惇さんのレコーディング

一昨日12月10日、東京赤坂のペイルグリーン・スタジオで、現在ニューアルバムを製作中の木下尊惇さんのレコーディングに一曲参加してきました。     私の録り終えたあとに、レコーディングに駆けつけてこら…続きを読む

コンサートの主役

今から十年近く前になるだろうか、、、。 「胎教コンサート」のお仕事を、ある事務所から戴いた事があった。 福岡市内にあるいくつかの産婦人科をコンサートで回る、という 企画である。 “胎教”と銘打ってあるから、お客様は当然「…続きを読む

ピカイア パンデイロ スペシャル コンサート無事終了!!

連休のお忙しい中、お越しいただいた皆様、 誠に有難うございました。 お蔭様をもちまして、盛会のうちに終える事ができました。 お一人お一人に感謝の気持ちでいっぱいです。     音楽の力を信じて、ただひ…続きを読む