わんぱくでもいい、、、(?)

 

去る11月9日(金)福岡市中央区のみらいホールにてオカリナ、ケーナ奏者である和田名保子

さんのコンサートがあり、ゲストを含む7人編成メンバーのひとりとして出演させて頂いた。

これだけ規模の大きな編成は、ギタリストの私としては久しぶりである。

出演ミュージシャンによるリハーサルが二日間設定され、当日と併せて三日間、久しぶりに

音楽漬けとなって過ごした。

 

 

曲によっては小編成もあったが、プログラムの大半は全員演奏で、ギター用の音符はアレンジ上

ほとんど無い。つまりコード進行や他のパートを参考に自分で作らねばならない。

しかしオカリナ、ピアノ、チェロ、コントラバス、パーカッション、キーボードによる音の壁の

隙間をぬってギターになにが出来るのか?あるいはなにが求められてるのか?

ここ数日、それを求めてさまようことに終始した。

 

 

全体にとって邪魔になる余計な音だけは弾きたくない、、、。

 

 

「ギタリストとピアニストは、とかく音を弾き過ぎる」というマイルス・デイヴィスの言葉が

アレンジ中、幾度も頭をよぎる。

そうだなー、、、今回は活躍できる素晴らしいメンバーがこれだけいる訳だし、、、、

よし、今回のギターの立ち位置は”いかに活躍し過ぎず、周りを引き立てるか”

うん、かっこいいな、、、これでいこう!

自分なりに方向性が定まると、落ち着いてアレンジ作業に取り組めた。

結果いつもより白いパート譜が出来た。あとは実際にリハーサルで音を出し、どうするか

決めればいい。そして本番二日前の全員リハに臨んだのだが、、、。

 

 

「ここはギターで欲しいんだよね」「ここ、パワーコードでストローク出来ます?」「ここは

全員で16小節ずつアドリブタイムにしましょう」

 

今回は活躍することなく、みんなの後ろで大人のほほえみを浮かべつつ佇んでいようという

当初のもくろみはことごとく砕かれ、私のパート譜はみるみる黒く染まっていった。

ああ、そうなのね、、、やっぱり「落ち着いたおとな」よりも「やんちゃでわんぱくな飛び

道具」的要素を、ギターにもとめているのね、、、。

 

 

しょうがないなあ、、、と思いつつ向かえた本番。誰よりもステージ上で”やんちゃ”で

”わんぱく”を楽しんでいる自分がそこに居た。

 

 

そう、じつは前から、うすうす気付いてはいたのである。こんな自分に、、、。

 

 

2018.11.11.

 

カテゴリー: エッセイ, 活動報告 | コメントをどうぞ

”質問”とは?(その3)

 

前回のブログを書いて二日後の今日、ようやく私と同見解のコメントが、主に《ステージに立つ

立場の人間》の側から出始めた。

この数日、世間の動きを見ていて改めて気付かされたことは、コンサートなどの会場に足を

運ばれるお客さんというものは、”ステージに立つ人間”と”自分(達)”との関係しか意識

してない人が大半であるという事実である。

 

 

このことはもちろん誰の罪でも責任でもない。

しかしイヴェントというものは、私が常々力説していて皆さん耳タコかもしれないが、三つの柱

で成り立っている。

ひとつは(舞台に立つ人も裏方も含めた)ステージを進行させる人間。

もうひとつは、その日その時間のためにお金と時間を費やし会場で立ち会う人間。

そして三つ目の柱は、どの会場にどのような宣伝の仕方でひとを集め、イヴェントを運営するか

の全責任を負った主催者(興行主またはプロモーター)。

 

 

私のように活動が小規模な人間の場合、第一と第三の柱を同時に請け負う場合も多々あるの

だが、この”第三の柱”のキャラクターや仕事ぶりが、じつはイヴェント全体の印象を大きく

左右してしまうほど影響を与えることについては、世間ではほぼ認識されていない。

認識されてないからこそ今回のように”舞台に立つ立場の人間”が”世間”から直接に叩かれる、と

いう現象が起こってくる。だが今回についてはあきらかに第三の柱に問題があったのだ。

 

 

繰り返しになるが、そのイヴェントがいい時間になるかどうかは、この”第三の柱”がどのように

宣伝し、どのようにひとを集め、【当日つくりあげた客席】かで、ほぼ決まると言っていい。

もちろんイヴェントが始まってしまえば、”第一の柱”の力量が問われるのだが、第三の柱の

事前の取り組み次第で、”いい時間” が5倍にも10倍にも膨れ上がるものである。

私の経験上、そのことは幾度力説しても、し足りないほどである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本題の最終回。

”質問”というものについて考察してきたが、前回触れた話の要点をかるく反芻してみたい。

レッスンという場においては、”質問”に対する”答え”が、生徒と先生の《人間同士としての理解

あるいは絆を深めるため》のものである。

それに対し、生徒が目の前の講師の”演奏の感触”をいかに真似するか、が《実際の演奏のため》

には、より実践的なことであり重要なことと思える。

そして前回触れた、邦楽の《質問してはいけない世界》には、そういった意味合いも含まれて

いるはずである。

===========================================

ジャズギタリストの布川俊樹さんが以前、教則本の中のコラムで書かれていたことに非常に共感

した。長くなるがぜひ紹介したい。著作権侵害の連絡がきたらすぐに削除する(笑)。

 

『ジャズ・ギターがうまくなる人、ならない人』

タイトルに関しては、別にどんなジャンルでも良いんだけど、これは”問題意識”に尽きるだろう。要するに、今の自分がどういう状態でどういうレベルにあり、またどういう存在を目指すのか?それを厳しく第三者のような眼で自己評価できるか、ということだと思う。自分は今何ができて何ができないか?問題点をクリアして行くにはどういう練習をすれば良いか?それは独学であろうと、誰かにレッスンを受けていようと自分自身で考えて行かなければいけない。先達に言われたことや本に書いてあることも自分で発展的に考え、練習を自分のためにカスタマイズしていくことが大切なのだ。

そういった”問題意識”は質問の立て方(あるいは自分自身に課す課題の立て方)に現れる。何事もそうだが、どのような質問を立てるかによって、有意義な情報を得られるかどうかが決まってくるのだ。僕は立場上、ジャズに関する質問を受けることが多い。非常に困ってしまうのは、例えば見ず知らずの人が”スウィングするコツは何ですか?”というような質問をしてきたときだ。これは答えようがない、あるいは以下のようにいくらでも答えられる。”跳ねること””あまり跳ねないこと””レガートで弾くこと””ただ音を繋げないで適当に切ってリズムを出すこと””ゆったり弾くこと””フレーズに加速するようなスピード感があること””とにかく良いジャズを聞いて感じを掴むこと””たくさん練習すること””よく遊ぶこと””僕、スウィングしてないからわかんないなぁ”などなど。

あまり一般的に意味ある答は出てこないでしょ?これは質問の立て方がまずいのだ。あまりに質問の範囲が広すぎて大雑把なのである。どういうレベルの人が言ってるのかによって、答えはまったく変ってくる。”自分が是々こういう状態にあり、こういう点がまずくてどうにも気持ちよくないんですが、スウィングするコツは何ですか?”と聞かれればまだ説明できるし、答えも質問者にとって有意義なものとなっていく可能性が高い。それと一応プロの人に安易に”コツ”という言葉を使うべきではない。何故なら、あることができるようになるために相当の時間を費やしている人がほとんどで、簡単にできるようになったわけではないからだ。”コツなどない。一日5時間ぶっ続けで弾きなさい”みたいなことも多いのだ(特にグルーヴとかに関しては)。コツコツやってからコツって言え!みたいな話。(後略)

『ジャズ・ギターの金字塔/布川俊樹著(リットーミュージック)』より

===========================================

ちなみに弟子をとらない方針の羽生善治氏にインタビューアーが「自身が培ってきたものを

伝えたいという気持ちはないのか?」と尋ねた時の答えは以下のものであった。

 

~将棋の世界は、こう教えたから育つというものではない気がします。基本的に自分の力で強くなっていくものです。また、私が培ってきたものを伝えることが、本当にその人にとってプラスになるのか。そのときは自分ではすごくいいものだと思うかもしれませんが、本質的に伝えられる人にとってプラスかどうかは、また別の話だと思うのです。~

===========================================

こうなると”ご説ごもっとも”を通り越して、もはや”教育幻想論”の様相を呈してくるが、

それでは食べていけない身の私としては、これから生徒さんたちの【身の上相談窓口】的な

立ち位置でガンバローかな、、、、。

 

 

ハッキリした結論は出ないままだが、以上で『”質問”とは?』の連載を終えたいと思う。

これからも考え続けてゆくことだし、ハッキリ結論を出すような必要も別にないし、、。

最後に”質問”というものに関する私の個人的な感覚(意見というほどもない)をかるーく

まとめると、

 

*自分がなにが分からないか、、、をまず知ることが質問の第一歩

*今、発せられているものは”質問”か、”コメント要求”か、”確認”か?この三つは区別すべき

*相手の無知をバカにするひとは”自分の無知”を知らないひと。知りたいこと、分からないこと

があれば質問しよう。そこに恥は存在しない。

 

(おわり)

 

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | 2件のコメント

憎んじゃいけないろくでなし

 

連載中の《”質問”とは?(その3)》を書いてる途中だが、それを後回しにして、個人的に

今どうしても言いたいことがある。

沢田研二氏のドタキャン騒動についてである。

 

 

全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を開催直前に中止した件で、すさまじい非難を

浴びている氏だが、沢田氏側の言葉を拾い集めてみると、、、

「9000人入ると聞いていた観客が実際には7000人だった」

「”客席の一部がつぶされていた”ことなどから、自ら中止を決断した」

「契約上の問題が発生した為、急遽中止させていただくこととなりました(沢田研二オフィ

シャルサイトより)」

ということらしい。

 

 

ジュリーと私では規模も額も圧倒的(天文学的)に桁違いではあるという前提で、プロ

ミュージシャンとしての《契約上の問題》という観点から、この度の件を考えてみる。

例えば私がある主催者からギャラ5万円の仕事を依頼されたとする。依頼を引き受けその日の

演奏の為に準備を重ねベストを尽くす日々、、、。

そしてコンサート直前になって主催者から「お客さんが集まらなかったのでやっぱり今回3万円

でお願いします」との連絡、、、(な、生々しい)。

 

 

べつな例。

仮に果物屋さんの店先に一個200円のりんごが置いてあるとする。

それを買いに来た人が、自分の財布を見たら170円しか入ってなかった。

客「170円しかないのでこれでお願いしますよ」

果物屋「え?でもこれは200円で売っている商品です」

客「では170円分だけ切り取って売ればいいじゃないですか」「このリンゴを食べたいファン

の気持ちを考えないのですか?」

果物屋「、、、、」

 

 

はじめから7000人という契約であれば、沢田氏も事務所も仕事としてやっていたに違いない。

「アーティストのイメージの問題もあるので、こちらが契約を反故にしても多分嫌とは言えない

はずだ」というプロモーター(興行主、主催者)側の思惑に、従来アーティスト側は泣き寝入り

するしかなかったはずだし、それが通例化していたところに沢田氏は今回”ノー”を突きつけた。

音楽産業界の不健全さとアンバランスな力関係に異議を唱えたカタチだと推察する。

 

 

ここまで叩かれるのは沢田氏も事務所も勿論覚悟の上である。

オフィシャル・ホームページ上の毅然とした一文、

「契約上の問題が発生した為、急遽中止させていただくこととなりました」

これ以上の申し開きも必要ないし、付け足すこともないという潔い態度に、むしろ私は感銘を

受ける。

 

 

「7000人のファンのことはどうでもいいのか?」

「歳をとるとアーティストは頑固で勝手気ままになる!」

「プロのとる行動じゃない!」

 

むしろ沢田氏のファンではない人たちの方がネット上で騒ぎ立てる。

 

 

本人の発言とは裏腹に、今回の件の内実は「お客の数に沢田氏が不満を持った」という幼稚な

ものではなく、すでに述べてきたように単なる契約上の問題が発生しただけである。プロ

モーター側の契約不履行の責任であるにもかかわらず、プロモーター側の”アーティスト・

イメージ”に対するフォローが無いのが、その力関係、敬意の欠如を物語ってはいまいか。

 

 

エンターテインメントや芸術、芸能活動は、皆さんにとっては”ただの楽しみ”かもしれないが、

それにたずさわる人間にとっては皆さんが会社で仕事をするのと同じ”仕事”だという感覚であり

意識である。なのに無償のサービス精神、もしくはボランティア精神を強要されることがある。

 

 

が、サービスするかどうかは本人たちの選択であり、他から強制されるものではない。

 

 

2018.10.19.

 

 

カテゴリー: エッセイ, 暴論的持論, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | 3件のコメント

2018ふくしま

 

今年も木下ご夫妻と一緒に、第44回コスキン・エン・ハポンに参加するためふくしまを

訪れた。《初日のパレード》が昨年は雨のため中止となったのだが、今年は天気にも恵まれ

地元の子供たちと共に元気に練り歩く事が出来た。関東や他県からの参加者が多いこのフェス

ティバルだが、初日のパレードにはそういった方々は参加しない。

「地元のひとしか参加できない」と思っているのだろうか?それとも興味がないのだろうか?

自分達の出番に演奏だけして帰っていく。

地元とのつながりが強い木下尊惇氏のおかげで、私の場合気安く参加させて頂いているが、

もし私も他県から一人で参加していたら、パレードへの参加は躊躇していたに違いない。

有難いことと感じると同時に、運営側もパレード参加をうながすPRをもっとやってもよいの

では?(やってたらごめんなさい)

パレードの後、昼食を食べ、”絹蔵コンサート”で木下氏と3曲野外演奏。

 

 

二日目のコスキンはお休みして、木下氏の車で山形まで足をのばしていただき酒田市にある

土門拳記念館を訪れた。写真というものに対する専門知識も無いし、これまで愛着も持って

なかったのだが、被写体と自分が一直線に結ばれるまでシャッターを切らず、ただひたすらに

待ち続ける姿勢など、残された作品を通して非常に強く心に刻まれた。まるであたかも仏像の

なかに人間のもつ生々しさを見、人間の中に仏を見い出すような彼の作品群、、、。

彼が50年代に提唱した”リアリズム写真”とは、身近な生活の中に絶対的な美を見い出そうとする

”民藝”や”フォルクローレ”の精神と通じるものがある。

 

 

その後昼食をとり、酒田市から車で数十分ほどにある鶴岡市に移動。私のかねてからの念願で

あったネルドリップ自家焙煎の名店”コフィア”への訪問が叶った(木下氏に大感謝!)。

珈琲焙煎は深煎りが技術的に難しい。もちろん店主の好みがあるが、深煎り珈琲の世界では

コフィアは現在世界でもトップクラスのクオリティである。私が足繁く出入りさせて頂いている

福岡の名店”美美”のマスターであった故森光宗男氏とコフィアの門脇祐希氏はどちらも吉祥寺の

伝説的名店”もか”で修業を積んだ、兄弟弟子のような間柄である。森光さんが他界し、青山の

名店”大坊珈琲店”が閉店してから、深煎り愛好家の私としては寂しい限りであったが、この度

コフィアの噂どおりのすばらしい味を堪能できたことで心に灯がともった。

門脇さん、ありがとうございました。これからもどうぞ末永く素敵な珈琲を作り続けてくだ

さい。

 

 

3日目の8日(月・祝)は台風も過ぎ、コスキン本会場で木下氏と20分ほどゲスト演奏。

福島県川俣町に集まった多くのフォルクローレ・ファンの皆様と木下尊惇氏とのきずな、そして

信頼が新たに結ばれる瞬間を、同じステージ上で体感させていただいた。

終わった後は客席は文字通り熱狂的な反応だった。さすがだな、、、マエストロ。

 

 

この日コスキン会場に到着してすぐに、関東でご活躍の若いクラシックギタリストのおふたり

からご丁寧なごあいさつを頂戴した。おひとりは過去に面識のある素晴らしいギタリスト

井上仁一郎さん(福島ご出身らしい)。もうおひとりは高田元太郎先生の門下である森井

英朗さん。前日に行われたコスキン日本代表審査会で今回の代表に選ばれたようで、(残念

ながら演奏を聴かせていただくことはかなわなかったが)さぞ素晴らしい演奏家にちがいない。

 

 

ふくしま滞在最終日のその日は、福島市内のBar ”マジー・ノアール”にて、コスキンのゲスト

小川紀美代さん(バンドネオン)とトリオでのライヴ。小川さんは伝説のバンドネオン奏者で

あり作曲家でもあったA.トロイロ(1914~1975)のバンドネオンを使用してのツアーを行

なっており、今回のライヴでもトロイロの楽器が使用された。

非常に濃密な時間が惜しげもなく次々と過ぎてゆくふくしま滞在であるが、今年は特にすご

かった。

今年もお会いできたふくしまの皆さん、小川さん、門脇さん、そして木下ご夫妻ありがとう

ございました!!

 

2018.10.11.

 

 

 

カテゴリー: 活動報告 | 2件のコメント

”質問”とは?(その2)

 

「質問とは可能だろうか?」

 

いきなりなにを言い出すんだ、、、と思われるかもしれない。

だがいまだかつてこの問いを自分に投げかけたことのないひとは、一度でいいからこのことを

真剣に考えて欲しい。

 

 

近年はどうか分からないが、従来、邦楽の世界においては弟子が師匠に質問をするというのは

許されなかった。このことを聞いた人の多くが「なんて厳しい権威主義のタテ社会だろう」

と、ひとまずは感じるかもしれない。確かにそうかもしれないが、私には《質問してはいけない

理由》は別にある気がする。

 

 

”通し練習”を師匠と共になぞるだけで、その日のおけいこは終わり。師匠からのコメントも

なければ、アドヴァイスもない。

”理解”経由で《実演にむかうことの困難さ》にぶつかるよりは、師匠の演奏中の佇まいから

発せられる感触を入口とし、結果”理解”に向かうというコースの方が、仕上がりが確実で

はやい、、、

という事を”楽譜を介さずに演奏する世界”の方が、あたかも知っているかのようである。

 

 

そのことに加えて《質問》とは、ある景色が”見えないひと”から”見えるひと”に向かって

発せられるものなだけに、「そこはこんな景色ですよ」といくら言葉で伝えられたところで、

自力で辿り着いて眺めてみることに比べれば所詮ヴァーチャルにすぎない。

そこで最初の問いをいまいちど考えてみて欲しい。

「質問とは可能だろうか?」

 

 

だからといって”質問”という行為自体が無意味かというと私にはそうとも思えない。

レッスン時、講師にとって重要なことは、「その生徒さんがより前進するために何を伝えれば

よいか?」を探ることであるが、ただそれを伝えるだけでは単に「結論を受け入れろ」という

話で終わってしまう。その”一方通行な時間”にコミュニケーションはもはや成立していない。

生徒が聞きたいことを引き出し、講師が伝えたいこととすり合わせること。

聞きたいことと、専門家が伝えたいことのミスマッチを可能な限り減らす時間をつくること。

これら(いわばコミュニケーション)が現代の音楽レッスンには求められており、”質問”は

生徒から講師に向かって開かれた窓の役割をしている。

それを認めない邦楽の世界は、いわば師匠が弟子を最短でうまくすることを目指した(考え様に

よっては)実にソリッドな”合理主義的世界”だ、というのが私の見解なのである(笑)。

 

(つづく)

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | コメントをどうぞ