唐人町ギター教室では、楽譜が読めない初心者の方からプロを目指している上級者まで、現役プロミュージシャンが丁寧に指導致します

Blog

珈琲美美コンサート・シリーズ~松下隆二ギター・ソロ・コンサート

 
去る2014年3月30日(日)福岡市中央区赤坂にあるコーヒーの名店“美美”において
松下隆二ギター・ソロ・コンサートがおこなわれた。
定員25名のスペースに27名のお客様がお越しくださり、アットホームな中にも緊張感漂う
バランスでコンサートは進められた。
ふたつの“島”であるキューバと日本を対比させたプログラム構成であったが、今回はゲストと
して新進気鋭の若手ギタリスト山田賢氏を向かえ、後半にデュオも聴かせ会場を沸かせた。
演目は以下の通りである。
 
1部<キューバのギター音楽を中心に>
*キューバの子守歌(L.ブローウェル)
*「ヨルバ族の歌」より  アソケレⅠ、イヤー・ミ・イレー、ボロティティー、スアヨ
(H.アングロ)
*主題、変奏と終曲(M.M.ポンセ)
*11月のある日(L.ブローウェル)
*グァラーチャ(C.ファリーニャス)
 
2部<日本の音楽>
*さまよう風の痛み(高橋悠治/松下隆二編)
*さくらの主題による変奏曲(横尾幸弘)
*三月のうた(武満徹/松下隆二編)~以上、松下ソロ
*島へ(武満徹/藤井眞吾編)
*さようなら(武満徹/藤井眞吾編)
*どですかでん(武満徹/松下隆二編)~以上、山田賢とのデュオ
 
アンコールとして
*朧月夜(岡野貞一/松下隆二編)~山田賢とのデュオ
*そのあくる日(R.ゲーラ)~松下隆二ソロ
 

カテゴリー:

“珈琲美美コンサート・シリーズ~松下隆二ギター・ソロ・コンサート” への2件のフィードバック

  1. Takao Yoshimoto より:

    松下先生ファンに囲まれての良い雰囲気でした。 素晴らしい時間を有り難うございました。 目の前で圧倒されました!  先生の細くて長い指の動きに見とれてしまいました、やはり少し離れていないと音楽に没頭出来ない!(笑)
    さくら、どですかでん、はCDで馴染みの曲でしたが、やはり生ですね!!
    11月のある日、3月のうた、など叙情的ないい曲ですね、年のせいですかね(笑)
    出来の悪い生徒ですが、これからもご指導宜しくお願いします! 

    • ryuji より:

      Yoshimotoさま
      先日はお忙しい中、コンサートにお越しいただき有難うございました。
      確かにYoshimotoさんとはちょっと近過ぎましたね(笑)。
      「合唱」に長くたずさわっていらっしゃる方の前での「歌もの」演奏は
      やはり緊張感があります。
      今日はボブ・チルコット先生の講習会とても楽しみです!
      合唱の真髄にぜひ触れたい、と思っております。
      どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

ryuji へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です