『Capricho Arabe』の周りで(その2)

 

そういえば合奏練習の初回の日、集まってくださった10名前後のメンバーに尋ねてみた。

「これまでに”カプリチオ・アラベ”を独奏で練習したことのある方、どのくらいいらっしゃい

ますかぁ?(挙手!)」

それは驚きの結果だった。なんとひとりもいなかったのである、、、。

 

 

同じタレガでも”アランブラ”だったら、ほとんどの方が(私が思うに)かなり早い段階で自ら

飛び込むものだが、この違いは一体何なんだ?とあらためて考えてみるきっかけになった。

 

《アランブラに飛び込む要因》

 

*トレモロ奏法に対するあこがれと挑戦

*邦題の”宮殿”という言葉の響きが醸し出す魅力(クリムゾンと一緒ね)

*ずっとトレモロなので、音価やリズムなど譜割りで悩む必要がない

*技術の種類はそこまで多彩ではない(もちろん深くやっていくといろいろ出てくる)

*ギター愛好家でないひとにも知られている【ギターオリジナル3大有名曲】のひとつ

*多くの生徒さんが弾いているから

 

 

《カプリチオ・アラベに飛び込まない要因》

 

*名人芸のように弾く人が多いため、難易度が高そうなイメージ

*譜割りがめんどくさい

*カデンツァを見てひるむ(そういえば子どもの頃、A.カーノの”ワルツ・アンダン

ティーノ”の楽譜を見た瞬間「げっ」と思った、、、)

*スペインギター美学的な音色センスを盛り込まないと、いまひとつ満足感が得られない

 

と、まあ、私から見てこんなとこだろうか、、、

 

 

この2曲の共通点としては

*アラブへの憧憬(エキゾチシズム)を題材としている

*ギターの指板上、ローポジからハイポジまでまんべんなく使用する

 

アランブラとこの曲が異なる点としては

*前者はほぼアルアイレのみでも演奏が成立するが、後者はアルアイレのみの演奏ではタレガの

美学的に成立しない(ワタスのものすごい偏見)

 

つまり”スペインギターのアポヤンド奏法に魅力を感じるひと”でないと、この曲に取り組む気は

起こらないのではなかろうか、、、そう、ここは結構肝心なポイントよ、、、。

 

 

今回、合奏用にカプリチオ・アラベを編曲した直接のきっかけは、丁度2年前にさかのぼる。

 

北九州で池田氏が主宰したコンサート『わたしたちのスペイン』。

彼のスペイン留学の先輩たちが関東、関西から集結し、ギターアンサンブルによるスペイン音楽

を見事に披露した。その日のプログラムのなかでひときわ私の印象に残ったのはギター五重奏に

よるサルスエラ音楽の数々だった。

あの日のコンサートで、ギターアンサンブルによる”スペイン音楽演奏の可能性”がしっかりと

私の中に刻み込まれた気がする(あの日の5人の名手に感謝!)。

 

次回(最終回)は、この曲のごく簡単、かつ大雑把なわたし流のアナリーゼを載せてみたい。

 

(つづく)

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に, 暴論的持論, 松下流アナリーゼ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)