ピカイア パンデイロ スペシャル ライヴ!!!

来たる11月23日(金・祝)福岡市内唐人町にて

“ピカイア・パンデイロ・スペシャル”のライヴが開催されます。

(唐人町ギター教室主催)

 

ピカイア・パンデイロ・スペシャル(以下pps)は

トランペットの渡辺隆雄さん、パーカッションの小澤敏也さん

お二人のデュオ・ユニット“ピカイア”に流動的にゲスト・メンバーを

迎える事で活動を展開しています。ペルナンブーコやバイーアなど

北東部のアフロブラジル音楽を中心に、サンバ、ショーロ、ボサノヴァ

はもちろん、ジャズ、ファンク、ロックまで取り込み、しかも

オリジナリティで勝負する超骨太ユニットなのです。

 

ppsバンマスのトランペット、渡辺隆雄さんはクラシック、ジャズ、

ロック、サッカー、登山その他さまざまなものをルーツに持つ

スーパーミュージシャン。故忌野清志郎さんのホーン・セクション・バンド

「ナイス・ミドル・ウィズ・ニュー・ブルー・デイ・ホーンズ」のメンバー

として活躍。(詳しくは渡辺さんのホームページ“頂上作戦”の

biographyをご覧ください。オモシロイ!)

パーカッションの小澤敏也さんはブラジル音楽を母胎に、東京発の

サウンド、オリジナリティをアグレッシヴに表現する造形派

パーカッショニスト。ブラジルのフレームドラム“パンデイロ”に

底深く魅入られ、「パンデイロ一台で何でもできる!」という

独自の奏法を編み出したマルコス・スザーノ氏に師事、同氏より

高い評価を受けている。まさにppsの心臓!!

そして今回のゲスト・メンバーは、現在ショーロ、サンバ界で

引っ張りだこの7弦ギターの名手、山田やーそ裕さん。大阪を

拠点に、全国的に活躍する彼のギターからは本当にブラジルの

香りが味わえます。当日は、彼の刻むリズムの(ベース・ラインの)

グルーヴ感を是非ご堪能ください。

 

最近はこの三人(通称A3)でのツアーという形が多いようです。

数あるppsフォーメーションの中でもまさに鉄壁の布陣と

いえるでしょう。当日はオリジナル曲の他、カエターノや

ミルトン等のブラジルMPB音楽、ベネズエラやアルゼンチン

等の南米音楽をpps流に料理してくれます。

11月23日(金・祝)、場所は唐人町商店街の中にある

甘棠館Show劇場(地下鉄唐人町駅から徒歩一分)、

料金は前売り¥3.500-(当日¥500-up)

開場14:00開演15:00です。

皆様も是非“ppsワールド”を体験してください。

私、松下隆二もご一緒させていただきます。

たのしみだなあー!!!

 

ご予約・お問い合わせ   唐人町ギター教室

tel/fax(092)733-6240

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)