ぼくの場合です(その1)

 

 

仮に『ちょうちょ』のメロディーをギターで弾くとなった場合、あなたはどういうことを考え、

または感じるだろうか?

 

 

この問いにはもちろん正解などは無い。

それぞれが好きに弾けばいいのだが、「充実して演奏する」のと「退屈しながら演奏する」の

二択だったとしたら、前者を望む人の方が圧倒的に多いと信じている。

 

 

たとえば私が『ちょうちょ』のメロディーを弾く際、充実して演奏するために以下の三点に

ついては検討することだろう。

 

①音程についての意識

②ハーモニー感

③歌詞と発音の兼ね合い、そしてそれに伴うテンポ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【①について】

まずメロディーを見てみよう。ちょうちょjp_page-0001

楽譜のように Cメジャー(C dur )でこの曲を見た時、主音はドであるがこの曲のメロディー

冒頭は5度音であるソからスタートしている。つまりはこの曲を弾き始める際に音階五番目の

音であるソが内包している固有の”緊張感”からのスタートとなる。

つまり何が言いたいかというと、仮にからだを完全にリラックスした状態で”ソ~ミ~ミ~~”

と弾き始めてしまっては、音程感がまるで無い演奏になってしまうということだ。

 

 

私は《カラダの緊張度》を測る目安として、演奏中は自分のからだを風船のようにとらえて

いる。

すなわち第一音(主音のド)を弾くときは、からだが息を吐ききってリラックスした状態。

第五音(ソ)を弾くときには、発音前にからだの肺のなかに空気を五分目まで溜め込んだ状態を

準備する。

一オクターブ上のドを弾く際には、肺八分目まで空気を溜め込んだからだの状態を準備する。

そのようにして音程の変化に伴う”緊張感の推移”を自然に表出しようと試みている。

 

 

この曲の音程でおもしろいなぁと個人的に思うのは8小節目と16小節目。

つまりこの曲をふたつに分けた時、それぞれの結びの音が第三音である”ミ”になっていること。

仮にこれが”ミ~ミ~ミ~~”ではなく”ド~ド~ド~~”だったら、場面がくっきりと終わった

感じがするのだが、最後ミに落ちることで、ちょうちょがひらひらと空中を漂い、とんでゆく

印象をうまく表している気がするのだ(いや~、ほんとうまい、、、)。

 

(つづく)

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に, 松下流アナリーゼ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)