集団と自分

 

いきなりCMのコーナー、、、。

来たる3月31日(日)福岡市内の某所にて、「春のサロンコンサート」と題したギターソロ

演奏会を予定。『ギター名曲170選ABC(ドレミ楽譜出版社)』のA巻(全91曲収録)からの

選曲のみで構成し、お届けするこのコンサート。生徒さんたちが発表会などで演奏する機会の

多い曲を採り上げる予定なのだが、決して模範演奏を狙ったものではない。

「みなさんが日頃接している曲は決して上達のための”踏み台”ではなく、”作品”なのです」

「なんの曲に取り組んでいるかが重要ではなく、目の前の曲にどう取り組んでいるかの方が

はるかに重要」

この2点を《演奏を通じて》みなさんにお伝えしたい。20曲ほど演奏するつもりであるが、

もちろん私にとって本気の取り組みである。

作品の魅力がお客様に伝わることを第一に目指して、目下練習中。

狭い会場のため、あと3名で定員に達する予定。ご予約はお早めに、、、。

 

 

もひとつCM。

かつてCDをご一緒させて頂いたこともあるヴァイオリン奏者、荒田和豊氏が九州交響楽団を

定年退職されるにあたり、氏がかねてから共演をご希望されていたギタリスト鈴木大介氏との

デュオコンサートが実現。シューベルトの名作『アルペジョーネ・ソナタ』やピアソラ

『タンゴの歴史』のほか、鈴木氏ソロによるメルツ編『6つシューベルト歌曲』(私の大好きな

ヤツ!)など充実のプログラム。

4月16日(火)19:00開演【18:30開場】場所は福岡市内にある室内楽用ホールとしては最高

の”あいれふホール”。チケットは唐人町教室でも取り扱っているので、こちらも是非お早めに。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

去る3月20日(水)夜、ひさしぶりにバンドのメンバーと再会し、飲んだ(一応飲めるのよ、

ボク大人だし、、、)。

数字の記憶に弱い私にはどうでもいいのだが、7~8年ぶりくらいだろうか。

これまでの空白期間があっという間に埋まっていくかのような会話の数々、、、。

 

 

居酒屋での二時間半はあっという間に過ぎたのだが、このメンツの中に居る時にしか出さない

”自分の顔”というものがあることに、ふと気が付く。

別な集団の時には、私はきっと別な口調で別な顔をしてしゃべっていることだろう。

わたしだけではあるまい。これを読んでくださってるあなたもきっとそうではなかろうか?

 

 

どの自分が”素のわたし”で、「これは本来のわたしではない」などと区別したりはしない。

きっとどれも本当のわたしの姿なのだろう。どの集団に属するかでいろんな顔が自然と出てくる

のなら、”多層的な自分”であるためにいろんな集団に属した方が人生面白いのかも、、、

 

などと考えた花粉まみれの春。次はヒノキかぁ、、、(じつはダブル花粉症のわたし)。

 

2019.3.21.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活   パーマリンク

集団と自分 への2件のコメント

  1. ひよしかなめ より:

    楽しくてあっという間でしたねー。
    近いうちにまたご飯行けたらいいですねー。

    • ryuji より:

      ひよしかなめさま

      これはこれはドラムのひよしさま、、。先日はありがとうございました。ひさしぶりでたのしかったですね。
      5月GEZANのライヴ、感想レポートお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)