仕事する男(その1)

 

 

昨日3月6日の早朝、私は突然の電話で起こされた。

 

 

とりあえず服を着て表通りまで出てみたが、その日に限ってタクシーが全然流していない。

いそいで唐人町駅から天神駅まで地下鉄を利用した私は、地上に上がるとすぐにタクシーを

拾った。目の前に停まったのは、日頃は絶対利用を避ける『個人タクシー』だったが、今朝は

そんなこと言っていられない。

「アイランドシティの ”みらい病院” までお願いします。」

《夜明け前》という時間帯と行き先で緊急だと察してくださったのだろうか。運転手さんは

丁寧に、だがスピーディに車を走らせた、、、。

 

 

病院に着くまでの約30分の間、運転手さんは行き先の確認以外に関しては一言もしゃべらな

かった。これは「福岡のタクシー」では結構めずらしい。しかもそれは冷たい沈黙ではなく、

心遣いとやさしさに満ちあふれた《あたたかい沈黙》だったのだ。

おかげで私は移動の30分間、わりと穏やかな心持で病院に辿り着く事が出来た。

《いい仕事》をする運転手さん。すてきだな、、、自分も仕事において、こういうふうに周囲を

サポートできる男になりたいな。

「ありがとうございました」

初老の運転手さんにハッキリ感謝の意を伝えてタクシーを降りた私は、父の居る病室に向

かった。

 

 

三月六日(月)午前六時三十七分、母と私の見送る中、父は他界した。

でも本当に ”仕事一辺倒だった父” が、仕事をリタイヤした時から生きることへの執着を

徐々に捨ててゆく過程をここ何年のあいだ見てきたので、正直なところ悲しみはなかった。

「人間の《老い》とは、ものごとに対する執着がうすれ、無くなってゆくことである」

ということを父はここ数年、身をもって私に見せてくれたようなものだ。

 

 

「もっとギターを上手に弾きたい」と願うご高齢の生徒さんたちのキラキラした目を、父に見て

欲しいものだ、、、と今まで何度も思った。

そこには「あこがれつづける」ことのすばらしさが、必ず感じとられるはずだ。

 

 

私の中に一番印象として残っている父の姿は、その頃一緒に過ごしていたということも勿論ある

のだが、30代~50代の頃の姿である。

仕事をバリバリこなしている頃の父は、やはりキラキラしていた。

しかし父の場合、仕事以外になにも執着が無かった為、リタイヤ後、一気に老いていったと

いうことなのだ。

 

 

男というのは、”人間関係の中での役割” によって生かされている生きものらしい。

私が如実にそれを感じたのは、ふくしまの仮設住宅にうかがったときだ。

仮設の中で何かイヴェントがあっても、足を運ぶのは女性ばかり、、、。

では男性をひと同士のコミュニケーションの場に引っ張り出すには、、、?

震災で彼らが失った《仕事によって生じる社会的役割や社会的ポジション》を復活させれば

よい。

そのことを理解していたフォルクロリスタ木下夫妻によって、さまざまなイヴェントが企画

され、それはその後、確実に成果を出している。

 

 

(つづく)

 

 

カテゴリー: エッセイ, 私の道しるべ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)