ずれる和音(その1)

 

みなさま、こんにちは。唐人町ギター教室の松下です。

ところで御予約されましたか?

8日(土)”かささぎ兄弟コンサート”ですよ!

関西クラシックギター界を代表する名手、松岡滋、岩崎慎一両氏によるデュオの世界。

おふたりは20代の頃から私にとって遠いあこがれの存在でした。

どう憧れだったか、、、。

当日ステージで具体的に申し上げます。

 

前半は”かささぎ兄弟”の魅力(ギターデュオ)を存分にご堪能いただき、後半ステージは北九州

在住の名手、ご存知池田慎司さんと私も加わり、トリオやカルテット演奏をにぎやかに繰り広げ

ます(9日は北九州若松で池田氏の主催)。

正統クラシックギタリストによる結成10年を経たギターデュオの神髄をとくとご覧あれ!

開演は14:30。会場は唐人町甘棠館。この日はG20とやらで交通規制がかかっているので

公共の機関でのご来場をおすすめいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもレッスンに行ってる香椎浜イオン内のヨシダ楽器店で、現代ギター臨時増刊号を立ち読み

していて驚いた(その後購入しましたのでゆるして、、、)。

いわゆるカルカッシギター教則本Op.59(有名な『25のエチュードOp.60』とは別ね!)の

完訳版なのだが、原善伸氏監修/上谷直子氏翻訳の134ページにわたる労作で、昭和のギター

教室が教則本として重宝していたさまざまな”カルカッシ教則本”の誤りを見直すべく、

1835年パリで出版されたフランス語によるCarli版をもとにオリジナル通り完訳し、註を付けた

もの。非常に有意義なお仕事であり、無条件で頭が下がる。

 

 

で、これを読んでいてなににビックラこいたかというと、《和音とその弾き方》の項目での

カルカッシ自身による説明、、、。

 

 

(前略)和音のすべての音がよく響くようにするには、左手の指は金槌のような形に曲げ、フレットの近くを押さえ、他の弦の振動を妨げないようにすること。右手の指は弾く弦の上に置いておき、振動を与えるときまで離さないようにします。

和音はいつも少し崩すかアルペジョで、つまり一音一音ずらして弾きますが、同時に弾いたときと同じ効果を与える程度に速く弾きます(この後譜例が続く)。テンポが遅いときは、和音を通常より遅めのアルペジョにし、和音の横に()【カッコ内に縦波線のアルペジョ記号/松下註】という記号で指示することがよくあります。テンポが速くメリハリがあってギターの音を多く使う曲では、この記号が付いた和音は親指ですべての弦を力強く素早く滑らせるようにして弾きます。

~『完訳カルカッシ完全ギター教則本Op.59』23~24ページより/監修:原善伸、翻訳:上谷直子(現代ギター社)~

 

 

左手指の”金槌”というのはいわゆる”アーチ型”を指していると思われる。この箇所に関する註が

付いていて「西洋の金槌(ハンマー)は湾曲している」とある。

いやいや、それよりも!

カルカッシが”和音というものはアルペジョする”ことを前提として説明していることですよ。

これってギター弁という”方言”を、カルカッシ自身が真っ向から受け入れていたということ

なのであるよ(同時代のカルリもそうだったらしい)。

 

 

私にとって個人的にもっとも衝撃だったこの箇所についてはやはり註が付いており、

「ここの解釈には注意が必要だ」「和音のすべてをアルペジョするかについては、よく検討する

必要がある」

 

 

従来の捉え方からしても、この註の言わんとすることはよくわかる。別にカルカッシやカルリが

そう述べているからといって、それが当時のギタリストの一般的なスタイルだったとするのは

確かに早計であり、いささか乱暴であるかもしれない。

だがこの註自体が、自己内部での固定観念との衝突による叫びにも似た様相を呈しているのも

正直わたしにとっての率直な印象、、、。

 

ここで間違いないのはカルカッシ本人がそうだった、という事実のみである。

 

(つづく)

 

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | コメントをどうぞ

第14回北九州ギターフェスティバルに参加して

 

これまで常設合奏団として活動してきた”エストレージャ・ギター・アンサンブル”を昨年

いっぱいで解散した。さびしくはあったが、メンバーの減少もさることながら、常設合奏団を

維持することのしんどさは感じていた。それは指導する私だけではなく、結成当初よりも高齢化

がすすんだメンバーたちもきっと同様のしんどさを感じていたであろう。

 

 

エストレージャの年中行事のひとつとして”北九州ギターフェスティバルへの参加”があった。

このフェスティバルはプロではない一般愛好家のかた(上村泰志さん)が音頭をとってお友達の

ギター仲間と始められたもので、だれでも受け入れる姿勢で14年間続いている素敵な

イヴェントだ。

(自分のものも含めて)プロが主催するイヴェントというものは、そのプロが責任を負う分

だけ、やはりそのひとや教室のカラーが前面に出てしまいやすい。だがこのフェスティバルには

(カラーはあるのだが)もっと自由な雰囲気がただよっている。

 

 

今年のあたまに上村さんから「今年はどうされますか?」と御声がけ頂き、「解散したから

今年は出ません」というのもどうかと思い、急きょ生徒さんたちに募集をかけて《ゆきずり

合奏団》を組むことにした。3人の時は合奏でなくトリオ、4人の時はカルテットで出ればいい

くらいに考えていたら、あっという間に定員の12名に達してしまった。

その後おふたりがご都合により辞退され、結果10名+私(下手な指揮)の総勢11名で5月26日

山田緑地のステージに立った。

 

 

朝11:00から始まり、さまざまな重奏団やソロ演奏、デュオ演奏がつづき我々の出番が来た頃

には、時計は15:00をまわろうとしていた。全体練習を2回設定しただけで、あとは参加者

それぞれの個人練習に託したこのたびの演奏だったが、ほどよい緊張感のなか無事たのしく

終える事が出来た。

演奏は、ラ・メランコニア(M.ジュリアーニ/松下編)、シャンソン(G.ムスタキ/松下編)の

二曲。

 

 

昭和の頃、福岡のポップス界を牽引されてたプロデューサーの方から、数年前お話を聞かせて

頂く機会があった。その方によると「チャゲアスは成功後、会社を立ち上げて結果その維持に

追われて苦しくなっていった。陽水さんはイヴェントのたびにチームを立ち上げ、終わったら

解散、、、。たしかにその方が維持に苦しまなくて済むよね。」(ふんふん、なるほど、、

メモメモ、、、)

 

 

というわけで今回は陽水方式で解散。また来年やれたらやろうかな、、、アンサンブル

”シンビオシス”。

 

2019.5.27.

 

カテゴリー: 活動報告 | 2件のコメント

うたの思い出

 

 

去る2019年5月12日(日)、福岡市内のFFGホール(福岡銀行本店地下)において、市民合唱団

”福岡フロイデコール”の第22回定期演奏会がおこなわれた。

福岡フロイデコール(以下略:フロイデ)は、1982年(昭和57年)RKB毎日放送『九州音楽

時代』のベートーベン「第九」演奏を機に発足。

初代常任指揮者として三浦宣明氏が就任、、、。

 

 

私が留学から帰国し、福岡で活動を始めたばかりの1996年。ある日、私のもとに地元の先輩

ギタリストから一本の電話がかかってきた。

「歌の伴奏の仕事なんやけど、ムズカシイ現代音楽でオレの手に余るんよ。松下君やってくれん

かいな?」

現代歌曲のギター伴奏作品なんてめずらしいな、、なぬ!藤家渓子作品ではないか、、、

ギターパートは案の定、旦那さんの技量を想定したかのような譜面づら、、、。

タイトルは『さんぽ』『わかれ』『とんび』の3曲(調性は有)。

歌い手は、現在バリトン歌手として大活躍の加来徹氏のお母様である加来京子さん。

そして三浦宣明氏は当時、作品委嘱元である”新しいうたを創る会”の福岡支部を担当されて

いた。

 

 

当日会場でのリハーサルで非常にわかりやすく的確なアドヴァイスをくださった三浦先生。

以来わたしのなかの”信頼できる大先輩リスト”に登録された。

 

 

1998年、九州ギター音楽コンクール審査員だった作曲家の高橋紀明氏が50歳の若さで永眠

された。突然の訃報を受け、今後の代わりを誰に頼むか理事全員が悩んでいたそんな時、

僭越ながら一番若輩の私が三浦先生を強力に推し、その後も数年にわたり審査員を歴任して

いただいたりもした。

個人的にも高橋悠治ギターソロ作品の演奏に関するアドヴァイスをいただいたり、合唱と

フォークギターで共演する『クレーの絵本』(詩:谷川俊太郎/曲:三善晃)をご一緒したり、

本当にいろいろとお世話になった。

 

 

閑話休題、1991年フロイデは第2代常任指揮者として中島敬介氏を迎え、その素晴らしい

ご指導の下、現在に至っている。

中島先生およびフロイデの素晴らしいところは、《いつでも誰でも入団できる”市民合唱団”》と

敷居の低さを謳いつつも、常に”音楽的挑戦”をやりつづけるところにある。

今回のステージ、三部構成なのはいつものスタイルだが、第一ステージ混声合唱とピアノの

ための『祈りの虹』(曲:新実徳英)は、ヒロシマをテーマにしたすさまじい詩もさること

ながら、合唱、ピアノ共に大変な難易度のため、今回フロイデのリハ時間のほとんどはこの曲に

費やされた。

 

 

本番の出来には皆様不本意なところもあったようだが、客席の感動になんら影響はなかった

ようだ。

みんなでなにかを乗り越えようと必死でもがくその姿が、私が感じるフロイデの魅力でもあり、

ひとりギターを爪弾くわたしが一番ジェラシーを感じる部分でもある。

 

合唱バンザイ!

うたバンザイ!

 

2019.5.17.

 

カテゴリー: 活動報告, 私の道しるべ | コメントをどうぞ

私にとって

 

唄うにしろ楽器を演奏するにしろ

”発音する”ことは、からだをつかう能動的なこと

そこで鳴り響いている音を

”聴く”のではなく

”聞こえる”のは受動的なこと

 

”聞こえる”という受動的な佇まいの方が

”感じる”ことに、感覚としてより近いのでは、、、

 

そのとき”演奏”は能動と受動の循環

太古より地球上を循環し続ける水のような

おなじ水なのにおなじ現れかたは二度とない

 

 

毎日の生活でさまざまな音楽にとりかこまれている

なくなるかも、、、

という危機に瀕しない限り

ひとは音楽が人間にとって根源的に必要なものだと気付かないものかもしれない

水のように

火のように

電気のように

ふるさとのように

みぢかなひとのように

 

 

音楽で癒されるか、、、

それは結果であって

”癒しのための音楽”というものはうそっぱちだ

”感動するための音楽”も、もちろんない

なにかの”ために”音楽は存在しない

きくひとと、ただ共に”ある”だけ

 

たいそうなものでもなかろうが

「ひととひとのコミュニケーションのツール」

と言い切るほど矮小化したくない

 

 

演奏に現れるものは

そのひとのその日の生きかた

逃避の場ではなく

日々の生活と向き合っているひとにのみ、ひらかれる世界

 

おなじ時間は二度とない

 

2019.5.3.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

What’s “NEW”?

 

ピエール瀧のコカイン騒動にともない(株)ソニーのとった措置に対して、

「電気グルーヴの音源・映像の出荷停止、在庫回収、配信停止を撤回してください」

という請願を提出するための署名をネット上で呼びかけている人達がいた。

私自身は別に”電気グルーヴ”の熱心なファンではないが、企業によるその手の”自主自粛(早口

言葉みたいで言いにくい)”にはかねがね違和感を持っており、署名をした。

 

 

3月17日に署名してからというもの、二日に一度くらいのペースで進捗状況メールが、例えば

以下のような形で送られてくる。

 

《13:00~13:05 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズへ署名提出》

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズの本社を訪問し、世界79ヶ国・64,606名の皆さまの署名とコメントを届けてまいりました。(後略)

 

一斉送信とはいえ、その律義さには好感が持てる私。

 

 

「ヤクに手を出した奴なんかの音楽は聴きたくない」なら、そう思ったひとは買わなければいい

だけの話。ただそういうひとはジミヘン、ストーンズ、ビートルズなどの音楽にも一切触れ

ないようにしなければ、それは偽善というもの。それらの発売は停止&回収しないのかな?

加えて企業側が「そんな輩のCDを市場に出回らせたりしてはいけないですよね?」と忖度する

相手は”日本の一般社会”という、はたして実態があるのかないのか分からない漠然としたもの。

ドラッグを肯定はしないが、音楽に罪はない。

 

 

マイルスが自叙伝の中で1956年の自分のバンドの状況を振り返りながら、メンバーである

J.コルトレーン(Sax)F.ジョー・ジョーンズ(Dr.)ふたりの当時のヤク中ぶりを嘆いている

記述がある。

 

~バンドが週当たり1250ドルも稼いでいるというのに、メンバーがステージでうつらうつらしている。そんなこと、このオレに許せるわけないだろ。彼らがハイになっているのを見て、オレまでジャンキーに戻ったと思う奴が出てくるかもしれなかった。だがオレは、時たまコカインを鼻で吸う以外、きれいさっぱりヤクと切れていた(後略)。~『マイルス・デイビス自叙伝(マイルス・デイビス、クインシー・トループ著/中山康樹訳)宝島社文庫』

 

で、最後の一言はなんやねん?(苦笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【”新しい”とはなんだろう?】

”今、自分に起こっていること”という意味では、3分前よりも今の方が新しい。

ただ”今、自分にとって起こっていること”という意味においては、”新しい”ということは

必ずしも時系列で起こることとは限らない。

なぜなら自分にとっての新しい《未知の出来事》は、今現在よりもむしろ過去にころがっている

可能性がある。

 

 

例えば私が1980年代を過ごしたからといって、その頃のすべてを体験した訳ではない。

むしろ私の知らない1980年代がヤマほど残されていて、それらのことは今の私にとっては

”新しい”未知の出来事なのである。ましてや1950年代、1820年代、1460年代などの過去と

いうものは、私にとって《まったく新しいもの》なのである。

 

 

そう考えると”新しい未知の出来事”というのは、なにかに気付く、あるいは目覚める「自分に

とっての刺激的なこと」のことではないか。つまりなにが新しいかはそれぞれにとっての個人的

なものであって、決して人に委ねる価値観ではない。

 

2019.4.18.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | 2件のコメント