練習のポイント(その3)

 

ついに2014年最後の月に突入しました。今年も残すところあとひと月。

ここでちょっとCMのコーナーです。年末から年始にかけてのわたしのライヴ・スケジュール

を、、、。

 

*十二月十八日(木)「アクロス福岡フロアコンサート」

毎月開催され、今回で381回を数えるこのコンサートシリーズ。

オカリナ&ケーナ奏者の和田名保子さんとアクロス・コミュニケーションエリアに於きまして

12時15分から13時まで45分間演奏。和田さんお得意のフォルクローレやオリジナル・

ナンバーをとりあげます。何と入場無料!

 

*十二月二十三日(火・祝)「松下隆二ギター教室発表会」

唐人町商店街の中にある“甘棠館Show劇場”に於きまして午前十時よりスタート。

独奏のほかにも重奏や合奏など、生徒さん達に日頃の練習の成果を発表してもらいます。

そしてゲスト演奏には若手演奏家のリーダーとしてここ近年、八面六臂の活躍を見せる壇はるか

さん(みやま市在住)をお迎えし、三十分ほどのソロ演奏を聴かせていただきます。

こちらも入場無料!おたのしみに。(13時頃終了予定)

 

*二〇一五年一月十五日(木)「 The DUO /鬼怒無月&鈴木大介」

来年年明け第一発目はなんとコレ。

ジャズ&クラシック・ギター界を牽引するあのお騒がせなふたりが東京からやってくる!

場所は箱崎水族館喫茶室(間近で見るチャンス!)。19時開場の19時半開演。

そして何と今回スペシャルゲストとして、 わたしの憧れのジャズ・ギタリスト田口悌治さんが

お二人のご指名により登場!!(わたしもつつましく登場、、、)

素晴らしい夜となることでしょう。詳しくは当ホームページのコンサート情報をご参照下さい。

 

*二月十四日(土)「たしかなこと/愛川智子&松下隆二」

ああ、来年は年明けから何と中身が濃いのでせう、、、。

わたしが心から尊敬する先輩ミュージシャンのおひとり愛川智子さん(シャンソン歌手)と夢の

共演でございます。

中央区春吉にあるコットンクラブカフェにてお昼のライヴ。

ヴァレンタイン・デーのこの日、“癒し”でも“エンターテインメント”でもない、「真にハートを

揺さぶる唄」を聴きにきませんか?ご予約はわたくしまで、、、。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

連載を続けております「練習のポイント」シリーズ。わたしの「チョー個人的本音」ばかり

書いてる割には意外と好評で(まあ「つまらない」と思う人は本人には言わないだろうし、

そう考えれば好評なのが当然というか何というか、、、)おめでたいわたしは気を良くして

三回目に突入したいと思います。

 

 

前回は「部分練習」をやるにあたっての具体的なポイントを整理しましたが、今回は「通し

練習」なるものの意義について考えてみたいと思います。

 

 

「通し練習」は一日に何回もやってはいけません。

なぜでしょうか?理由は二つあります。

それは何回もやる事によって「表現を固めてしまう」もうひとつは「安心してしまう」から

です。

 

 

わたしの場合「通し練習」=「その日の本番」だと考えています。

家で弾いている時も「日々これ本番」。つまり一回ないし二回の本番を“緊張感の中で弾く”

習慣をつけることが大事だと思います。

“本番の日は家で弾いてるかのようにリラックスして弾きたい”ということを考えてる人もいます

が、まあ無理な話です(笑)。私もいつの日かそのような心境になる事を夢見ていましたが、

「舞台」という場所は必ず緊張します。

 

 

だから発想を変えて、普段から“緊張した状態”で弾けるように訓練しておく事が大切なのです。

そう考えると、何回も「通し練習」を繰り返すことがいかに弊害が多いかお分かりいただける

ことでしょう。

 

 

もうひとつわたしが重要だと思っていることは、「通し練習」というのは自分にとって最も

“悪条件”のなかでやる方が良い、ということです。

例えば朝起きて、まだ身体が起きていない状態で一曲通す、、、。寒い外出のあと帰ってきて

手が冷え切った状態で一曲通す、、、。

その“最悪条件下での演奏”こそが「自分の真の実力」だとわたしは捉えています。

本番を自分にとって最高のコンディションでむかえられたら、それはとてもラッキーな事です。

でも統計的に考えると、そうでないことの方が圧倒的に多いのです。

だったら「自分の最高のコンディション」を狙うより「自分の最悪のコンディション」のレヴェ

ルを底上げする方をわたしは選びます。それはもちろん人それぞれですが、、、。

 

 

今回冒頭に、「通し練習」を何回もやらない二つの理由のうちのひとつとして

「何回もやる事によって“表現を固めてしまう”」

ということを挙げましたが、このことについて述べることで今回は終わりたいと思います。

 

 

何回も「通し練習」すると“ここはフォルテで弾く”とか“ここはリタルダンドする”ということに

対して、ただそれを同じように毎回やる事を目指すのみで、その事本来の意義を次第に忘れ、

楽曲のストーリー展開や構成・構造に意識がいかなくなりがちです。

結果、音の表情はこまかくつけているにもかかわらず、音楽に“リアリティ”や“生々しさ”が

欠ける演奏になってしまいます。

 

その場に対して自分が出した音にその場で触発され、つぎの音が紡ぎだされることで、初めて

リアリティは出てくるものですが、演奏している場と一切関係なく、ただ自分が練習してきた

通りに間違いなく進めるだけだと、演奏は傷がなくても、音楽は死んでしまいます。

(あっ、いかん、、、。発表会に臨む生徒さんの為のエッセイだったのに、いつの間にかプロ

育成モードに入ってしまった。こんな私を誰か止めて~!)

 

 

つまり結論を言いますと「通し練習」は一日2~3回にとどめ、必ず緊張した状態でやること。

ただし音のリアリティを探りながら、毎回“違う表現”を探そうとする人は「通し練習」を何回

やっても大丈夫です。

作曲家・ピアニストの高橋悠治さんがおっしゃっているように、《練習というのは

“Practice”「実践」であり、それは本来“一回限り”ということ》です。

純粋な意味での「反復練習」が音楽に取り入れられたのは“近代以降”(歴史として非常に新し

い)ということを頭の片隅に置いていて下さい。

 

(つづく)

 

 

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)