2018ふくしま

 

今年も木下ご夫妻と一緒に、第44回コスキン・エン・ハポンに参加するためふくしまを

訪れた。《初日のパレード》が昨年は雨のため中止となったのだが、今年は天気にも恵まれ

地元の子供たちと共に元気に練り歩く事が出来た。関東や他県からの参加者が多いこのフェス

ティバルだが、初日のパレードにはそういった方々は参加しない。

「地元のひとしか参加できない」と思っているのだろうか?それとも興味がないのだろうか?

自分達の出番に演奏だけして帰っていく。

地元とのつながりが強い木下尊惇氏のおかげで、私の場合気安く参加させて頂いているが、

もし私も他県から一人で参加していたら、パレードへの参加は躊躇していたに違いない。

有難いことと感じると同時に、運営側もパレード参加をうながすPRをもっとやってもよいの

では?(やってたらごめんなさい)

パレードの後、昼食を食べ、”絹蔵コンサート”で木下氏と3曲野外演奏。

 

 

二日目のコスキンはお休みして、木下氏の車で山形まで足をのばしていただき酒田市にある

土門拳記念館を訪れた。写真というものに対する専門知識も無いし、これまで愛着も持って

なかったのだが、被写体と自分が一直線に結ばれるまでシャッターを切らず、ただひたすらに

待ち続ける姿勢など、残された作品を通して非常に強く心に刻まれた。まるであたかも仏像の

なかに人間のもつ生々しさを見、人間の中に仏を見い出すような彼の作品群、、、。

彼が50年代に提唱した”リアリズム写真”とは、身近な生活の中に絶対的な美を見い出そうとする

”民藝”や”フォルクローレ”の精神と通じるものがある。

 

 

その後昼食をとり、酒田市から車で数十分ほどにある鶴岡市に移動。私のかねてからの念願で

あったネルドリップ自家焙煎の名店”コフィア”への訪問が叶った(木下氏に大感謝!)。

珈琲焙煎は深煎りが技術的に難しい。もちろん店主の好みがあるが、深煎り珈琲の世界では

コフィアは現在世界でもトップクラスのクオリティである。私が足繁く出入りさせて頂いている

福岡の名店”美美”のマスターであった故森光宗男氏とコフィアの門脇祐希氏はどちらも吉祥寺の

伝説的名店”もか”で修業を積んだ、兄弟弟子のような間柄である。森光さんが他界し、青山の

名店”大坊珈琲店”が閉店してから、深煎り愛好家の私としては寂しい限りであったが、この度

コフィアの噂どおりのすばらしい味を堪能できたことで心に灯がともった。

門脇さん、ありがとうございました。これからもどうぞ末永く素敵な珈琲を作り続けてくだ

さい。

 

 

3日目の8日(月・祝)は台風も過ぎ、コスキン本会場で木下氏と20分ほどゲスト演奏。

福島県川俣町に集まった多くのフォルクローレ・ファンの皆様と木下尊惇氏とのきずな、そして

信頼が新たに結ばれる瞬間を、同じステージ上で体感させていただいた。

終わった後は客席は文字通り熱狂的な反応だった。さすがだな、、、マエストロ。

 

 

この日コスキン会場に到着してすぐに、関東でご活躍の若いクラシックギタリストのおふたり

からご丁寧なごあいさつを頂戴した。おひとりは過去に面識のある素晴らしいギタリスト

井上仁一郎さん(福島ご出身らしい)。もうおひとりは高田元太郎先生の門下である森井

英朗さん。前日に行われたコスキン日本代表審査会で今回の代表に選ばれたようで、(残念

ながら演奏を聴かせていただくことはかなわなかったが)さぞ素晴らしい演奏家にちがいない。

 

 

ふくしま滞在最終日のその日は、福島市内のBar ”マジー・ノアール”にて、コスキンのゲスト

小川紀美代さん(バンドネオン)とトリオでのライヴ。小川さんは伝説のバンドネオン奏者で

あり作曲家でもあったA.トロイロ(1914~1975)のバンドネオンを使用してのツアーを行

なっており、今回のライヴでもトロイロの楽器が使用された。

非常に濃密な時間が惜しげもなく次々と過ぎてゆくふくしま滞在であるが、今年は特にすご

かった。

今年もお会いできたふくしまの皆さん、小川さん、門脇さん、そして木下ご夫妻ありがとう

ございました!!

 

2018.10.11.

 

 

 

カテゴリー: 活動報告 | 2件のコメント

”質問”とは?(その2)

 

「質問とは可能だろうか?」

 

いきなりなにを言い出すんだ、、、と思われるかもしれない。

だがいまだかつてこの問いを自分に投げかけたことのないひとは、一度でいいからこのことを

真剣に考えて欲しい。

 

 

近年はどうか分からないが、従来、邦楽の世界においては弟子が師匠に質問をするというのは

許されなかった。このことを聞いた人の多くが「なんて厳しい権威主義のタテ社会だろう」

と、ひとまずは感じるかもしれない。確かにそうかもしれないが、私には《質問してはいけない

理由》は別にある気がする。

 

 

”通し練習”を師匠と共になぞるだけで、その日のおけいこは終わり。師匠からのコメントも

なければ、アドヴァイスもない。

”理解”経由で《実演にむかうことの困難さ》にぶつかるよりは、師匠の演奏中の佇まいから

発せられる感触を入口とし、結果”理解”に向かうというコースの方が、仕上がりが確実で

はやい、、、

という事を”楽譜を介さずに演奏する世界”の方が、あたかも知っているかのようである。

 

 

そのことに加えて《質問》とは、ある景色が”見えないひと”から”見えるひと”に向かって

発せられるものなだけに、「そこはこんな景色ですよ」といくら言葉で伝えられたところで、

自力で辿り着いて眺めてみることに比べれば所詮ヴァーチャルにすぎない。

そこで最初の問いをいまいちど考えてみて欲しい。

「質問とは可能だろうか?」

 

 

だからといって”質問”という行為自体が無意味かというと私にはそうとも思えない。

レッスン時、講師にとって重要なことは、「その生徒さんがより前進するために何を伝えれば

よいか?」を探ることであるが、ただそれを伝えるだけでは単に「結論を受け入れろ」という

話で終わってしまう。その”一方通行な時間”にコミュニケーションはもはや成立していない。

生徒が聞きたいことを引き出し、講師が伝えたいこととすり合わせること。

聞きたいことと、専門家が伝えたいことのミスマッチを可能な限り減らす時間をつくること。

これら(いわばコミュニケーション)が現代の音楽レッスンには求められており、”質問”は

生徒から講師に向かって開かれた窓の役割をしている。

それを認めない邦楽の世界は、いわば師匠が弟子を最短でうまくすることを目指した(考え様に

よっては)実にソリッドな”合理主義的世界”だ、というのが私の見解なのである(笑)。

 

(つづく)

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | コメントをどうぞ

”質問”とは?(その1)

 

ものごとへの興味や素朴な疑問、知的欲求を満たそうとする好奇心、、、

そういったことから純粋に立ちのぼってくる質問は、ある種の”温度”があり、質問される側も

答え易い。

ところが世の中見渡してみると、”質問”というものは常にそういうものだとは限らないようで

ある。 スポーツや将棋などの勝者に対する、あるいは自然災害の被災地におけるインタビュー

等でのメディア側の”質問”の内容が「あまりにおバカすぎる」と、ここ最近批判にさらされて

いる状況を見ていると、確かにそれらの多くは《お仕事の体裁を整えるための質問》であって

「一個人として本当にその質問に対する返答が欲しいのか?」

と思えるものが多々ある気がする。

 

 

いかにも公(おおやけ)を代表したような質問をしなければ、、、と考えるメディア側の立場も

確かにあろう。しかしインタビューアー(質問者)が”個人の気持ち”を離れ、公であろうと

すればするほど、”質問”は空々しくツマラナイものとなり、聞かれた側にとってもお決まりの

「応援してくださってるファンの皆様の為にもがんばります。」

とか

「とにかく一日も早く無事で帰ってきて欲しい。」

としか答えようがなかったりする。やはりそれらは質問というよりは、メディア側がお仕事を

無事終わらせるために相手に無理やりコメントを強要した結果でしかない。

 

 

「あなたのように素晴らしい音を出すにはどのように日々心がければよいのでしょう?」

「よい音楽とはなんでしょう?」

世界的に活躍するギタリストのマスタークラス(公開レッスン)の最後の質問コーナーで

時折投げかけられる言葉である。

これはおそらく質問者が「公の為に、、、」と気を利かせた挙げ句、空回りしている一つの例

とも言える。そこで哲学的な一言でも引き出せれば、公のために貢献出来た質問者は満足するで

あろうが、いきなり「人生とは?」みたいに的のデカすぎる問いを突きつけられたら

「この短い時間で答えられるわけねえだろー!」となるのが普通である。

ちなみに、ある現場で、ある世界的ギタリストはこう答えた。

「いや、、、、だから、、、その”よい音楽”とか”素晴らしい音”をどのように実現するかを

今日は半日かけてみんなで勉強してきたんじゃないの、、、、」

 

 

自然発生的なものでない限り、”質問する”ということは難しい。

【公のための質問】を試みるよりは、見栄を張らず自分の中から湧き出た素朴で純粋な

【私のための質問】をした方が、おそらく”目からウロコ”な答えが返ってくる可能性が高い。

そしてそういったやりとりの方が、公にとっても結果はるかに有益な時間となる。

 

(つづく)

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | コメントをどうぞ

夏の終わりと秋の始まり

 

去る9月1日(土)、北九州市のリバーウォーク内《北九州芸術劇場小ホール》に於いて北九州市

在住のギタリスト池田慎司さん企画によるコンサート『わたしたちのスペイン』が開催され、

大盛況のうちに幕を閉じた(主催:K・I 企画)。

日頃のご恩返しに、とばかり私も”押しかけ舞台進行責任者”をかって出たのだが、とても良い

経験をさせていただいた。

 

 

今年に入ってから着実に準備を進めている彼を間近で見ていたので、今回のイヴェントが彼に

とって如何に重要なものか、私も感じとってはいた。

若かりし日の彼がスペイン留学時に絆を深めた4人の先輩たちをこのたび東京、大阪から招き、

現在5人のそれぞれの活動の基盤となっている”スペイン音楽への愛”をベーシックなものとして

プログラムが組まれた。

 

 

この5人(敬称略:池田慎司、坪川真理子、富川勝智、東隆幸、岩崎慎一)によるコンサート

は、東京でこれまでに幾度か開催されているが、今回は池田さんの企画ということでプログラ

ミング(選曲)から演奏の方向性まで全面的に彼がイニシアチブをとり、現在日本のクラシック

ギター界の第一線で活躍中の先輩方4名が、豊かな経験と柔軟性を持って彼を支えた。

 

 

なにせ本番二日前に出演者全員北九州に入り、丸二日間かけてどっぷりリハーサルする、という

充実ぶりにまず驚かされた。初日のリハは私も隅で見学させていただいたが、ギター五重奏の

表現力と可能性、メンバーによるアレンジの質の高さに触れ、さらにビックリ!

レパートリーがほぼ無いに等しい”ギター五重奏”という荒地に突如巨大な建築物が出現したかの

ような錯覚に陥った。

今回はスペインの大衆オペラとも言える”サルスエラ”の音楽も多数演奏されたが、これらの

音楽がギター五重奏という形態にとてもマッチするのである。今後出版の機会などあれば、

日本のギター界における「五重奏」および「サルスエラ音楽」の普及に、確実に一役買うと思う

のだが、、、。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リハーサル二日目は聴けなかった。

何故なら私も本番があったのだ。

もうかなり長いこと続けている七弦ジャズギタリスト柳武史雄さんとのデュオライヴ

「SOLOx2&DUO」シリーズである。

タイトル通り、お互いのソロ演奏およびデュオ演奏で構成されるこのライヴ、毎回選曲が

ハードになっていってる気がするのは気のせいか?

長年やってるので、もうそろそろお互いの得意、不得意を見極め、安全な(?)選曲を

やっても良いのではと思うのだが、お互い全くその気配がない(笑)。

 

 

面白いのは、ライヴ中にお互い”プレッシャーのかかる場所”が、ほぼキレイに真逆だという事。

私はソロ演奏は日常的であるが、ジャズギタリストにとっては結構な挑戦であるらしい。

一方私はデュオで《テーマを弾いてる時》《コード伴奏をしている時》はお気楽だが、アドリブ

ソロタイムになると未だにヘンな汗をかく。柳武氏は”タマ読み(音符をその通り弾くこと)”

よりも、アドリブタイムになるとやはり俄然活き活きとしてくる、、、といった感じ。

 

 

そんなおじさんふたりがお互いかなりやんちゃにわんぱくに今回攻めたので、結果とても

楽しかった。

ちなみに私は、フリア・フロリダ(A.バリオス)、祈り(L.ボンファ)、野獣死すべしのテーマ

(たかしまあきひこ)の3曲をソロで弾き、柳武さんとのデュオではJingles(W.モンゴメ

リー)、Bumpin’(W.モンゴメリー)、porro(G.モンターニャ)、How My Heart Sings

(E.ジンダース)、Carmela Dame La Llave(Angel Luis Torruellas)、Cantaloupe

Island(H.ハンコック)というまさにラテンとジャズの”ごった煮状態”。

ああ、たのしかった!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌9月1日(土)は、昼過ぎに北九州芸術劇場に入り(シャキーン!)、初めての舞台進行責任者

一日体験。

個人的にはいろいろ至らないところもあったが、いつもと違う視点でコンサートに臨む事が出来

大変貴重な経験をさせていただいた。

 

 

丸二日間のリハーサルを経て、五人の演奏もさらに素晴らしく進化(深化)していた。

最年長の岩崎氏が常に全体をクールに見渡しサポートする中、東氏が亡き師匠M.バビ

ローニ氏ゆずりの深い音色でアンサンブル全体を彩る。富川氏は演奏の推進力を担当する言わば

起爆剤のような存在だ。

その3人の上に池田氏と紅一点の坪川氏が縦横無尽に駆け巡る、、、。

ホール満席のお客さんは上質のスペイン音楽を堪能し、さぞ満足されたことだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふと気づくと暑い夏がいつしか過ぎ去り、いつの間にかそれとなく秋の気配が忍び寄っている。

今年の夏は、自分が演奏したもの、してないもの含めて、本当にさまざまなコンサートを

体験し、いろいろなことを目まぐるしく考えさせられた。

いい感触で終われたものもあるし、残念ながらそういかなかったものもある。

 

 

だが結果如何にかかわらず、この夏二ヶ月間を通して私自身が強く意識させられたのは、

”なにかのスペシャリスト”となることをもはや目指していない自分の姿、心、立ち位置で

あった。

20代、30代の頃はさまざまなスペシャリストに憧れ、自身も”なにかのスペシャリスト”と

成れる日を漠然と目指していたのだが、40代をまもなく終えようとしている現在、そういった

気持ちが自然となくなっている、あるいは別な楽しみ方をしている自分に気が付いた。

 

 

自分を定義することなく、周りの状況にあわせてふわふわと変化したり、しなかったり

 

 

それも悪くないな、、、という素直な今の心境である。

 

2018.9.3.

 

 

カテゴリー: 活動報告 | 6件のコメント

大阪の夏

 

今しがた福岡に帰ってきた。

北九州のギタリスト、池田慎司さんとの大阪二公演だったのだが、いろいろと面白かった。

一件目はクラシックギター専門店”ファナ大阪”さんでのコンサート。これは我々共通の友人で

あり、尊敬する先輩ギタリストでもある岩崎慎一さんに主催していただいた(大感謝

!!!)。

前半は【近代スペインの音楽】、後半は【映像の音楽】というふうに分け、お話を交えながら

あたたかいお客様に囲まれて2時間弱のコンサートであった。

おいそがしい中多数のお客様にお越し頂き、この場をお借りして感謝したい。

 

 

この日ビックリしたのは、25年会ってないバンド時代の知り合いがご家族で(しかも私の

目の前、最前列!)で聴きに来てくれたこと。彼は私が昔バンドマン時代に練習で使っていた

スタジオでアルバイトをしていたヘヴィメタ・ギタリストだったが、髪を切って”落ち着いた

お父さん”になっていた為、「お久しぶりです」と声をかけられても、お名前を確認しても

はじめは全く分からなかった。現在大阪でスタジオ経営をされてるとのことで、次回大阪に

行く機会に是非立ち寄らせて頂きたいと思っている。

 

 

そして今日(18日)は、ブラジル音楽専門店”ショヴィ・シュヴァ”の17周年記念イ

ヴェントの一環として光栄にもお招き頂いた。ショヴィ・シュヴァは日本でもブラジル音楽の

メッカとして、数多くの実力あるミュージシャンがステージに立っている場であるため、恐縮

しながらもその店の看板ミュージシャンのひとり”7弦ギタリスト山田やーそ”さんのお力を

お借りして楽しく終える事が出来た。残念だったのは私の都合でその日のうちにどうしても

福岡に戻らねばならず、打ち上げも出来ずに早々に大阪から引き上げざるを得なかったこと。

やーそさん、かなみさん、徹さん、そしてこの日お集まりくださった本当にあたたかいお客様の

皆様!心から”ありがとー!!!”

 

 

そして今回も共に楽しくステージをくぐり抜けた長年の戦友、池田慎司さん。

あなたのおかげで私の音楽ライフは充実していますよ。

心から”ありがとー!!!”

IMG_0994

IMG_0987

IMG_0991

2018.8.19.

 

カテゴリー: 活動報告 | 2件のコメント