『松下流アナリーゼ』の周りで

 

 

”経験”とはサティが言うように「麻痺のひとつのかたち、柔軟性の反対」なのだろうか

ぼくはこの言葉を7割がた信じつづけて久しい

 

 

『~の周りで』という連載シリーズを経験を織り交ぜつつ時々書いているが、タイトルに関して

手軽につけた割には、ぼくの音楽への向かい方を的確にあらわしていて、「うまくつけたもん

だな」と自分でも思う。

つまりは、ある木を描くときに、木そのものを描くことにとらわれず、木の周辺、たとえば

”こちら側の角度から見たらこういう印象”とか、

”その木のまわりにはどういう草が生えている”とか、

”その付近の風当たり、日当たり”とか、、、

を感じることによって、その木の周辺の印象や存在をふくめ、ぼんやりと感じること。

それは木そのものを精密に描写するよりも、結果として”木そのもの”により近づける気がする

のだ。

 

 

そのことと同様に”松下流アナリーゼ”は、結果その曲の肝心なところには少しも触れることが

できていない。いずれも周辺の些末なことばかりとりあげているのだが、そのことで浮かび

あがる”ぼんやりとしたもの”の方に、現在のぼくは興味がある。

 

 

言葉は思考するための道具であり、その機能によって”感覚的なこと”をつかまえようとするが、

現実というものは複雑であり多層的だ。

言葉で表現するということは、ある意味”ポップ化”であり、言葉をたくさん並べるほど現実は

数ミリ単位で逃げてゆく。ポップ化は「わかりやすく伝える」ことが目的であり、それで

「現実を伝える」ことはできない。

ぼくの場合、そう割り切ってポップ化したり断言したり、、、。

 

 

つまるところ、ぼくのブログが断言調なのは、決して自分の言葉を信じているからではなく、

あくまで伝えるためのポップ化を演じている、ということ。

だからぼくの言葉をもっとも正当に信じていて、かつ信じていないのはたぶんぼくであるだろう

と思う(笑)。

 

 

そんなぼくの言葉に、ひとはそれぞれちがう広がりを持ってくれるし、そうであればうれ

しいな、、、と思いながら、不特定な宛先に向けてこのブログを書き続けている。

 

 

《四十代最後の日に》

2021.2.15.

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)