『マズルカーショーロ』の周りで(その2)

 

それでは「マズルカ-ショーロ」の楽譜を具体的に見てゆこう。

 

今、私の手元には三つの譜面がある。

一つは昔から出回っているマックス・エシッグ版のもの。そしてヴィラ-ロボス記念館を訪れた

際、館長T.サントス氏から直接いただいた手書き譜のコピー。これは作曲者の筆跡とは違うので

おそらく”別な誰か”の手による浄書と思われる(音の内容的には出版譜との相違点は無い)。

そしてあと一つは作曲者の手書きによる「Simples 」というタイトルが付けられたギター・

ソロ譜。これは「マズルカ-ショーロ」作曲の三年後である1911年の日付けが書いてあるが、

曲としては明らかに「マズルカ-ショーロ」のスケッチ、もしくは簡略版といえる内容である。

曲としての規模と内容においては「マズルカ-ショーロ」の方に軍配があがるものの、

「マズルカ-ショーロ」という曲の理解を深めるためには、有益な情報がいろいろと詰まった

譜面であることは間違いないので、今回併せて検討したい。

ちなみに「手書き譜」および「Simples」も、ギタリストF.ジガンテあたりが校訂、出版して

いたと記憶している。従って今の時代、入手は非常に容易になっているはず。

 

 

まず冒頭であるが、出版譜(および手書き譜)には何も表記がないのに対し、Simplesは

”Andante”という単語が目に飛び込んでくる。このマズルカのメロディーを演奏するにあたり

ヴィラ-ロボス自身はアンダンテ感覚だったということが言える。そう、Allegrettoでも

LentでもModeratoでもなく、、、。あなた自身のこれまでの経験から導き出される”アンダンテ

感覚”で弾いてみよう。

ちなみに譜面をご覧頂いたらわかるように、Simplesには冒頭4小節のイントロがあり、

その後アウフタクトなしでのマズルカ・スタートとなっている。

 

 

「マズルカ-ショーロ」は、、、と言うか、この組曲(ガボット-ショーロまでの4曲)は、

基本どれもロンド形式で作られている。すなわちA-B-A-C-A というふうに場面が展開するため

下世話な話、A をしっかり練習すれば”曲全体の半分”はいけるということ。

 

 

「なるほど、そうか」と早速場面 A を弾き始めるそこのあなた。

ちょっと今から私が提案する練習につきあってもらえますか?

下の<譜例イ>を三回弾いてください。

イ_page-0001

 

続いて下の<譜例ロ>を六回弾いてください。

ロ_page-0001

ノルマを無事こなした方は<譜例イ>を今一度弾いてみてください。

イ_page-0001

 

<譜例イ>は言わずもがな、作曲者の伴奏アイディア。<譜例ロ>は私のような凡庸な人間が

つける伴奏アイディアである(二段2小節目はべつにDmでもかまわない)。

ヴィラ‐ロボスの書いた音が耳慣れしすぎて当たり前になっている人は、<譜例ロ>を何度も

弾くことで、自分の感覚(先入観)を一旦洗い流したほうがよい。

 

 

このふたつを比較してぼくの印象に残るのは、まず2小節目でヴィラ-ロボスがペダルのAを使い

ふわっとした緊張を持続させ、続く3小節目のドミナント(E7)につなげているところ。

そして4小節二拍目でぶつけている二度音程の美しいこと(三拍目で解決)。

それから二段目2小節三拍目のきざみを敢えて抜くことで、メロディーをルバートさせ易い

状況を設定していること(Simples のこの箇所を見れば、三拍目を”あえて”抜いた事実が一目

瞭然)。

最後に(SimplesではふつうにEの刻みだった)二段目3小節を、カウンター・メロディーで

さばいているところ。

これらの処理のおかげで、好みによってはへミオラ・アプローチも、し易い状況となっている。

hemi_page-0001

 

(つづく)

 

カテゴリー: 松下流アナリーゼ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)