オブリビオン、、、

 

2017年が暮れようとしている。

年内の公的な演奏はすでに終了し、残すは5日分のレッスン、そして『ひとつのリハーサル、

ふたつの忘年会』(曲のタイトルみたい、、、)のみである。

一年という期間をとても短く感じるとともに、今年のアタマになにをやったかなどの記憶が

どうも曖昧になってきた。

まあここはひとつ、かっこよく”振り返らないオトコ”ということにしておこう、、、。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

”見栄を張る” ”格好つける”

これらのことは裏返すと結果”かっこわるい”ことが多い。

さっきの言葉も、よく言えば”振り返らないオトコ”、現実はただの”振り返れないオトコ”に

過ぎないのだ。

 

(最近、芸能界復帰の兆しを見せている)学歴きらびやかだったK氏も、裏返され

”ホラッチョ”

呼ばわりされるのが世の中というもの。

そう考えるとエリート意識を前面に出したり、見栄を張るということは、逆にマイナス面の方が

むしろ多いのではないか?

”見栄を張る” ”綺羅を飾る”のは高校、大学の應援團くらいに任せて、その他の人はもっと楽に

生きたらどうだろう。

 

とは言っても、それらを踏まえた上で、”敢えて自覚的、意識的に見栄を張る”というような

泥臭い姿勢については、個人的には、じつは結構《好感》を持って見ているのだが、、。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

アルゼンチン・タンゴ界の雄(かつて九州ギター界にこれを”オス”と読んだ奴がいた)、

A.ピアソラがフルートとギターの為に作曲した『タンゴの歴史』という曲がある。

 

この曲が現代のクラシックギター界に与えた恩恵は計り知れない。

何故ならこの曲を演奏したいが為に、ギタリストと組んでコンサートをするフルーティスト、

ヴァイオリニストの数が、それ以前より圧倒的に増えたのだから。

90年代後半から始まったピアソラブームが、その状況にさらに拍車をかけた。

今振り返ってみると(ちゃんと振り返れるやん!)、90年代半ばからの20年近く、日本の

クラシック音楽産業は、ピアソラと武満によって支えられていた。

そしてこの二人の作品は、クラシックミュージシャンとそれ以外のジャンルの音楽家との

橋渡し役もしてくれた。

 

だが一方で皮肉な見方をすれば、その内実は、猫も杓子もコンサートの〆に”リベルタンゴ”を

演奏する、というだけのものかもしれない。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そのA.ピアソラの有名曲の中に『オブリビオン(忘却)』という曲がある。

30代のある日、私はふと気が付いた。

これって言い換えたら『オブリビオン(ものわすれ)』ってことじゃね?

”忘却”と言えば確かにかっこいいが、、、。

 

その日以来、パッと見が格好いいものは、まず疑って裏返してみるクセがついてしまった、

《あなたの街の痴呆ギタリスト》であった。

 

2017.12.19.

 

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)