Mさんの思い出

 

今回のブログはチョー個人的な内容であることをまずお断りしておく。

 

 

わたしが小学生の頃、父はK大学の助教授(准教授という言葉は当時まだ無かった)を

していた。

その頃の父は、家にゼミの学生たちを集めては頻繁に酒盛りしていた。当時四十代半ばの父には

若い学生たちのエネルギーを受け止めるだけの体力がまだ残っていたのだろう。

 

 

酒が入ってくると、男子学生の何人かは松田聖子や松本伊代のモノマネを披露したり、私の

子供用ギターを手に、ジローズの「戦争を知らない子供たち」を唄ったりした。

そんな感じで我が家に出入りしていた当時のゼミ生の中のひとりに、Mさんというひとが

いた、、、

 

 

Mさんは水泳が得意だった。

私が小学校にあがって初めての夏休み、ふたつ上の兄(当時小3)が泳ぎが出来ずに困ってる

のを見かねた父が

「うちの息子に泳ぎを教えてやってくれないか?」

とMさんに頼み込んだらしい(この経緯は、つい先日初めて知った)。

事のなりゆき上、兄だけでなく、わたしも”ついで”の特訓対象に含まれることになり、それまで

単なるゼミ生のひとりにすぎなかったMさんが、我々兄弟の中で急激に巨大な存在として、

浮上してきたのだった。

 

 

今振り返ると、Mさんは絵にかいたようなコテコテの”九州男児”。

粋で快活で、とにかくカッコよかった。なにより小学校低学年の我々兄弟に対し、真正面から

向き合ってくれているのがちゃんと伝わってきたのだ。

しかも(車を運転出来ない)うちの両親とは違い、いつも我々兄弟を車で颯爽と迎えに来て

くれたところも大きな魅力だった(筆者注:母はその何十年後かに根性で免許を取得。ちなみに

私はいまだに運転できない)。

 

 

ところがこのMさんの水泳の指導がハチャメチャだった、、、。

Mさんの家の目の前に某私立大学があったのだが、そこが夏休み中なのをいいことに、柵を

乗り越えてプールに忍び込むところから始めなければならないのだ。

侵入後はもちろん我々三人の貸し切り状態。さすがにもう時効かな、、、。

 

 

兄の指導がメインで、その合い間に私の練習相手もしてくれたが、これもハチャメチャ

だった、、、。

私の手をとってバタ足練習をしていた時のこと、プールのど真ん中にさしかかった瞬間、なんと

Mさんはいきなり私の手を振りほどき、ひとりプールサイドに泳いでいったのだ。

大学のプールのど真ん中に置いてけぼりにされた”泳げない小1のわたし”は、まさに

「太平洋ひとりぼっち」状態。しかもプールサイドで腰かけて兄とふたり笑ってこちらを

見ている様子が、溺れて浮き沈みする水面の狭間から、かいま見えるのだ。

その後は覚えていない。頃合いを見計らって、たぶん助けに来てくれたのだろうが、、。

 

 

ある日、プールの帰り「ミカン狩りに連れてってやる」とMさんが、車で向かったのが、

山の麓にある夏ミカン畑(もちろん人の畑)。我々兄弟が罪のない笑顔で持ち帰った大量の

夏ミカンを見て、うちの両親もさすがに苦笑いしていた。これももう時効?

 

 

その時期、自分がためたお小遣いで初めて買ったドーナツ盤レコードが沢田研二の「勝手に

しやがれ」だった(ここは同い年の鈴木大介氏と一致している)。

ジュリーがその時期の私のヒーローだった。プールの行き帰りの雑談の中でそれを知った

Mさんは「俺もジュリー好きぜ。よし、俺が唄っちゃる」。

運転しながら「かべぎわに~ねがえりうって~♪」とキゲンよく唄いはじめたMさん。

次の瞬間、私の口から反射的に出た言葉は「もういい、もういい」。

小1からの本気の拒絶に「なんや、おまえ、せっかく俺が唄っちゃりようのにから!」と本気で

怒り始めたMさん、、、。

うしろの席で笑い転げていた兄は、その件を夕餉の時間に、微に入り細にわたって両親に報告

していた。

 

 

ひと夏の特訓成果があって、夏休み明けの学校から兄は鼻高々で帰ってきた。体育の授業で

「まっちゃんが泳げるようになっとる!」とセンセーションを巻き起こしたらしい。以来、

兄はスイミングスクールを経て中学では水泳部、高校では水球部、大学ではボート部、就職は

T海上火災と、まさに水街道まっしぐらの人生を歩み続けている(最近は釣りに凝っている

みたい)。

 

 

破天荒という言葉がピッタリなMさんだったが、大学卒業後はN火災海上に就職され、東京、

アメリカ、イギリスでお仕事をこなし、三人のお子さんに恵まれ、退職後の現在は、お孫さんも

いらっしゃることを母から聞いた。

生前の父に対しては礼節を重んじた姿勢を一貫して保ち続けてくださったようだ。数年前、

父の四十九日に際し、東京からわざわざお越しになり、仏前で大泣きされたことも母から

聞いた。

 

 

私と兄にとってMさんは、昭和の九州男児であり、とてもかっこよく、そしてハチャメチャで

しかし礼節を重んじ、仕事もバリバリこなし、家庭も大切にする(まとまらないなあ、、苦笑)

つまりは”あんな大人になりたい”という見本であり、あこがれだった、、、。

 

 

 

しかしなぜに今回こんなチョー個人的な思い出を書き記すのかって?

前回ブログでご案内した、今秋9月28日の主催イヴェント『ギターは今日も鳴り響く』になんと

お見えになるらしいのよ、Mさん!(実に40年ぶりの再会)

演奏とは全く別種の緊張が私を襲う、、、。

これは唐人町ギター教室はじまって以来のピンチ、、、もとい、試練と言えるのではないか?

 

あなたな~らどうする~♪

 

2019.8.11.

 

Miyamoto_page-0001-1-1

カテゴリー: エッセイ, 私の道しるべ | 4件のコメント

『ギターは今日も鳴り響く』

 

唐人町ギター教室、今秋の主催イヴェント、

『ギターは今日も鳴り響く』~さまざまなスタイル~

これは是非多くの方に聴いていただきたい。

 

 

大衆の楽器ギターは、世界中のあらゆる音楽の中に潜り込み、溶け込みながらソロ、アンサン

ブル、さまざまな形態の中で愛されている。国や音楽のスタイルによって音楽の語法もギターの

扱いも当然違う。

ヨーロッパでは19世紀からクラシックの室内楽楽器として愛好されてきた歴史があるが、かたや

南米大陸に目を向けるとタンゴやショーロ、フォルクローレを演奏する楽器としてのギターが

そこに存在する。

アメリカ黒人文化から誕生し、発展したブルースやジャズ、イギリスとアメリカが刺激し合い、

往復することで発展を遂げたロック、、、

ギターという楽器はそれぞれのジャンルでびっくりするくらい扱い方が異なる。そこが面白い。

 

 

私が長年の活動を通じ、知り合ってきたさまざまなジャンルのギター・スペシャリストを

同じ会場で一日で皆様に体験して戴こう!というスペシャルな企画なのである。

どう?おもしろそうでしょ?

 

 

各ジャンルが交わることなく進行してゆく、言わば各ギタリストが自分の最も得意技のみを

披露するステージ。それによってギターという楽器のおもしろさ、ふところの深さが今回

浮き彫りになるはずなのである。ギターをやる人、必見必聴!

 

 

クラシックギター界を代表しては、スペイン帰りの期待の若手、加藤優太氏とわたくし松下が

繰り広げる「他ジャンルギタリストには絶対できない(はず、、、笑)」クラシックギター

デュオ世界。

 

続いて世界中のイヴェントやストリートで活躍を続けるアコギソロギター・パフォーマー

城直樹氏によるオリジナルな世界。迫力かつ深みのある、真にユニークなギタープレイに注目!

 

そしてこのたびフォルクローレ界の世界的マエストロ、木下尊惇氏のフォルクローレ・ソロ

ギターに特化した世界。なんという贅沢!このイヴェントのために神奈川から駆けつけて

くださるのだ。

 

そして福岡ジャズ界を代表するお二人による、デュオステージ。伝統的なスタイルを得意とする

7弦ギタリスト、柳武史雄氏と、オールラウンダーな巨匠、田口悌治氏による初共演!

クールかつホットなステージになるに違いない。

 

 

客席もいろんな音楽ファンが混ざるこの一日、2019年9月28日(土)。

会場は唐人町甘棠館show劇場(定員80名)。チケット絶賛発売中(売り切れたら本当に

ゴメン!)。

 

カテゴリー: 活動報告 | 2件のコメント

心の棘を抜かずに

 

子どもの頃テレビ放映されていた”まんが日本昔ばなし”は、日本各地に伝わるほのぼのした

話もたくさんあった。市原悦子さんと常田富士男さんのおふたりが、何役もの声を使い分ける

語りは、本当に素晴らしいものだった。

 

 

しかし中には徹底して怖い話もあった。

今も昔も臆病な私が、いまだに忘れない話に『とうせん坊』というのがある。

データを調べてみると1978年12月9日放映となっているから、私がギターを始めて一年も

経たない小2の頃だ。

 

 

小学校の図書館に置いてあった絵本『雪女』、平和授業の一環で鑑賞した映画『はだしのゲン』

『ザ・デイ・アフター』、楳図かずおによる傑作漫画『漂流教室』『おろち(第一話)』など、

それらは未だに私の心に、抜けない棘として刺さったままだ。それらから共通して感じとった

のは、非常に単純に言うと「人間ってこわい」ということである。

なかでも『とうせん坊』は、何とも後味の悪い、胃がもたれるくらい救いがない話だった。

 

 

川崎市登戸での殺傷事件。京都アニメーション放火事件。亡くなられた方々に心からお悔やみ

申し上げたい。

目を覆うばかりのこれらのニュースに接した瞬間、反射的に「ああ、、、日本社会は、また

”とうせん坊”を出してしまった」と感じた。

 

 

10年前より一気に加速した今の日本社会の特徴として挙げられるものに、《ジャッジする

社会》がある。先の吉本の問題もそうだが、マスコミが世間に判定をそそのかし、一般人も

著名人もそれにのるカタチでジャッジのコメントを発信する。

みんな(もちろん私も含む)なんだかんだ言って、ジャッジを楽しんでいる。

で、飽きたら次の話題でまたジャッジ、、、。

 

 

ここで気になるのが、「自分の主張(およびジャッジ)は、自分の主観に基づいたものだ」

という自覚が本人にあるかどうか。

つまり自分の発信を、自分で背負う覚悟があるかどうかだと私は考える。

他者をジャッジするものは他者からジャッジされる。その時自分の名前をさらすのは最低限の

マナーだろう。

 

 

本音を言えば、一億総批評家でジャッジをする世界そのものが病的だ。

ネット社会はモラルをおいてけぼりにして、暴走を続ける。そして次なるとうせん坊が、

途切れることなく世に現れる。

 

 

これらの事件のあと加害者に対し「死ぬなら一人で死ね」と発言するひとがいる。

たが《ジャッジするコメント》が、目に見えない加害者予備軍のひとたちを追いつめ、社会に

対する憎悪から「どうせ死ぬなら社会が嫌がることをやって死んでやる」という復讐的発想に

駆り立てる。発言がその都度注目されるような著名人が、ジャッジの言葉を口にする時は

拡散力はなおさらである。

 

 

「死ぬなら一人で死ね」

発言する本人の感情のためにしか益がないこの言葉に対して警鐘を鳴らしてる人は、加害者の

人権を擁護するために鳴らしているわけではない。

”思う”のは個人の自由で済まされる。だが”発信された”ものは、(加害者予備軍という)

見えない他者を傷つけ、追いつめる可能性があるということを、発信前に一瞬でも背負った方が

いい。

”あなたのジャッジ”も次なる犯罪を誘発する力を持っている。

この事実を皆が自覚することで、世の人間関係がほんの少しだけやわらかくなるのでは

なかろうか。

 

 

ちなみに加害者予備軍に対し「絶対にひとを巻き込んでもいけないし、あなたも死ぬな」という

言葉が先に出るほうが、私には違和感がない(あくまで私の場合)。

それを”キレイごと”と切り捨てようとする思考や発想そのものに対し、私はむしろ現代社会の

歪みを強く感じずにはいられないのである。

 

 

大阪の某著名人が言及するように、教育やいろんなシステムをつくることで改善される類いの

ものなのかどうか、、、そこは私にはどうもピンとこない。

ただスポーツ面や映像、文学、絵画、音楽等の文化面、、、これらにたずさわる専門家が

そんな世の中に対し貢献できる余地は、直接的ではないにしろ実はかなりあるのではなかろうか

という気がしている。

 

2019.7.28.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

脱(?)”コンサート”

 

昔書いたブログへコメントを頂戴した。作曲をされてる遠方の方だった。

知り合いからのコメントもうれしいが、目の前のことに真剣に取り組んである未知の方と会話

できるよろこびが今回あった。こういうのは文明の恩恵だと素直に認め、受け入れたい

(そう、わたしはお調子者、、、笑)。

 

 

ブログの内容はコンサートのプログラミングに関するものだったが、数年前に書いた駄文に

久々に目を通していて、「考え方としては現在とそんなに変わってないなぁ(成長していない

なぁ)」という部分と、「現在の自分はこう感じている」と新たに確認した部分もあるので、

覚え書き程度に残しておきたい。

あの時書き綴ったプログラミングの考え方は、今読み返すとやはりクラシックミュージシャン

の視点に基づいたものであり、食文化に例えるならば西欧料理の味わい方のセオリーっぽい。

だがその後さまざまな食文化を体験するにつれ、そこから出るやり方を模索しなければクラ

シックの未来もないのでは、、、という気がしている。

 

 

コンサートやリサイタルを大きなホールでやりたくない、という思いは年を追うごとに強く

なっている。

コンサートホールというものの構造上、空間が舞台と客席にスッパリ二分される気がするが、

私にとってはこれがなかなかの曲者で、、、。

客席からステージ上の出来事を眺めているというこの構図では、狭いサロン会場でのコンサート

時のような、《出来事の”当事者”意識》が客席から起こりにくいのを感じる。あとはホールの

場合、演奏者としての身振りを(歌舞伎や宝塚などの舞台演劇的に)大きくする必要が出てくる

のがわずらわしい。それってもちろん大物演奏家には向いていると思うが、、、。

 

 

空間が二分された時、ステージ上の《わたしたち》客席の《あなたたち》になりがちであるし、

そういう啓蒙的コンサートにもこれまで数多く接してきたが、今現在私がやりたいのは、

ステージと客席が共に《わたしたち》と感じられるようなものである。フォルクローレの

木下氏は、いかなる規模の会場でもそれがやれる方なので尊敬している。

 

 

客席もステージ上も、ジャンルによって【固有の身振り】が存在している。

勿論フォルクローレも、ブラジル音楽も、ジャズも、邦楽も、古楽も、、、。

そうしたなかでコンサートホールというものが、クラシック特有の身振りを増幅しているように

感じるのは私だけか?

 

 

現在の私がもっとも興味あるのは、

これら【固有の身振り】を取っ払った時に残る”なにか”

である。

我々ミュージシャンはこれらに守られてる部分が大きいと思うが、まずはそれに拠ることなく

両足で地面に立ちたい、と私の場合、思ったりするのである。

 

 

やはりコンサートという時間と空間を使って”どう遊ぶか”、あるいは普通のコンサートと思って

足を運んだら、予想外に面白かった、、、というようなことを各自のやり方で模索したら面白く

なるんじゃなかろうか。

プログラミング、集客、演奏、全ての過程を通して技術と気持ちを使い、終わったらそれらを

一旦捨て、また新たなことも考える、、、。

 

 

”予想を少しだけずらす”が、曲の中の偽終止、転調、ゲネラル・パウゼ等と同じ《コンサート

組み立て》の技術的側面かな、、、などと漠然とではあるが最近の私は感じている。

 

2019.7.18.

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | 4件のコメント

けんもほろろ、、?

 

昔の話。

「おまえら、『けんもほろろ』って聞いたことあるやろ?あれの語源はどういう意味や?」

福田進一氏の不意を衝く問いかけに、その場に居た(私を含む)若いギタリストたちは呆然と

なった。福田先生は時々そういった啓蒙的な遊びで我々を刺激した。

「”けん”ってなんや?”ほろろ”の意味はなんや?」

誰も答えられない。まだネットがそこまで普及する前の話だ。

その時その場に居る全員かどうかは知らないが、大半はこう思ったに違いない。

「家で早速調べて明日には先生に報告しよう。」

要はその気持ちがあるかどうかを含めて当時の氏は問うていたのだ、と今にして思える。

 

 

それから数年後の話。

「ルネッサンス当時のヴィウエラ奏者は7人です。名前を7人全員言えますか?」

池田慎司氏主催のギター合宿。ゲスト講師富川勝智先生による『ギター音楽史講座』での一場面

である。

富川氏の問いかけに若いギタリスト達は一斉にスマホをいじりだした。

スマホどころかケイタイも持っていない私は、そのとき”時代の変化”に対してではなく、

”意識の変化”に対して思わずたじろいだ、、、。

 

 

会話中でもスマホをとりだして素早く検索し、その場に知識を補充する。

それは知識というものがもはや「個人個人が保持する必要のないもの」となってしまったことを

意味する。

一方得られた知識をもとに、頭をつき合わせて「う~ん、なんでだろうね?」と言いながら

”法則”や”心情”めいたものを共に探る《対話》は、今のところまだ有効だ。だがそこが

ネットで補填されたあかつきには、ひとの会話はますます減ることになるかもしれない。

 

 

ここからは私の妄想タイム。

科学や技術を開発するひとを制御したり止めたりすることはこれからも不可能だろうか?

あるいはかの人たちの「自分は開発することが仕事で、それが世の中でどういう使われ方を

するのかまで責任持てません」という姿勢を少しだけ方向転換させることはこれからも不可能

だろうか?

そして時折言及されるように「その暴走を止めるのが文化の役割」なのだろうか?

私はわからないまま日々過ごしている。

 

2019.7.4.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | 12件のコメント