ただいまダイエット中、、、

 

皆様のおかげをもちまして【鈴木大介『12のエチュード』出版お披露目コンサート in 福岡】

昨日10日(月)盛況のうちに無事終える事が出来ました。

週アタマにもかかわらず、たくさんのお客様にご来場いただき心より御礼申し上げます。

 

しかし40代半ば過ぎて、いまだにギターテクニックが向上しているのを感じさせるあたり

さすが”鈴木大介”ですね。やはり大切なのは自分が求めているものを『求め続けること』だと

いうことをこのたび彼の背中から教わりました。

 

『森に夢見る』そしてアンコールの『深想』におけるトレモロもすばらしかったです。

「外側からの刺激で気付かされること」と「自分の内部を見つめ気付くこと」この2つの

バランスを振り子のように揺れながら、日々(ギターを弾いて)生活したいな、と思った次第

です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私事で恐縮であるが、現在ダイエット中である、、、。

きっかけは今年4月大阪にお邪魔した折、会うひと会うヒトから

「マツシタさん、太らはったネェ!」

と集中砲火を浴びたことである。

ハチの巣状態で福岡に逃げ帰った私は、それから早速”ダイエット”に取り組み始めた。

 

たくさんのダイエット法が現在巷に溢れているが、今回私が採用したのは徹底した”糖質制限”。

当然「甘いお菓子」や「デザート」はとらない。ジュースも飲まない。そして炭水化物も

結果的に糖質なのでとらない(つまりお米、パン、小麦類、とうもろこし、うどん、そば、

パスタ類禁止)。

根菜も多量の糖分を含むものは禁止(つまり芋類、人参、蓮根など)。

 

じゃあ何を食べるかというと『肉・魚』『卵』『チーズ』『葉物』『ナッツ系』『豆腐』。

何を飲むかというと『炭酸水』『ヘルシア緑茶』『ブラック珈琲』『ブラックウーロン茶』 。

そしてここまで制限すると、初めの頃は「なにが楽しくて生きてんだろ」状態。

しかし人間慣れるものである。

そういった意味においては十二年前試みた”禁煙”の方が、私にとってははるかに辛かった。

 

4月半ばダイエットを始めたころは73kgだったが、3カ月後の現在、体重は65kg。

そしてここ一週間、横ばい状態が続いている。

今の食生活の効果として落ちるところまで落ちたかな、、、という感じである。

これ以上落とすには、運動、筋トレメニューやさらなる食事制限が必要であろう。

 

皆様ご存知のように、縄文時代の日本における食生活は、肉・魚、木の実などが主だった。

人類700万年の歴史において現代のように大量の穀物(および糖分)を腹一杯とるように

なったのは、ここ百年くらいと言われている。

『縄文人に出来たことは、(同じ人間だし)きっと俺にも出来る』

というわけのわからない理屈を心で唱えながら、三か月過ごしてきた。

でももうそろそろ、一日一食くらい「炭水化物」を解禁にしようかな~。

ではここで”ダイエット賭博”のコーナーです。

あなたは「マツシタもどる」に賭けるひと?「マツシタ少しだけもどる」に賭けるひと?

それとも「マツシタふえる」に賭けるひと?

 

先日ふくしまで、ライヴの主催者(株)オリエンタルSKの菅野氏から、木下氏に「打ち上げは

何を召し上がりたいですか?」と連絡が入った。

木下氏は淡々と現状を述べた。

「そうですね。ケーナ奏者の菱本さんはベジタリアンですが、最近魚が食べられるように

なりました。ギターの松下さんは【肉とチーズと卵しか食べないダイエット】を始めましたが、

以上のことを踏まえた上で、われわれはなんでも構いません。」

 

一体なんの罰ゲームだ?(笑)。

ところが驚いたことに菅野氏からすぐ返事がきて

「それならピッタリのお店を知っているので予約しておきます。」

 

そして福島市内でのライブ終演後、演奏者は「全員満足!」な、奇跡のお店に連れて行って頂き

思う存分舌鼓をうったのだった。

さすがプロのイベンターは違いますな!流石ですナ!

 

2017.7.11.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活   パーマリンク

ただいまダイエット中、、、 への6件のコメント

  1. S.Hongo より:

    福岡の地で、間近で素晴らしい音楽にふれさせていただき、ありがとうございました。

    鈴木大介さんの白玉みたいな音は、なんとも穏やかで優しく、あんな音を出してみたいと身の程知らずにも思うほどでした。
    トレモロの美しさ、やってみたいなとおもいましたが、楽譜なーんにも持ってませんでした。

    鈴木氏と先生とのDuo、夫婦漫才かい?という絶妙のトークも、お二方の互いわや尊敬し、静かに修練を積まれ続けているお姿を垣間見せていただきました。
    確実にフレットを押さえ弾弦する。
    なんと難しいことか(個人の感想です)

    縄文時代、わずかとはいえ、陸稲で炭水化物、とっていたそうですよ。
    脳が栄養にできるのは、糖だけとか。

    先生ちょっとだけもどる。

    に、こっそり一票。

    • ryuji より:

      Hongoさま

      そう、それは一応知っています。
      糖分を擁護していらっしゃるようですが(笑)、でもこれまでの私個人の食生活はあきらかに「糖分とり過ぎ」です。糖分が含まれるのは炭水化物だけではないのですから。
      かといって別に「糖分の存在」を否定も攻撃もしないです。興味と趣味の世界です。

      さあさあ、ハッタハッタ!「リバウンドして80kg」に賭けるひとはいないのかな?

  2. S.Hongou より:

    先生の体重増加に加勢をしてしまったのは、カルガーダなので、いたく反省しております。
    すみませんでしたー!!

    • ryuji より:

      うむ、大儀であった。

      さあさあ、ハッタハッタ!
      はって悪いのは親父のアタマ、、、。

  3. t.yoshimoto より:

    鯛焼き50枚持参で、かなり戻るに1票!(笑)
    しかしp、ppのトレモロ綺麗でした! 時間がゆっくり流れる演奏会で本当に良かったです!  武満徹さんのCD求めました、ゆっくり聴きます。
    そろそろ松下先生のソロをたっぷり聴きたいですよ!!  
    フロイデは今年のコンクールは不参加となりました、”鉄への呪い” に賭けていたのですが残念です。 来年五月にはサウスエコーでショスタコの森の歌に挑戦します。
    今月の23日は東西四大学OB演奏会で東京行きです。 DUHAUPAのミサ曲暗譜に必死です。我々は120名で、なんと80歳以上が14名もいます! あと10数年は歌えるぞー(笑) ってなことでギターは少しだけ壁飾りにしています(すみマシェーン) 

    • ryuji より:

      yoshimotoさま

      先日は足をお運びくださり有難うございました。
      合唱のご活動、充実されてますね。
      ”鉄のろ”は《来年まで熟成させましょう》という神の思し召しでしょう、きっと、、、。

      ”ギター”の方では、きっとyoshimotoさんがひと段落されるまで壁に掛けられながらもちゃんと待っていてくれます。A.セゴヴィアも90代まで現役でしたし、、、(笑)。

      そろそろソロですか、、、、?
      う~~~~ん、、、(パタッ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)