プレリュード第一番【ヴィラ-ロボス】その2

 

 

前回の冒頭にああ書いたけど、よく考えたらうちの大家さんが”業務を停止”したら、私は出て

いかにゃならんということか?もしかして、、、

ああ、人生とは時に困難なものだ、、、

 

 

ヴィラ―ロボスの充実したギター作品として挙げられるのは、”5つのプレリュード”のほかに、

A.セゴビアに捧げた”12のエチュード”がある。

この12のエチュードに関して、ひところウルグアイの名手E.フェルナンデスが当時の出版譜とは

別の年代に書かれた作曲者の手稿譜をコンサートで演奏していた(それは現在では浄書され

出版もされてるらしい)。

 

 

当時それが何故、話題性と衝撃を持って迎えられたかというと、やはりその中身である。

最終出版譜では切り捨てられていた、ヴィラ-ロボスらしい遊び心あふれたアイディアに満ち

溢れており、「なぜこのアイディアを最終段階でボツにしたのか」と疑いたくなるような内容で

あることを、世界中の多くのギタリストが認めたのである。

 

 

これは”12のエチュード手稿譜版”の熱が世界中のギタリストの間で盛り上がっている当時、

福田進一先生から聞いたおはなしである(ご興味ある方はご本人に直接お聞きください)。

ギター関係のイヴェントで福田氏の師であるO.ギリア氏が、フェルナンデス氏と顔を合わせた

際に”手稿譜版”に対する異議を唱えた、、、というのだ。

「作曲者は最終的な判断で現出版譜を出したんだ!」というのがギリア氏の言い分で、

フェル氏がそれについてどう反論したか、という話は僕の記憶にない。

僕が記憶しているのは、その場であいだに居た福田氏が「どっちの考え方もアリや」と

おっしゃっていたことだ。

 

 

そう、、、どっちもありだ、と今でも思う。

大切なのは、二つの選択肢を前に「”今の”自分ならこうする」ということだと思う。

それは三日後に変わったって全然かまわない。

 

 

ギリア氏の言い分は「墓をあばくようなことをするな」ともとれるが、要するに

芸術音楽の世界において《作曲者の意思》というものが、ヒエラルキーのより上位に位置すると

いう近代的倫理感と価値観に基づいているようにも感じとれる。

その敬意は私も決して否定したくはない。

だがあらたに発見されたその手稿譜が、”最終版”のための単なるスケッチの意味合いを越えた

”作品としての完成度”を十二分に備えていることも確かであった。

そう、、、だからどっちもアリ。

 

 

だがここでひとつアタマをよぎることがある。

作曲者自身はどうだったのだろう?

これもやはりひとそれぞれだろうが、本当は同じ曲でいくつも版を出したい時も実際あるのでは

なかろうか?そういった面でバリオスは結果、得をしている。後世に同じ曲でいくつも版が

出回っているなんて、実は作曲家として理想のかたちではないか?”譜面”という体裁に執着しな

かったことが結果として吉と出ているような、そんな気さえする。

 

 

それはさておき『プレリュードNo.1』である。

この曲に関して、私が”別版”もしくは”スケッチ”として、参考にしているものがある(バリオス

楽曲のいわゆるベニーテス版に対する<バーリー版><カルボーニ版>のように)。

それは《ヴィラ-ロボス本人の自演録音》である。

 

 

(そう遠くない将来につづく)

 

カテゴリー: 松下流アナリーゼ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)