やってみなけりゃわからない

 

いやー、すごかった!!

昨夜のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)の井上尚弥VSノニト・ドネア

バンタム級決勝戦。

バンタムに階級を上げて以降の井上氏は、世界の猛者たちを1~2Rであまりにもあっさり沈めて

きたため、私のような素人は今回もそのような結果(早期決着)を勝手に思い描いていたのだ。

あそこまで打たれる井上氏を見た事が無かったので、やはり試合やコンサートは実際にやって

みなけりゃわからないものだ。

もっともやらなくて結果が分かるくらいなら、やる必要ないし、、、。

 

 

理屈としてはそうだが、今回自分が過度に期待してしまったのは、井上氏が日本人ボクサーと

して、これまで見た事がないくらい完成度の高いボクサーだからだ。

ボクシングは暴力などではない。非常に科学的なスポーツだ。試合の中には(あるいは外にも)

一般人がとても読みとれない多くの駆け引きがある。相手があるいは自分がどのくらいダメージ

を受けているか、冷静に観察しながら柔軟に対応してゆく。

 

 

先程も書いたように、井上氏はこれまでの試合で、相手を文字通り秒殺、瞬殺し続けてきたので

今回のように12Rフルで撃ち合うことは、見る側にとっても未知の領域だった。

井上氏の仕上がりは万全だった。だが10歳年上のドネア氏の仕上がりが予想以上だった。

バンタムにおいて世界屈指の強打を誇る井上氏のパンチをあれだけくらって、なお攻めに転じる

タフさも尋常ではなかった。井上氏得意の左ボディーブローを11Rまで放たせなかった防御力も

驚嘆に値する。宿題と対策をきっちりとこなしてきた上で常にカウンターを狙っていたので

井上氏もこれまでないくらい時間をかけて慎重に攻めざるを得なかった。

 

 

結果12Rフルに打ち合い、判定にもつれ込んでの勝利だったが、今さらながらやはり井上氏は

ボクサーとしてあまりにも素晴らしかった。ただ今回の試合、多くのデータを残したことで

世界中のボクサーによる井上研究と対策が進むことだろう(これまではデータが収集できない

ほど試合がほんとうに早く片付いていたのだ!)。

 

 

相手が居ないことにはボクシングは成立しない。そしてやってみないとわからない。

今回ドネア氏は、井上氏にものすごい経験を与えたとも言える。

本当にすさまじい試合だった。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

コンサートというものも、本当にやってみないとわからない。

スポーツにしろ音楽にしろ、やはりそこには内容や技術以上に、メンタリティーの問題が深く

関わってくる。

演奏内容が自分にとって満足いく形であっても、”コンサートとして”素敵な時間になるとは

限らない。

逆に演奏内容が自分にとって不本意でも、”コンサート”として素敵な時間になることもある。

 

 

こればかりはいまだにわからない、コントロールできない領域である。逆にコントロール

出来たら、つまらないことこの上なかろう、、、。ここはいつも力説しているように《主催者が

どのように集めたお客様か》が大きく影響する。

演奏家にできることは意外にちいさいのである。

過信してはいけない。

 

2019.11.8.

 

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)