『マズルカーショーロ』の周りで(その4)

 

この連載テーマも今回で最終回(にしたいが、着地できるかどうか、、、)。

 

メジャー転調した《場面C》であるが、Meno の言葉の後には当然 ”mosso” が省略されて

いる。つまりここはテンポ設定そのものがゆっくりとなる場面である。

僕にとってまず印象的なことは、メロディー・ラインが場面Aの反行であること

(”ミーーラドミ”という上昇ラインに対して”ミーードシラ”という下降ラインを描いている)。

演奏のポイントとしては、ミからド#への6度跳躍のニュアンスで”呼吸を有効に使うこと”

であろうか。場面Aのメロディーより時間がかかって然るべきである。

 

 

だがこの場面で僕がもっと気になることが、じつはふたつある。

ひとつは場面Aのなかでも言及した《伴奏三拍目の刻みがカットされている》箇所が増えている

点。これは和音の刻みを抜くことでメロディーをフリーな状態にし、ルバートをかけ易くして

いるのである(まあ、好みもあると思うので”義務”ではなく”権利”ということに、、)。

 

 

ふたつめは、Meno 開始部分とリピート部分で、アウフタクトの厚みが違うこと。このことは

次に続くフレーズの強弱と関係がある。

「一回目とリピート後で強弱の変化をどう付ければよいでしょう?」

レッスンをしていて、たびたび生徒さんから投げられる質問である。一回目強く弾いて、二回目

エコーのように弱奏、、、というのが、数十年前の一般的なアプローチ・パターンだったが、

ロマン派以降の作品は逆のアプローチの方が、僕個人の体験としてはハマることが多い気が

している(そのほうが音楽が大きく”発展”していく気がするのよね)。

 

 

場面C_page-0001

このふたつのことからわかるのは、ヴィラ‐ロボス本人がギターを弾く人間として、F.ソル、

F.タレガ、A.バリオスらの《音の厚みによる強弱》や《ルバート》の設定のアプローチを

理解し、自家薬籠中のものとしていたことである。

 

 

場面C、結びのフェルマータ2発は中途半端にやらないほうがよい。

やるならガッツリやる。恥ずかしいならふたつともとってしまう(その場合、この和音の

”厚みの意味”が無に帰すが、、、)。

そのぐらい徹底した覚悟が必要だ。ちなみに私がここを弾くときは、精神が完全にピアニスト・

モードに入っている(ピアノ全然ひけないけど、、、笑)。

 

 

そしてその後、場面Aに回帰しフォルテをもってこの曲は終わる。

そう、、、終わるのである。

なにが終わるのか、、、、ショパンが終わるのである。

この曲は、そこに至るまでは普通にショパン・スタイルのロマンティック・マズルカに過ぎ

ない。

だが次に続く”Final” は、もはやショパンではなく、作曲家ヴィラ-ロボスによる(当時の)

衝撃的な《現代音楽》なのである。

『禁じられた遊び』風の甘美な三連アルペジオに騙されてはいけない。

これらの和音をアルペジオせず、以下のように同時弾きしてみよう。

一弦と三弦のぶつかりが結構エグい、、、。

final_page-0001

それまでの調性音楽の世界から飛び出すべく、ヨーロッパ中が試行錯誤していた20世紀前半、

《四度音程の積み重ね》による和音の響きは、新しい音楽語法の一つとして多くの作曲家達を

魅了した。ホルストやドビュッシー、スクリャービンなどは”四度堆積の和音”を、それぞれ

独自の使い方でユニークに発展させていった。ちなみに”ギターの開放弦の響き”も四度音程を

多く含んでおり、「新しいサウンド」として、トゥリーナ、プーランク、ヴィラ-ロボス、

ヒナステラなど多くの作曲家によって作品に取り入れられたのは皆様ご存じの通り、、。

 

 

つまりこの曲『マズルカ‐ショーロ』は、この Final が存在するからこそ、組曲の中でも

とりわけ異彩を放っている曲なのである。ヴィラ-ロボスは最後の最後で勝負に出たのだ。

それまでショパンに憧れるピュアな青年を演じておきながら、いきなり「わたくしウソをついて

おりました」とばかりに最先端の現代音楽で荒れ狂い、フォルテッシモで強引に幕を引く、、

というハナレワザをやってのけたのだ。1908年当時のリスナーの耳でこの曲を聴けばそのよう

なことになる。

 

 

三度和音に比べて四度和音のサウンドには浮遊感がある。調整の重力関係に縛られることなく

浮遊している。ヴィラ-ロボスの面白いところは、バスの動きにAマイナーの調性感を残し、

《調性本来の重力関係》と《四度和音の浮遊感》を共存させたことだ(さあ、どう弾く、

あなた!)。

 

 

おしまいに”ショーロ”という言葉について。

その言葉には「泣く」というニュアンスが含まれるが、それは主に弦楽器のポルタメントを

形容しているらしい。”泣きのギター”とか”俺のギターが泣いてるぜ”みたいな世界。

そう考えるとヴィラさんが何故にタイトルに『マズルカ-ショーロ』と名付けたのか、、

本人が組曲全体を通じ、ここまでたくさんアラストレおよびポルタメントの指示を入れたのか

自ずと見えてくる気がする。

演奏者が「自分の好みでないから省く」といった次元の話では、本来無いのである。

 

(おわり)

 

 

2021.2.3.

 

カテゴリー: 松下流アナリーゼ | コメントをどうぞ

『マズルカーショーロ』の周りで(その3)

 

今日は具体的な運指について触れたい。

場面Aから見てみよう。出だしの部分は、《合理的》かつ《ピアニスティック》なアプローチ

であれば、こういう感じかしら、、、

 

A1_page-0001

前回最後に言及した”ヘミオラ・アプローチ”は、もちろん好みであって決して義務ではない。

あとやるならば、”ことさらに”ではなく”さりげなく”やるのが、趣味のよいヘミオラ・アプ

ローチだ、、、、という意見を私の周りの中年ギタリストたちが時折口にするが、その通りかも

しれない。

 

4小節二拍めの二度音程の”ぶつかり”、そして6小節二拍めの”ナポリの六”は、私は特に美しいと

感じるので、「一瞬ふりかえる」が「歩みは止めず」に弾いていく。

言うなれば、街でイケメン(あるいは美女)とすれ違った時の感じ。

 

冒頭部分の運指であるが、『Simples 』は1小節内声が二弦三弦になっていた(作曲者による

ものかどうかはわからない)。それをもとに以下の感じも考えられる。お好みでどうぞ。

 

A2-1_page-0001

最後の小節、2フレット・セーハのAmに飛び込むのが苦手な方は、その一拍前の時点で

左腕を回転させ(ひじを自分のからだ方向にひきつけ)、4の指(左手小指)を6弦の上空に

あらかじめ準備する習慣をつければよい。

 

ちなみにここでストイックかつまじめなあなたは、以下の疑問を抱くかもしれない。

「音符というものは、その音価ぶんの時間だけ押さえてなきゃいけないんじゃないの?」

これは至極真っ当な疑問であり、わたしも昔まじめだった頃はきちんと悩んだ(笑)。

私の本音をずばり言うと、「音価を守った方がよい箇所と守らなくてかまわない箇所がある」と

いうこと。つまりそれぞれ個別の問題だということである。

 

仮に作曲者が書いた音価を全部きっちり守って弾いたとしよう。

無感情のものすごい”棒弾き演奏”に聞こえるはずである。

そこで演奏を活き活きとさせるために、”アーティキュレーション”という考え方が出てくる。

音符に対して、演奏者が自発的にスタッカートやテヌートなどのニュアンスをほどこすことで

ある。アーティキュレーションの具体的なヴィジョンさえあれば、”四分音符”を短く切ることも

全然OK牧場なのである。

要は音価どおり伸ばそうが、短く切ろうが、この場合「多声部であることを感じさせることさえ

出来れば」いいのである(例:1小節三拍め内声の四分音符など)。

 

つづく場面Bのわたし運指は以下の通り。

B雲氏_page-0001

”アラストレ”と書いているところは、うしろの音符は「左手指の先行的な動きにより、モノの

ついでに鳴ってしまったら鳴ってもいい」というくらいの感覚。つまり右手で”はじかない”。

もちろんこれはあくまで私の場合であって、この音を仮に右手指ではじいても、それで素晴ら

しい演奏をしている人はたくさん知ってるし、別にそれはそれでよいと思う。

 

私が曲にアプローチする時、まずはじめに興味があるのは、

「作曲者がその音をどう感じていたか」そして

「(作曲者がギターを弾く場合)どう弾いていたか」の可能性である。

もちろんそこで導き出されたものは、あくまで私の”仮説”でしかない。

だが他者の気持ちそのものにはなれなくても、”なろうとする気持ち”が大切だと思うし、

クラシック音楽というものは、その感覚を鍛えるためのエチュードではないかとさえ個人的には

思っている。

 

話が脱線した。

場面Bの最後のCメジャーコード運指は、ヴィラ-ロボスがしょっちゅう使う形なので覚えて

おくとよい(例:ショーロスNo.1、ギター協奏曲第一楽章など)。左は拡張だが右手は弦の

チョイスがラクだ。サウンドも8フレットセーハするよりオープンな響きが得られる。

 

そして本日最後の話題になるが、この場面Bに関して私が演奏する際、他の場面よりもマズルカ

のリズム意識を強く感じて演奏している。どういうことかというと、舞曲にはそれぞれ固有の

リズム感覚があり、三拍子の舞曲にはとくにそのヴァリエーションが多い。

ちなみにマズルカのリズム感覚を図形であらわすと以下の感じである。

『アデリータ(F.タレガ)』や『マリア・ルイサ(J.S.サグレラス)』を弾くときにも私の中の

リズム感覚は、基本的にこう動いている。
マズルカ図形_page-0001

(つづく)

 

2021.1.20.

カテゴリー: 松下流アナリーゼ | 4件のコメント

『マズルカーショーロ』の周りで(その2)

 

それでは「マズルカ-ショーロ」の楽譜を具体的に見てゆこう。

 

今、私の手元には三つの譜面がある。

一つは昔から出回っているマックス・エシッグ版のもの。そしてヴィラ-ロボス記念館を訪れた

際、館長T.サントス氏から直接いただいた手書き譜のコピー。これは作曲者の筆跡とは違うので

おそらく”別な誰か”の手による浄書と思われる(音の内容的には出版譜との相違点は無い)。

そしてあと一つは作曲者の手書きによる「Simples 」というタイトルが付けられたギター・

ソロ譜。これは「マズルカ-ショーロ」作曲の三年後である1911年の日付けが書いてあるが、

曲としては明らかに「マズルカ-ショーロ」のスケッチ、もしくは簡略版といえる内容である。

曲としての規模と内容においては「マズルカ-ショーロ」の方に軍配があがるものの、

「マズルカ-ショーロ」という曲の理解を深めるためには、有益な情報がいろいろと詰まった

譜面であることは間違いないので、今回併せて検討したい。

ちなみに「手書き譜」および「Simples」も、ギタリストF.ジガンテあたりが校訂、出版して

いたと記憶している。従って今の時代、入手は非常に容易になっているはず。

 

 

まず冒頭であるが、出版譜(および手書き譜)には何も表記がないのに対し、Simplesは

”Andante”という単語が目に飛び込んでくる。このマズルカのメロディーを演奏するにあたり

ヴィラ-ロボス自身はアンダンテ感覚だったということが言える。そう、Allegrettoでも

LentでもModeratoでもなく、、、。あなた自身のこれまでの経験から導き出される”アンダンテ

感覚”で弾いてみよう。

ちなみに譜面をご覧頂いたらわかるように、Simplesには冒頭4小節のイントロがあり、

その後アウフタクトなしでのマズルカ・スタートとなっている。

 

 

「マズルカ-ショーロ」は、、、と言うか、この組曲(ガボット-ショーロまでの4曲)は、

基本どれもロンド形式で作られている。すなわちA-B-A-C-A というふうに場面が展開するため

下世話な話、A をしっかり練習すれば”曲全体の半分”はいけるということ。

 

 

「なるほど、そうか」と早速場面 A を弾き始めるそこのあなた。

ちょっと今から私が提案する練習につきあってもらえますか?

下の<譜例イ>を三回弾いてください。

イ_page-0001

 

続いて下の<譜例ロ>を六回弾いてください。

ロ_page-0001

ノルマを無事こなした方は<譜例イ>を今一度弾いてみてください。

イ_page-0001

 

<譜例イ>は言わずもがな、作曲者の伴奏アイディア。<譜例ロ>は私のような凡庸な人間が

つける伴奏アイディアである(二段2小節目はべつにDmでもかまわない)。

ヴィラ‐ロボスの書いた音が耳慣れしすぎて当たり前になっている人は、<譜例ロ>を何度も

弾くことで、自分の感覚(先入観)を一旦洗い流したほうがよい。

 

 

このふたつを比較してぼくの印象に残るのは、まず2小節目でヴィラ-ロボスがペダルのAを使い

ふわっとした緊張を持続させ、続く3小節目のドミナント(E7)につなげているところ。

そして4小節二拍目でぶつけている二度音程の美しいこと(三拍目で解決)。

それから二段目2小節三拍目のきざみを敢えて抜くことで、メロディーをルバートさせ易い

状況を設定していること(Simples のこの箇所を見れば、三拍目を”あえて”抜いた事実が一目

瞭然)。

最後に(SimplesではふつうにEの刻みだった)二段目3小節を、カウンター・メロディーで

さばいているところ。

これらの処理のおかげで、好みによってはへミオラ・アプローチも、し易い状況となっている。

hemi_page-0001

 

(つづく)

 

カテゴリー: 松下流アナリーゼ | コメントをどうぞ

2020年大晦日

 

今年もこうして無事に大晦日を迎えることができた。

コロナの状況のなか、レッスンやコンサートに足を運んでくださった生徒さんや知り合い達に

支えられ助けられた一年だったことを、今ほんとうに心から実感している。

 

 

ふりかえれば本来練習嫌いのはずの私が、元旦から《毎朝のウォームアップ》を自らに課し、

習慣として根付かせるところから私の2020年は始まった、と言っていい。練習メニューは

少しずつ増え、毎朝20分間で始めたものが、気が付けば4月の時点で40分間になっていた。

 

 

時期的にはコロナで世の中がざわつき始めた頃だった。

4月末、30年来の親友がパタッと亡くなった。これは父が亡くなった時よりずっとショックが

大きかった。長いこと肺を病んでいたのだが、死後のコロナ検査の結果”陰性”と診断された。

診断されたにもかかわらず「コロナであった可能性も0%とは言い切れない」という医者の

ひとことで誰とも対面することなく火葬にまわされた。4歳若い彼といっしょにこれから歳を

とってゆくことを、全くと言っていいほど疑っていなかった自分に気づかされた。

 

 

そこからはとにかく北九州の池田慎司さんの存在に救われた。彼があたらしく運営を始めた

音楽スペース”Goya”でのアンサンブル結成は私にとって救いとなった。6月に予定していた

鈴木大介さんのツアーは流れてしまったが、我々の尊敬するミュージシャンであるレオナルド・

ブラーボさん、木下尊惇さんのツアーが9月と12月にそれぞれ実現でき、一連のツアーとして

楽しく終えることができたのも、ひとえに池田氏の持つヴァイタリティーのおかげと心から感謝

している。

 

 

秋ごろから右手 i 指の空振りがすこしずつ目立ち始め、気になってはいた。

毎朝の練習メニューを改良したり増やしたりしていたが、一向によくならず、11月に関東の

ギタリスト尾野桂子さんにお話ししたところ「ジストニアじゃないですか?私の知り合いにも

います」と言われ、その時点で300日以上続いていた朝のアップをあわてて中止し、治療院に

行った。ちなみに腱鞘炎のような痛みは全くない。「神経のもつれです」と診断され、治るとも

治らないとも言われぬまま通院し続けている。(ギター教室とおなじで)治るか治らないかは

先生の技量云々ではなく、どうも私の心がけ次第のようである(苦笑)。

 

 

練習量はめっきり減った。来年のコンサートも一旦減らして様子を見ながら、、、という感じで

ある。もとよりコンサート活動に対する未練はほとんどない。仕事だからやってはいたが、

元来人前に立つのはあまり好きではないのだ。

しかし練習をやめて気付いたことがある。”練習嫌い”を自認していた私だが、これまで合い間を

縫ってじつは自分がかなりやっていた、ということに、、、、。

 

 

というわけで現在、時間を持て余している。

これは30代の頃、禁煙した折に味わった”もてあまし感”とかなり似ている(笑)。

もし来年、指がもとのように動いたなら?

やってみたいことがいろいろある。

もしもとのように動かないままだったら?

《動かないまま活動する方法》を少しずつ考えていこう。

 

それでは皆様、よいお年を

 

 

2020.12.31.

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントをどうぞ

2020木下尊惇 福岡ツアー

 

神奈川県秦野市在住のフォルクロリスタ木下尊惇さんの福岡ツアーが昨日無事終了しました。三つの会場それぞれに足をお運びくださったみなさまに心から感謝いたします。

いつもは素敵な歌声を聞かせてくれる木下氏のコンサートですが、今回は飛沫防止の配慮から、全編歌なしのインストゥルメンタルによるコンサートとなりました。でもそれが結果的に氏の器楽演奏のすばらしさを堪能できるよい機会となったとも言えると思います。

 

ひとつ目の会場、福岡市東区の千早なみきスクエアでのコンサートでは、五十代後半の木下氏と四十代後半の私に加えて、縦石佳久、加藤優太という二人のクラシックギタリストに参加してもらい、三十代後半、二十代後半その時その時の”旬”というものを彼等から加えてもらうことにより、奥行きのあるコンサートとなりました。

氏と同じステージ上(木下氏の横)で体験したさまざまなことは、一緒に演奏した彼等にとってはきっと忘れられない宝として残り続けるはずです(もちろんわたしにとっても)。

 

ふたつ目の会場は北九州市守恒にある音楽Goya(池田慎司主催)。

木下氏のギター&チャランゴ演奏に、池田慎司さんのギターと池田国昭さんのマンドリンが加わり、非常に成熟したアンサンブル演奏が展開されました。聞けば木下氏が生活したボリビアでは「伝統的なスタイルとして、この編成(チャランゴ・マンドリン・ギター)が存在した歴史がある」とのことです。実際このトリオによる今回のリハーサル動画は、氏のフェイスブックを通じてボリビアから非常に大きな反響があったことをここに報告しておきます。

あと個人的には池田慎司さんがご自分のマルセル・バルベロ・イーホを使い、木下氏とデュオで奏でた「月のテーマ(木下尊惇)」の演奏は、このコンサートの白眉であったと思います。

 

そして三つめの会場は福岡市内の珈琲の名店”美美”でのコンサート。

店主の森光宗男さんが急逝されて、美美で予定していた木下氏のコンサートを急遽追悼コンサートとして別の会場で行なったあの日からすでに四年の歳月が流れていましたが、このたびやっと実現できたことは個人的にも感慨深いものがありました。

マスターがお好きだった熊谷守一の絵にかこまれ、珈琲の香りも高いその空間で、木下氏のチャランゴとギターが美しく鳴り響き、私もそのお供をさせていただきました。

 

どの会場もそれぞれの空間、それぞれのお客様、そしてそれぞれの演奏、、、、

そのすべてが濃密な時間で満たされ、消えてゆき、その場に居た人たちの記憶のなかに静かに沈んでゆきました。

 

2020.12.15.

 

image0

カテゴリー: 活動報告 | 2件のコメント