わんぱくでもいい、、、(?)

 

去る11月9日(金)福岡市中央区のみらいホールにてオカリナ、ケーナ奏者である和田名保子

さんのコンサートがあり、ゲストを含む7人編成メンバーのひとりとして出演させて頂いた。

これだけ規模の大きな編成は、ギタリストの私としては久しぶりである。

出演ミュージシャンによるリハーサルが二日間設定され、当日と併せて三日間、久しぶりに

音楽漬けとなって過ごした。

 

 

曲によっては小編成もあったが、プログラムの大半は全員演奏で、ギター用の音符はアレンジ上

ほとんど無い。つまりコード進行や他のパートを参考に自分で作らねばならない。

しかしオカリナ、ピアノ、チェロ、コントラバス、パーカッション、キーボードによる音の壁の

隙間をぬってギターになにが出来るのか?あるいはなにが求められてるのか?

ここ数日、それを求めてさまようことに終始した。

 

 

全体にとって邪魔になる余計な音だけは弾きたくない、、、。

 

 

「ギタリストとピアニストは、とかく音を弾き過ぎる」というマイルス・デイヴィスの言葉が

アレンジ中、幾度も頭をよぎる。

そうだなー、、、今回は活躍できる素晴らしいメンバーがこれだけいる訳だし、、、、

よし、今回のギターの立ち位置は”いかに活躍し過ぎず、周りを引き立てるか”

うん、かっこいいな、、、これでいこう!

自分なりに方向性が定まると、落ち着いてアレンジ作業に取り組めた。

結果いつもより白いパート譜が出来た。あとは実際にリハーサルで音を出し、どうするか

決めればいい。そして本番二日前の全員リハに臨んだのだが、、、。

 

 

「ここはギターで欲しいんだよね」「ここ、パワーコードでストローク出来ます?」「ここは

全員で16小節ずつアドリブタイムにしましょう」

 

今回は活躍することなく、みんなの後ろで大人のほほえみを浮かべつつ佇んでいようという

当初のもくろみはことごとく砕かれ、私のパート譜はみるみる黒く染まっていった。

ああ、そうなのね、、、やっぱり「落ち着いたおとな」よりも「やんちゃでわんぱくな飛び

道具」的要素を、ギターにもとめているのね、、、。

 

 

しょうがないなあ、、、と思いつつ向かえた本番。誰よりもステージ上で”やんちゃ”で

”わんぱく”を楽しんでいる自分がそこに居た。

 

 

そう、じつは前から、うすうす気付いてはいたのである。こんな自分に、、、。

 

 

2018.11.11.

 

カテゴリー: エッセイ, 活動報告   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)