「ギターで辿るイベロアメリカ」を終えて

 

去る10月29日(水)と11月1日(土)、北九州市戸畑と福岡市のそれぞれ二箇所で

「ギターで辿るイベロアメリカ」コンサートが開催された。

 

 

このコンサートは南米音楽に造詣の深いアルゼンチン人ギタリスト、レオナルド・ブラーボ氏

(東京在住)をむかえ、彼に司会進行、楽曲解説してもらいながら4人のギタリストが演奏を

受け持つ、といった趣向のもの。因みにこのたび演奏を担当したのは池田慎司(北九州市在住)

壇はるか(みやま市在住)塩見大二郎(佐賀市在住)松下隆二(福岡市在住)の四名。

 

 

レパートリーの主軸となったのはブラーボ氏が今回の為に編曲したギター四重奏版のアルゼンチ

ン・タンゴの名曲の数々であるが、その他にも神奈川県在住のフォルクローレ・ミュージシャン

木下尊惇氏編曲による「ふたつのクエッカ」(ギター四重奏版)も披露され、手拍子と共に

会場を沸かせた。

 

 

今回のコンサートが実現したのは、ブラーボ氏のラテンアメリカ音楽に対する造詣の深さと愛情

によるところが大きいのはもちろんだが、バンマスとしての熱意で企画全体を引っ張っていった

池田慎司氏の力がコンサートを成功に導いた最も大きな要因だった。

彼がこれからの「九州のギター界」をリードしてゆく存在である事を、会場に足をお運び下さっ

たお客様は如実に感じ取られたに違いない。そして同じ舞台上で彼のエネルギーをしっかりと

受けとめた30代の塩見、20代の壇両氏の健闘がコンサートにさらなる“ふくらみ”をもた

せた。

 

多くのメンバーで熱意をもって音楽を共有するしあわせを久しぶりに感じた、そんなコンサート

だった。

 

お忙しい中ご来場下さった皆様に心から感謝したい。

 

プログラムは以下の通りである。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第一部

①エスタモス・リストス(A.ピアソラ/L.ブラーボ編)

②デ・ブエルタ・イ・メディア(M.バルビエリ/L.ブラーボ編)

③エル・チョクロ(A.ビジョルド/L.ブラーボ編)

④ティコ・ティコ・ノ・フバー(Z.アブレウ/池田慎司編)

⑤鐘の響き(J.ペルナンブコ/L.ブラーボ編)

⑥ピシンギーニャ(R.ニャタリ/松下隆二編)

⑦モリエンド・カフェ(J.M.ペローニ/松下隆二編)

 

①~③カルテット ④池田・壇デュオ ⑤~⑦池田・壇・松下トリオ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第二部

①「二つのクエッカ」素焼きの小鍋~人生は美しい(木下尊惇編)

②パルメラス(伝承曲)

③君の影になりたい(H.クアトロマノス/松下隆二編)

④ラ・プリマヴェーラ(V.ベラスケス/L.ブラーボ編)

⑤ブエノスアイレス午前零時(A.ピアソラ/L.ブラーボ編)

⑥シータ(A.ピアソラ/L.ブラーボ編)

 

①カルテット ②池田・松下デュオ ③池田・塩見・松下トリオ ④~⑥カルテット

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アンコール

①ブルージリアン(C.アサド)

②テ・バス・ミロンガ(A.フレウリ/L.ブラーボ編)

 

①カルテット ②池田・ブラーボ デュオ

 

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

「ギターで辿るイベロアメリカ」を終えて への2件のコメント

  1. Takao Yoshimoto より:

    南米の音楽をばかりを聴いたのは初めてでしたが本当に楽しかった!!
    日本人に合っているのか! 情緒豊かな曲も多くすんなりと受け止められました。
    ギター四重奏も初めてでしたが、これがプロフェッショナル! と思わせる素晴らしさでした。 我々の合唱ではほぼ同じメンバーが相当な時間を練習に費やしていますが、完成度を高めるのに相当な苦労をします。 4人の方の音合わせは極めて少ないにも関わらず、あのアンサンブルの見事さは何とも凄いとしか言いようがない!
    ブラーボさんの解説も楽しく、またコンサート全体の温かい雰囲気はブラーボさんによるものでしょう。 

    • ryuji より:

      Yoshimotoさま

      ご来場いただき有難うございました。
      お楽しみいただけたのならとてもうれしいです!
      本人達が楽しんでいるのは当然なのですが、「音楽の楽しさ」を会場のお客様と果たして共有出来たか?というのは常に心配なので、、、。
      今後とも皆様に楽しんでいただけるコンサートや企画を作ってゆきます。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)