ギター界(若い人たちへ)

 

おじさんは時々こんなことを考える、、、。

 

ほんとうに

存在するのか

”ギター界”(五・七・五)

 

 

時折耳にする言葉【クラシックギター界】。

それは”クラシックギター産業”がターゲットとする人たちを便宜上まとめるための呼称であり、

演奏したりレッスンしたりするプロ・ギタリストが実体のないそこに同調というか、疑いを

持たないのは何故だろう。

 

 

プロ・ギタリストにとって大切なのは、その時目の前にいるお客さんであり生徒さん。

それこそが実体として信頼できる唯一のものであり、向き合うべきものである。

(”クラシックギター産業”に積極的に参入したいなら別だが)音楽家としては《ギター界》を

相手にしてはいけない。

 

 

もちろんギターを愛好する人の個々のネットワークや個人的交友は、現実に幾層にも渡って

交錯している。

ただそれら複雑な現実を《ギター界》という言葉で単純にひとくくりにした途端、それは突如

実感を伴わないフワフワしたものと化す。

 

 

あるプロの活動が、ギターを愛好するひとのために”結果として”結びつくことはあるとしても、

それは決して《ギター界》の為に動いたということではない。

なぜならそれは実体のないオバケだからである。

 

2019.9.3.

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に, 暴論的持論   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)