ハネるか、ハネざるか、、、(あるいはどっちでもいいか)~その1

 

フォルクローレの集いが無事終了し、その後ブログがしばらくご無沙汰になってしまった。

みなさん元気かな~?

私はと言えば、月末の田口師匠のイベント『福岡ジャズギターサミットvol.1』出演に向けて、

現在ジャズを猛特訓中!ここ10日ほど”ジャズまみれ”な毎日を過ごしている。

 

 

ジャズギタリスト田口悌治さんの”元弟子選抜8名”に(光栄なことに)私も入れていただいた

まではいいが、出演される皆さん、福岡のジャズシーン第一線で活躍中の猛者ばかり。

ひきかえこっちは”万年ジャズ初心者”からなかなか這い上がれないひよっこギタリスト。

練習すれどもすれどもなかなか成果のあがらないこの状況、、、当日(28日)が迫ってくるに

つれ、チラシの”青く染まった師匠の写真”が次第に『地獄の使者』のように見えてきた。

いかん、疲れてるのか、、、俺、、、。

しかしこのままでは終わらんぞ、、、うお~っ!

 

と、とりあえず意味のない雄叫びを挙げてみたところで、今日のお話、いってみよー。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ジャズギターの世界には、クラシックギターと比べものにならないほどの”ハウツー本”が

出回っている。

【アドリブに関するもの】だけに焦点を当てても、「ツー・ファイヴにおけるアドリブ」

「ジャズ・ブルースにおけるアドリブ」「コード進行別によるアドリブ」「トライアドを応用

したアドリブ」「無窮動トレーニングによるアドリブ」「ペンタトニックによるアドリブ」

「マイナー・コンバージョンによるアドリブ」など、”アドリブ”というものについて様々な

切り口、語り口による本が出版され、且つ論じてある。

 

 

それらの本の多くで言及してあることのひとつに『ジャズ特有のリズムのハネ方』の問題が

ある。

「ジャズ初心者はアドリブソロをとるとき、リズムがハネすぎる傾向があるので注意しよう」

というのが、よく見られる注意書きである。

 

 

「ハネる」「ハネない」ということについて、、、。

みなさんはギターソロの譜面の冒頭に、以下のような表記があるのを見たことがないだろうか?

score-1

これは何を意味するのか?

そう、楽譜上では”均等な八分音符”で書いてある二個の音だが、それらを実際演奏する時には

”不均等にハネてください”という意味である。

つまるところ楽譜上「タカ」と書いてあるものを、実際弾くときには「タッカ」または

「ターカ」と弾いてね、、、ということ。

以上の長~い前置きを踏まえて、今回は二回シリーズでクラシックギター史に残るナゾの一曲、

リンゼイの『雨だれ』にスポットを当ててみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《このたびの暴論的持論》

 

~G.C.リンゼイ作曲『雨だれ』の楽譜は、冒頭の

score-1

 

表記が抜けている。~

 

 

「えっ?そんなの当たり前じゃん、、、私ちゃんとハネて弾いてるよ、、、。」

と、心の中で(あるいは実際声に出して)つぶやいた方も多いと思う。

そう、この曲の前半部分に関しては「教室で先生にそう教えられたので」「発表会で他の生徒

さんがそう弾いていたので」「指の都合上、ハネる方が自然だし弾きやすいので」等の理由から

多くの方がすでにそのように弾かれてるはずだ。

とりあえず譜面にしてみたけどこんな感じかしら、、、。

score-2

 

だが中盤 Piu  mosso に入った瞬間に、それまでのことがウソであるかのように皆イーブン

(均等)で演奏を始める。これは何故だろう?

理由は簡単、、、 Piu  mosso 以降の方が前半よりもハネの意識が明確に要求されるからだ。

要は後半の方が勇気をもってハネる必要があるのだが、譜面の冒頭に”ハネろ”の指示が無い為、

そこに至って皆一旦躊躇するのだ。さらにはプロが指導のタテマエ上躊躇するから、なおさら

生徒さんは”ハネる事が出来ない”のだ。どうだ!違うか?(暴論と銘打つからにはこのぐらい

攻撃的でどうだろう、、、笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《八分音符はいったんぜ~んぶハネてみよう!》

 

たぶん多くのギター愛好家の方が、Piu mosso に入ったあたりから「あれ?なんか座りの悪い

ヘンなリズムだな。でも楽譜にはこう書いてあるし、、、。」と思いながら弾いているのでは

なかろうか?

そこで取り敢えず”イーブン(譜面通りの均等リズム)による演奏”で生じてしまう

【Piu mosso 場面の違和感】を取り除くことが先決だ。

以下の譜例の感じでどうだろう。

score-3

(小節が伸びてしまった、、、ゴメン)

score-4

score-5

score-6

 

(つづく)

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に, 暴論的持論   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)