おおきい、ちいさい、、、

 

「おおきいことはいいことだ」という価値観に疑いが無かったのが、昭和という時代の特徴の

ひとつ。

それは”大局が見渡せること”と、”単に大雑把な性格”とが、割と一緒くたに捉えられていた時代

でもあった。

目上からの誉め言葉として「あいつは器が大きい」などという言葉がよく使われていたが、

そういう類の言葉は(自慢ではないが)私は一切かけられたことがない。ひがみ目線から

「え~?あいつはただ単にデリカシーが無いだけじゃないの?」

などと思っていたが、その時の見解はうん十年経った現在も、実はわたしの中で変わっていな

かったりする(執念深いというか、ちいさいというか、、、)。

小は大を兼ねないが、同様に大も小のかわりにはなれないのが実際の世の中だと思う。

今日のブログはそんな私から見た、ちいさなちいさな世界、、、。

 

 

大きなことよりも小さなことを大事にする方が、どうも私の性分には合っているようである。

たとえば自分のコンサートでないのに、大ホールに行くと気分が落ち着かないなど(苦笑)。

ホールのステージ上では「自分の実力以上に堂々と振舞わなければ見栄えがしない」のが

なんとも煩わしい気分である。

私の場合、言い換えれば「器(うつわ)が小さい」ということであろうが、そのことに対し

別に卑下してもいないし、恥じらいも感じない。

 

 

地方に居ながらにして世界中の地方と繋がれるこんにち、メジャーが急速に機能しなくなって

きた、というのが平成という時代を振り返った時に残る”ひとつの印象”というか現象である。

【世界のトップレヴェル】なるブランドがゆっくりと意味をなさなくなってきている。

それらの価値観は、もちろんすぐに消えたり、別のなにかにすり替わるというものでもない。

巨大なものは死ぬのにも時間を要する。わたしが死んだ後もおそらくそれは死に続けているに

違いない。

そしてそれは地方だから見えやすいことであって、大都市東京に住んでいる場合は、よほど

敏感な人間、もしくは地方と頻繁に行き来がある人間でないと、それを感じ取ることは容易で

ないであろう。

 

 

東京で活動しているミュージシャンと話をしていると、自分達こそが時代の流れを洗練された形

で吸収、発信し、文化面で地方を牽引していっているという東京優位の感覚、すなわち

”昭和の図式”がいまだ有効だと信じているひとの多いことにびっくりさせられる。

真剣に取り組んでいる素晴らしいひとも(人口に比例して)いることはいるが、そうでない

人達もそういった気分だけはしっかり共有しているのが、一地方の人間として見たとき

片腹痛い。

 

 

権力や権威と結びつかないところで、いかに潰されず「ちいさいことを大切に」やり続けて

いくか。

そのほうが来たるべき時代の流れと合っている、、、とまでは言わないが(笑)。

 

 

思いっきり我田引水したところで、本日のブログ、、、

「退却!」

 

2018.12.8.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

11月のある日

 

先日11月24日(土)、今年最後の演奏仕事を終えた。

知人のホーム・パーティーでの私的な演奏だったため、情報は公開していなかったが、ソロ演奏

を前半、後半に分け30分ずつ演奏した。

プログラムは以下の通り。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第一部【映画音楽の夕べ】

*サウンド・オブ・ミュージック(R.ロジャース/松下編)

*ひまわり(H.マンシーニ/江部賢一編)

*テ・キエロ・ディヒステ(M.グレヴェール/松下編)

*11月のある日(L.ブローウェル)

*オルフェの歌(L.ボンファ)

 

第二部【愛奏曲集】

*祈り(L.ボンファ)

*ポートレイト(S.マイヤーズ)

*夢を売る人(M.D.プホール)

*コラール(F.モンポウ)

*ラファガ(J.トゥリーナ)

 

【アンコール】

*青いユニコーン(S.ロドリゲス)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近まとまってソロ演奏をやる機会があまりない私にとって、”一時間分のプログラム組み

立て”は、一週間アタマを悩ませるのに充分だった。

プホール作品は、先月末に楽譜を購入して今回が初暗譜の初人前演奏だった。

ピアソラっぽいことをやってるプホールに対しては、これまでどうしても興味が持てなかった

が、ふと耳にして”一耳惚れ”したこの曲に関しては、今までこちらが勝手に思い描いていた

プホール像を一新するに充分だった。

『ひまわり』と『オルフェ』は主催者からのリクエストで入れることになってるが、ほかに今

弾ける映画音楽って何があるかなあ、、、と考えた結果、

「そうか、11月だし、、、やっぱアレか、、、」

 

 

キューバのギタリスト作曲家、レオ・ブローウェルが映画のために書いた『11月のある日』は

かれこれ25年以上暗譜で弾いてることもあり、私にとって(めずらしく)そんなに心配ない

曲のひとつである。よし、決まった!それでいこう。

 

 

そしてなにげに『11月のある日』の検索をかけてみてビックリした。

日本未公開でこれまで観ることが不可能だったこの映画が、You Tube になんとバッチリアップ

してあるではないか!しかも5年ほども前に、、、。

 

結局コンサート前日に、わけの分からないモノクロ・スペイン語映画を1時間半かけて観た

のだが、分からないなりに非常に楽しめた。

”キューバ音楽” ”バロック風” ”木管楽器による武満風”、モリコーネのような”B級ロック”、

そしてキューバにおけるフュージョンの先駆けとなった伝説的グループ《イラケレ》による

”あのメロディー”!

様々な音楽がごった煮状態で使われている点では、C.ファリーニャスが音楽を担当した

『ソイ・クーバ(私はキューバ)/ 1964年』より多彩かも。

(映像はあちらの方が断然キレイであるが、、、)

 

 

コンサート終了後も、映画のイメージが頭から離れず、今日一日かけて、ついにギター・

カルテット用に編曲してしまった。名付けて『”11月のある日”メドレー』。

お披露目は来年ですね。乞うご期待。

 

 

だが今日のこの作業は今の私にとって現実逃避以外のなにものでもない。

なぜって、、、明日から二日間レコーディングなの、ぼく。

もちろん『11月のある日』と全然関係のないやつ、、、。

 

2018.11.26.

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に, 観てみて動画 | コメントをどうぞ

わんぱくでもいい、、、(?)

 

去る11月9日(金)福岡市中央区のみらいホールにてオカリナ、ケーナ奏者である和田名保子

さんのコンサートがあり、ゲストを含む7人編成メンバーのひとりとして出演させて頂いた。

これだけ規模の大きな編成は、ギタリストの私としては久しぶりである。

出演ミュージシャンによるリハーサルが二日間設定され、当日と併せて三日間、久しぶりに

音楽漬けとなって過ごした。

 

 

曲によっては小編成もあったが、プログラムの大半は全員演奏で、ギター用の音符はアレンジ上

ほとんど無い。つまりコード進行や他のパートを参考に自分で作らねばならない。

しかしオカリナ、ピアノ、チェロ、コントラバス、パーカッション、キーボードによる音の壁の

隙間をぬってギターになにが出来るのか?あるいはなにが求められてるのか?

ここ数日、それを求めてさまようことに終始した。

 

 

全体にとって邪魔になる余計な音だけは弾きたくない、、、。

 

 

「ギタリストとピアニストは、とかく音を弾き過ぎる」というマイルス・デイヴィスの言葉が

アレンジ中、幾度も頭をよぎる。

そうだなー、、、今回は活躍できる素晴らしいメンバーがこれだけいる訳だし、、、、

よし、今回のギターの立ち位置は”いかに活躍し過ぎず、周りを引き立てるか”

うん、かっこいいな、、、これでいこう!

自分なりに方向性が定まると、落ち着いてアレンジ作業に取り組めた。

結果いつもより白いパート譜が出来た。あとは実際にリハーサルで音を出し、どうするか

決めればいい。そして本番二日前の全員リハに臨んだのだが、、、。

 

 

「ここはギターで欲しいんだよね」「ここ、パワーコードでストローク出来ます?」「ここは

全員で16小節ずつアドリブタイムにしましょう」

 

今回は活躍することなく、みんなの後ろで大人のほほえみを浮かべつつ佇んでいようという

当初のもくろみはことごとく砕かれ、私のパート譜はみるみる黒く染まっていった。

ああ、そうなのね、、、やっぱり「落ち着いたおとな」よりも「やんちゃでわんぱくな飛び

道具」的要素を、ギターにもとめているのね、、、。

 

 

しょうがないなあ、、、と思いつつ向かえた本番。誰よりもステージ上で”やんちゃ”で

”わんぱく”を楽しんでいる自分がそこに居た。

 

 

そう、じつは前から、うすうす気付いてはいたのである。こんな自分に、、、。

 

 

2018.11.11.

 

カテゴリー: エッセイ, 活動報告 | コメントをどうぞ

”質問”とは?(その3)

 

前回のブログを書いて二日後の今日、ようやく私と同見解のコメントが、主に《ステージに立つ

立場の人間》の側から出始めた。

この数日、世間の動きを見ていて改めて気付かされたことは、コンサートなどの会場に足を

運ばれるお客さんというものは、”ステージに立つ人間”と”自分(達)”との関係しか意識

してない人が大半であるという事実である。

 

 

このことはもちろん誰の罪でも責任でもない。

しかしイヴェントというものは、私が常々力説していて皆さん耳タコかもしれないが、三つの柱

で成り立っている。

ひとつは(舞台に立つ人も裏方も含めた)ステージを進行させる人間。

もうひとつは、その日その時間のためにお金と時間を費やし会場で立ち会う人間。

そして三つ目の柱は、どの会場にどのような宣伝の仕方でひとを集め、イヴェントを運営するか

の全責任を負った主催者(興行主またはプロモーター)。

 

 

私のように活動が小規模な人間の場合、第一と第三の柱を同時に請け負う場合も多々あるの

だが、この”第三の柱”のキャラクターや仕事ぶりが、じつはイヴェント全体の印象を大きく

左右してしまうほど影響を与えることについては、世間ではほぼ認識されていない。

認識されてないからこそ今回のように”舞台に立つ立場の人間”が”世間”から直接に叩かれる、と

いう現象が起こってくる。だが今回についてはあきらかに第三の柱に問題があったのだ。

 

 

繰り返しになるが、そのイヴェントがいい時間になるかどうかは、この”第三の柱”がどのように

宣伝し、どのようにひとを集め、【当日つくりあげた客席】かで、ほぼ決まると言っていい。

もちろんイヴェントが始まってしまえば、”第一の柱”の力量が問われるのだが、第三の柱の

事前の取り組み次第で、”いい時間” が5倍にも10倍にも膨れ上がるものである。

私の経験上、そのことは幾度力説しても、し足りないほどである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本題の最終回。

”質問”というものについて考察してきたが、前回触れた話の要点をかるく反芻してみたい。

レッスンという場においては、”質問”に対する”答え”が、生徒と先生の《人間同士としての理解

あるいは絆を深めるため》のものである。

それに対し、生徒が目の前の講師の”演奏の感触”をいかに真似するか、が《実際の演奏のため》

には、より実践的なことであり重要なことと思える。

そして前回触れた、邦楽の《質問してはいけない世界》には、そういった意味合いも含まれて

いるはずである。

===========================================

ジャズギタリストの布川俊樹さんが以前、教則本の中のコラムで書かれていたことに非常に共感

した。長くなるがぜひ紹介したい。著作権侵害の連絡がきたらすぐに削除する(笑)。

 

『ジャズ・ギターがうまくなる人、ならない人』

タイトルに関しては、別にどんなジャンルでも良いんだけど、これは”問題意識”に尽きるだろう。要するに、今の自分がどういう状態でどういうレベルにあり、またどういう存在を目指すのか?それを厳しく第三者のような眼で自己評価できるか、ということだと思う。自分は今何ができて何ができないか?問題点をクリアして行くにはどういう練習をすれば良いか?それは独学であろうと、誰かにレッスンを受けていようと自分自身で考えて行かなければいけない。先達に言われたことや本に書いてあることも自分で発展的に考え、練習を自分のためにカスタマイズしていくことが大切なのだ。

そういった”問題意識”は質問の立て方(あるいは自分自身に課す課題の立て方)に現れる。何事もそうだが、どのような質問を立てるかによって、有意義な情報を得られるかどうかが決まってくるのだ。僕は立場上、ジャズに関する質問を受けることが多い。非常に困ってしまうのは、例えば見ず知らずの人が”スウィングするコツは何ですか?”というような質問をしてきたときだ。これは答えようがない、あるいは以下のようにいくらでも答えられる。”跳ねること””あまり跳ねないこと””レガートで弾くこと””ただ音を繋げないで適当に切ってリズムを出すこと””ゆったり弾くこと””フレーズに加速するようなスピード感があること””とにかく良いジャズを聞いて感じを掴むこと””たくさん練習すること””よく遊ぶこと””僕、スウィングしてないからわかんないなぁ”などなど。

あまり一般的に意味ある答は出てこないでしょ?これは質問の立て方がまずいのだ。あまりに質問の範囲が広すぎて大雑把なのである。どういうレベルの人が言ってるのかによって、答えはまったく変ってくる。”自分が是々こういう状態にあり、こういう点がまずくてどうにも気持ちよくないんですが、スウィングするコツは何ですか?”と聞かれればまだ説明できるし、答えも質問者にとって有意義なものとなっていく可能性が高い。それと一応プロの人に安易に”コツ”という言葉を使うべきではない。何故なら、あることができるようになるために相当の時間を費やしている人がほとんどで、簡単にできるようになったわけではないからだ。”コツなどない。一日5時間ぶっ続けで弾きなさい”みたいなことも多いのだ(特にグルーヴとかに関しては)。コツコツやってからコツって言え!みたいな話。(後略)

『ジャズ・ギターの金字塔/布川俊樹著(リットーミュージック)』より

===========================================

ちなみに弟子をとらない方針の羽生善治氏にインタビューアーが「自身が培ってきたものを

伝えたいという気持ちはないのか?」と尋ねた時の答えは以下のものであった。

 

~将棋の世界は、こう教えたから育つというものではない気がします。基本的に自分の力で強くなっていくものです。また、私が培ってきたものを伝えることが、本当にその人にとってプラスになるのか。そのときは自分ではすごくいいものだと思うかもしれませんが、本質的に伝えられる人にとってプラスかどうかは、また別の話だと思うのです。~

===========================================

こうなると”ご説ごもっとも”を通り越して、もはや”教育幻想論”の様相を呈してくるが、

それでは食べていけない身の私としては、これから生徒さんたちの【身の上相談窓口】的な

立ち位置でガンバローかな、、、、。

 

 

ハッキリした結論は出ないままだが、以上で『”質問”とは?』の連載を終えたいと思う。

これからも考え続けてゆくことだし、ハッキリ結論を出すような必要も別にないし、、。

最後に”質問”というものに関する私の個人的な感覚(意見というほどもない)をかるーく

まとめると、

 

*自分がなにが分からないか、、、をまず知ることが質問の第一歩

*今、発せられているものは”質問”か、”コメント要求”か、”確認”か?この三つは区別すべき

*相手の無知をバカにするひとは”自分の無知”を知らないひと。知りたいこと、分からないこと

があれば質問しよう。そこに恥は存在しない。

 

(おわり)

 

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | 2件のコメント

憎んじゃいけないろくでなし

 

連載中の《”質問”とは?(その3)》を書いてる途中だが、それを後回しにして、個人的に

今どうしても言いたいことがある。

沢田研二氏のドタキャン騒動についてである。

 

 

全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を開催直前に中止した件で、すさまじい非難を

浴びている氏だが、沢田氏側の言葉を拾い集めてみると、、、

「9000人入ると聞いていた観客が実際には7000人だった」

「”客席の一部がつぶされていた”ことなどから、自ら中止を決断した」

「契約上の問題が発生した為、急遽中止させていただくこととなりました(沢田研二オフィ

シャルサイトより)」

ということらしい。

 

 

ジュリーと私では規模も額も圧倒的(天文学的)に桁違いではあるという前提で、プロ

ミュージシャンとしての《契約上の問題》という観点から、この度の件を考えてみる。

例えば私がある主催者からギャラ5万円の仕事を依頼されたとする。依頼を引き受けその日の

演奏の為に準備を重ねベストを尽くす日々、、、。

そしてコンサート直前になって主催者から「お客さんが集まらなかったのでやっぱり今回3万円

でお願いします」との連絡、、、(な、生々しい)。

 

 

べつな例。

仮に果物屋さんの店先に一個200円のりんごが置いてあるとする。

それを買いに来た人が、自分の財布を見たら170円しか入ってなかった。

客「170円しかないのでこれでお願いしますよ」

果物屋「え?でもこれは200円で売っている商品です」

客「では170円分だけ切り取って売ればいいじゃないですか」「このリンゴを食べたいファン

の気持ちを考えないのですか?」

果物屋「、、、、」

 

 

はじめから7000人という契約であれば、沢田氏も事務所も仕事としてやっていたに違いない。

「アーティストのイメージの問題もあるので、こちらが契約を反故にしても多分嫌とは言えない

はずだ」というプロモーター(興行主、主催者)側の思惑に、従来アーティスト側は泣き寝入り

するしかなかったはずだし、それが通例化していたところに沢田氏は今回”ノー”を突きつけた。

音楽産業界の不健全さとアンバランスな力関係に異議を唱えたカタチだと推察する。

 

 

ここまで叩かれるのは沢田氏も事務所も勿論覚悟の上である。

オフィシャル・ホームページ上の毅然とした一文、

「契約上の問題が発生した為、急遽中止させていただくこととなりました」

これ以上の申し開きも必要ないし、付け足すこともないという潔い態度に、むしろ私は感銘を

受ける。

 

 

「7000人のファンのことはどうでもいいのか?」

「歳をとるとアーティストは頑固で勝手気ままになる!」

「プロのとる行動じゃない!」

 

むしろ沢田氏のファンではない人たちの方がネット上で騒ぎ立てる。

 

 

本人の発言とは裏腹に、今回の件の内実は「お客の数に沢田氏が不満を持った」という幼稚な

ものではなく、すでに述べてきたように単なる契約上の問題が発生しただけである。プロ

モーター側の契約不履行の責任であるにもかかわらず、プロモーター側の”アーティスト・

イメージ”に対するフォローが無いのが、その力関係、敬意の欠如を物語ってはいまいか。

 

 

エンターテインメントや芸術、芸能活動は、皆さんにとっては”ただの楽しみ”かもしれないが、

それにたずさわる人間にとっては皆さんが会社で仕事をするのと同じ”仕事”だという感覚であり

意識である。なのに無償のサービス精神、もしくはボランティア精神を強要されることがある。

 

 

が、サービスするかどうかは本人たちの選択であり、他から強制されるものではない。

 

 

2018.10.19.

 

 

カテゴリー: エッセイ, 暴論的持論, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | 3件のコメント