2020年大晦日

 

今年もこうして無事に大晦日を迎えることができた。

コロナの状況のなか、レッスンやコンサートに足を運んでくださった生徒さんや知り合い達に

支えられ助けられた一年だったことを、今ほんとうに心から実感している。

 

 

ふりかえれば本来練習嫌いのはずの私が、元旦から《毎朝のウォームアップ》を自らに課し、

習慣として根付かせるところから私の2020年は始まった、と言っていい。練習メニューは

少しずつ増え、毎朝20分間で始めたものが、気が付けば4月の時点で40分間になっていた。

 

 

時期的にはコロナで世の中がざわつき始めた頃だった。

4月末、30年来の親友がパタッと亡くなった。これは父が亡くなった時よりずっとショックが

大きかった。長いこと肺を病んでいたのだが、死後のコロナ検査の結果”陰性”と診断された。

診断されたにもかかわらず「コロナであった可能性も0%とは言い切れない」という医者の

ひとことで誰とも対面することなく火葬にまわされた。4歳若い彼といっしょにこれから歳を

とってゆくことを、全くと言っていいほど疑っていなかった自分に気づかされた。

 

 

そこからはとにかく北九州の池田慎司さんの存在に救われた。彼があたらしく運営を始めた

音楽スペース”Goya”でのアンサンブル結成は私にとって救いとなった。6月に予定していた

鈴木大介さんのツアーは流れてしまったが、我々の尊敬するミュージシャンであるレオナルド・

ブラーボさん、木下尊惇さんのツアーが9月と12月にそれぞれ実現でき、一連のツアーとして

楽しく終えることができたのも、ひとえに池田氏の持つヴァイタリティーのおかげと心から感謝

している。

 

 

秋ごろから右手 i 指の空振りがすこしずつ目立ち始め、気になってはいた。

毎朝の練習メニューを改良したり増やしたりしていたが、一向によくならず、11月に関東の

ギタリスト尾野桂子さんにお話ししたところ「ジストニアじゃないですか?私の知り合いにも

います」と言われ、その時点で300日以上続いていた朝のアップをあわてて中止し、治療院に

行った。ちなみに腱鞘炎のような痛みは全くない。「神経のもつれです」と診断され、治るとも

治らないとも言われぬまま通院し続けている。(ギター教室とおなじで)治るか治らないかは

先生の技量云々ではなく、どうも私の心がけ次第のようである(苦笑)。

 

 

練習量はめっきり減った。来年のコンサートも一旦減らして様子を見ながら、、、という感じで

ある。もとよりコンサート活動に対する未練はほとんどない。仕事だからやってはいたが、

元来人前に立つのはあまり好きではないのだ。

しかし練習をやめて気付いたことがある。”練習嫌い”を自認していた私だが、これまで合い間を

縫ってじつは自分がかなりやっていた、ということに、、、、。

 

 

というわけで現在、時間を持て余している。

これは30代の頃、禁煙した折に味わった”もてあまし感”とかなり似ている(笑)。

もし来年、指がもとのように動いたなら?

やってみたいことがいろいろある。

もしもとのように動かないままだったら?

《動かないまま活動する方法》を少しずつ考えていこう。

 

それでは皆様、よいお年を

 

 

2020.12.31.

 

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)