唐人町ギター教室では、楽譜が読めない初心者の方からプロを目指している上級者まで、現役プロミュージシャンが丁寧に指導致します

Blog

「C,J,Fx2G~しあわせの架け橋」(その1)

 
先日16日に無事45才の誕生日を迎えた。
こう言っても「なんだ~。若いじゃないですか、先生ったら。ハハハ、、、。」
というリアクションを返す生徒さん(つまりは人生の先輩達)がうちの教室には多いので、
何となく自分でも「そ、そうか、、、俺ってまだまだ若いんだな、きっと、、、。」と思わせて
いただいている。若さを保つ為にはこれって有り難いことなのか、それとも現実から眼を背けて
いる甘やかされ勘違い男の出来上がりなのか、、、。
 
 
先日福岡市の或るホールで福田進一先生の「還暦コンサート」のチラシをお見かけした。
そうなんだ、福田先生と私は15の年齢差だったんだ、、、とあらためて気付いた。
ということは、私が福岡市内に当時あったギター専門店「あーとゆにおん」で初めて福田先生の
講習会を聴講したとき、先生は30才だったんだ!そんで私が20才頃コンクールなど受け始め
た頃レッスンしてくださった当時の先生は35才くらいだったんだ、、、。そんで私がフランス
留学を終え、25才でキューバのハバナ国際ギターフェスティバルに参加させて頂いた時、
当時の先生は40才、、、なんだ、、、それでも現在の俺より若いじゃないか!
などと、自分の過去の走馬灯を見ながら乗り物酔い状態の私。キャリアも蓄積もない自分に
一瞬だけゾッとする、、、、。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
2016年5月7日(土)或るコンサートを開催する。
これは45才を迎えた私が、渾身の力を込めて自分のこれまでの足跡を称え(笑)祝おうという
我儘極まりないコンサートの企画を試みたのが事の発端である。
つまり私にとって現在考えうる限りの贅沢なコンサートがこの
「C,J,F x 2G~しあわせの架け橋」
なのである。
私の現在までの活動の中で私を「音楽する喜び」にいざなってくださった、敬愛するミュー
ジシャン方との共演である。私にとって幸せ以外の何ものでもない。
 
ちなみに私の中の鉄則《その1》
「人をしあわせにするには”まず自分から”」
 
 
コンサートの流れは、私と池田慎司さんのデュオ演奏をプロローグとして始まり、その後
おひとり目のゲストとしてシャンソン歌手、愛川智子さんご登場。愛川さんと2G(池田&私)
で2曲のシャンソンを演奏。
愛川さんと入れ替わる形で二人目のゲスト、ジャズ・ギタリストの田口悌治さんご登場。
田口さんと2Gで2曲のジャズ・ナンバーを演奏。
そしてさらに田口さんと入れ替わって三人目のゲスト、フォルクロリスタの木下尊惇さん
ご登場。木下氏と2Gで2曲のフォルクローレ・ナンバーを演奏し前半終了。
 
そして後半、「一夜限りのグループ結成&解散コンサート」といった趣きで全て5人で演奏。
スペイン歌謡、フォルクローレ・ナンバー、シャンソン、日本の曲、映画音楽などを採り上げる
予定。どう?おもしろそうでしょ。
 
次回ブログはこのたび共演させていただく「敬愛するミュージシャン方」について
【松下隆二アツく語る】のコーナーです。
 
(つづく)
 
 

カテゴリー:

“「C,J,Fx2G~しあわせの架け橋」(その1)” への4件のフィードバック

  1. 成長できないギター弾き より:

    おもしろそうです♪
    超楽しみ!

    • ryuji より:

      「成長できないギター弾き」さん
      コメントありがとうございます。
      おもしろそうでしょ?皆様といい時間を作り上げていきたいと思います。
      よろしくお願いします♪

  2. S.Hongou より:

    この地、でしかできない素敵なコンサートだと思います。
    とても楽しみです。

    • ryuji より:

      S.Hongouさま
      いろいろご協力頂き、本当にありがとうございます。
      先日のカルガードの皆様からのサプライズ・プレゼントも非常に励みになりました。
      引き続きお世話になります!

成長できないギター弾き へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です