ポンセ・イヤーに思うこと(疑似バロックの現代的あり方について)~その1

 

近代メキシコの作曲家、マヌエル・ポンセ Manuel Maria Ponce (1882~1948)は、スぺ

インのギタリスト、アンドレス・セゴヴィア(1893~1987)の為に数多くの作品を残したが、

没後七十年となる今年は、年後半に向けても様々な《出版物》《録音》《企画演奏会》が世に

発表されることであろう。

 

 

ギター曲に見るポンセの作風というものはスタイルとしていくつかあるが、大まかに分けると

「バロック的なもの」「古典的なもの」「ロマン派的なもの」「近代的なもの」の他に

「民族主義的素材にフランス近代和声を散りばめたもの」などもある。

だが基本的にはこの時代の多くの演奏家、作曲家がそうであったように非常にロマン

ティックな作風スタイルであった。なお調性のワクの中でいろいろ実験することはあっても、

無調に行くことはなかった。

 

 

ちなみに今回言及したいのは、数多いポンセ・レパートリー(ギター曲)の中でも、曰くつきの

”疑似バロック”作品についてである。

『古風な組曲 Suite Ddur(1931)』『イ短調組曲 Suite Amoll(1929)』の他、単品で伝

えられてる『前奏曲 Prelude Edur(1929)』『バレット Balletto(1929)』などは、ご存

知の方も多いように A.スカルラッティ、S.L.ヴァイスなど、バロック時代の作曲家の作品が

”発見された”という名目でセゴヴィアのコンサートにおいて発表されたが、その内実はあくまで

ポンセのオリジナル作品である。

 

 

セゴヴィアとポンセによるそのような共謀(いたずら)が行われた動機は様々あるだろうが、

とりあえず考えられるものとしては、、、

 

①当時ヴァイオリニストのクライスラーがそのようなことをやっていたのを見て、同じような

いたずらをしてみたくなったセゴヴィアがポンセにもちかけた。

②セゴヴィアとしては一晩のコンサートプログラムを、一人のお気に入り作曲家(ポンセ)の

作品で占めるよりは、時代や作曲家に外見上のヴァラエティを持たせたかった。

③専門家の目を欺けるほど、バロック音楽に精通した作曲技法を駆使できるかどうか試して

みたかった。

 

などではなかろうか(あくまで推測)。

===========================================

ポンセ・イヤーなどとは関係なさそうであるが、近頃レッスンで『前奏曲』『バレット』を

聴かせて頂く機会が不思議と多い。

そうした中で考えれば考えるほど、これら”疑似バロック作品”に対するアプローチはふたつの

選択肢があるのを感じる。

ひとつは、【現代における古楽的認識に基づいた演奏】

もうひとつは、【作曲当時(近代)のヨーロッパに蔓延していた、ロマンティックアプローチ

に基づいた演奏】

 

前者は現代の古楽奏者的観点で作品分析し、アーティキュレイトしていくやり方。後者は

リョベート、セゴヴィア、バリオスのような演奏スタイルで作品にアプローチしていくやり方。

あなたはどちらだろうか?

 

というわけで、次回はひさびさに暴論的持論を展開の予定、、、。

 

(つづく)

 

カテゴリー: エッセイ, 暴論的持論 | コメントをどうぞ

ケイタイ電話と私

 

とりあえずケイタイ電話の話である。未だに持っていない私、、、。

うちの固定電話で用は足りているし、スマホも含めて持ちたいと思ったことが未だかつてない

ので、持ったことがない(お金もったいないし、、、)。

ただそれだけの話である。

他意はない。

ホントです。

 

 

ところが持たない状態を長年続けていると、「自分の信念や主義、主張のためにケイタイを

持たないひと」と見なされることが多いのに気付く。まるで私の存在そのものがケイタイや

スマホに対する抗議活動の象徴のように見なされるケースが結構あるのだ。

 

 

かつて某著名ピアニスト(男性)を囲んだ宴席にはべらせていただいた時、ホスト役の方が私を

紹介する際に、

「ちなみに彼はケイタイ電話を持っていません。」

と言った途端、なぜかピアニストの奥さんに火がついた。

「私、自分の都合でケイタイを持ってない人ってすごくイヤなのよね。周りの迷惑を考えてない

のかしら。主義か主張か知らないけどホント身勝手よね。」

と、散々だった。

 

 

おそらく彼女が過去に出くわした”ケイタイ電話持たないひと”は、主義、主張が強烈にある方

だったのだろう。私も同類と見なされてしまったのだ。でも私の場合、他者が持つことに関して

本当に何とも思わない。なぜ”持たないこと”イコール”抗議活動”のように見なされるのか。

持ってる人を非難したことなど一度もない。

別な言い方をすれば、私は変わらず、周りが時代と共に変わっただけである。

 

 

「松下がケイタイを持ってないのはけしからん!」

という意見が出て、さるギター協会をクビになりかけたこともあった(その後別の理由で退会

して既に数年経つが、、、)。

会社などの組織の場合はやむを得ないであろう。

だがまさか自営業者同士による手弁当的集まりの”ギター協会”で、、、。

『”時代と共に”変化しないこと』は、そんなに罪なことなのだろうか?

 

 

いっぽうで、持ってない私を見て

「自分は現在持ってるけど、本当は持ちたくないし、あなたのように持たない方がいいと思う

んです。どうぞご自分を貫いてください。」

などと励まされる場合も多い。

でも私の場合、ふとしたきっかけで明日から持っているかもしれない(笑)。

自分の中にキッカケがないから持たないだけであって、持たないことがいいことだとは別に

思っていない。

「周りが持っているから、、、」

という理由だけでは私の場合キッカケにならなかっただけの話である。

 

というわけで、現代日本社会においてほとんど共感を呼ばないであろう今回の話題であった。

 

2018.5.30.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

大丈夫か?

 

先月、福岡県内某所にて若手ギタリスト加藤優太氏と若手オカリナ奏者弓場さつき氏の結婚

披露宴がとりおこなわれた。

新郎の元師匠という義理で光栄にも主賓スピーチと演奏を仰せつかったのだが、経験のない私に

このたび意外な盲点があった。

演奏に関しては新郎のスペイン留学の大先輩にあたるギタリスト池田慎司氏とのデュオを依頼

され、演奏と主賓スピーチ込みで15分程度という話だったので、なんとなく楽観視していたの

だが、、、。

 

出番も披露宴中盤より前と聞いていたので、

「メインディッシュとデザートは精神的に落ち着いて味わえそうだ」「まあ、スピーチに

関しては、MC的感覚で乗り切ればよかろう」

ぐらいにへらへらと準備していたのだが、式前日ふと気になって《主賓スピーチ》と検索して

みたのだ。

すると【友人スピーチと違い、主賓スピーチには品格が求められます】とあるではないか!

(ガーン)。

 

品格って、、、そんな、、、金だろうが品だろうが、無いソデは振れませんがな、、、。

しょうがない。行き当たりばったりスピーチはやめて原稿でも書くか。少しは品が出るだろう。

 

うん、なかなかいい文章が出来た!しかし”いいひと”になるのはなんて骨が折れるんだ。

やっぱり日頃から”いいひと”をやっておかないと付け焼刃ではだめなんだな、、、。

 

取り敢えずひと安心してレッスン業務にもどった私。

薬品会社のお偉いさんを長年務められた生徒さんに

「いやー、明日は主賓スピーチ頼まれちゃって、取り敢えずさっき原稿書いたんです。明日は

これを読むのでとりあえずひと安心♪」

するとその生徒さん曰く

「えー?主賓スピーチは原稿読んじゃダメでしょ」

な、なんとそうだったのか!知らなかった、、、(ふたたびガーン)。

 

念のため次の生徒さんにも聞いてみよう。

次の生徒さん曰く

「主賓が原稿読むなんて、そんなみっともない真似をしてはいけません、先生!」

な、なんだ、、、この日頃の仕返しのような厳しい口調(みたびガーン)。

しょうがない、、、結構長い文章書いてしまったが、今から暗譜、いや暗記だ。

 

「リハもかねて前日から福岡に前ノリしまーす。」

と言っていた相方の池田氏がやってきた後も、練習そっちのけでぶつぶつと暗唱していた私。

途中何度かくじけそうになった。

「やっぱりもう原稿読んじゃおうか」「譜面台に置いてチラ見しながらいくか」

しかし

「いやいや、新郎新婦晴れの日だし、、、」「ヒンカクヒンカク、、、」と踏みとどまった

けな気な主賓。

 

当日行きがけの電車内でも池田氏に

「ごめん、しばらくそっとしといてくれ」とお断りしてぶつぶつ、、、。

 

駅に到着し、式に御出席のオカリナ奏者、和田名保子氏に遭遇しつつも、

「すみません、スピーチあるもんで、、、」とお断りしてぶつぶつ、、、。

 

会場に到着し受付を済ませた後、柱の陰に隠れてぶつぶつ、、、。

この記憶力を駆使すれば、小品3曲は暗譜出来るだろう、というくらい脳みそとの果てしない

戦いが続いた。

 

そうして演奏そっちのけでむかえた”本番”(もはや新郎新婦もそっちのけのような心境か)。

途中、文をひとつ飛ばしましたが、まあ品格は保てたかな、、、かろうじて、、(おほん)。

 

2018.5.19.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | 2件のコメント

近頃の読書

 

”客観”というものは本当に存在するのだろうか?

するとしたら、どんなふうに存在しているのだろう?

 

決して完全否定しているわけでもないのだが、どうも最近それを実感できないことが自分で

気になるのだ。

自分の子供のころから”ものを見る立ち位置”はゆっくりとゆっくりと移動し続け、47歳の現在、

ひとの世は、ひょっとしたら”それぞれの主観”を自分以外の他者と共有できる範囲のことを、

単に”客観”と呼んでいるだけではないか?つまり実存の世界においては主観がすべてを占めて

いるのではないか?、、、、そのように思えてならない。

 

この辺のお話は”中世スコラ哲学”や”カントの専門研究家にうかがえば、説明してもらえるの

だろうが、説明が詳しく丁寧になるほど私の脳みそはもつれ、ねじれてきて訳が分からなく

なるのが目にみえる。

 

私の場合、上記のことが全くの素人考えだという自覚はちゃんとある。

これを客観と呼んでいいものだろうか?いや、ちがう気がするのよね、なんか、、、。

 

コンサートの感想などたまに拝聴していると、その感想を通じて、本人が《自分の言っている

ことが”自分の主観”だと認識している》ことが伝わってくるものは、たとえマイナスな意見で

あっても、どこかしら爽やかである。

言ってる本人が心の何処かで《私の意見は全体を俯瞰で見た客観的なものであり、他の人の

意見も併せて代弁している》と感じているのが伝わってくると、たとえ誉め言葉であっても

私にとっては爽やかではない。ましてやそれがマイナス意見の場合には、、、(苦笑)。

 

私は自分の考え、感覚、意見が、自分の中の個人的なものに根差した”非常に主観的なもの”

だという自覚が常にある。あなたはどう?

 

というわけで、いきなりではあるが、私が最近読んだ本のなかで、現在の私の心にとても響いた

三冊を主観的にご紹介したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『はじけ!鳳仙花~美と生への問い/富山妙子著(筑摩書房)』

1921年神戸生まれの著者は少女時代を満州ハルビンで過ごす。画家を目指す一方で、戦時中の日本統治下にある中国人民の悲惨な生活を目の当たりにしたことが、その後の活動に多大な影響を与えた。筑豊炭鉱、南米移民、インド、ロシア、朝鮮、メキシコ、、、世界中を旅しながら国家権力や富裕層に虐げられたひとびとの中に入り、創作活動を続ける。本書はその生い立ちから80年光州事件あたりまでの時代を描いた自伝的なものであるが、個人的、主観的な話であるからこそ、結果として当時の人々の暮らし、生きざまが生々しく匂ってくるすぐれたドキュメンタリーとなっている。

 

『宮本常一が見た日本/佐野眞一著(NHK出版)』

宮本常一(1907~1981)は、戦前から高度成長期にかけて日本中の村から村、島から島をくまなく歩き、そこに生きる人々の生活を文章や写真で記録した。その経験と膨大な知識をもとに、孤立し隔絶した島や村で”地域振興策”を説き、多くのひとびとに誇りと勇気を与え続けた。その「経世済民思想」と「宮本学」は血の通ったぬくもりで今でも島国日本をやさしく包み込んでいる。こんなひとがいたんだなあ、、、。

 

『音楽の聴き方~聴く型と趣味を語る言葉/岡田暁生著(中公新書)』

実はまだ読んでいる途中なのだが、あまりにおもしろいので紹介させて頂く。題名だけ見て拒否反応を示す方もいらっしゃるはずだ。だが内容は権威的押し付けもなければ、いわゆるハウツー本でもない。

~「音楽は言葉を超えている」という決まり文句は、ロマン派が作り出した近代イデオロギーなのだ。(中略)語彙や語りのロジックが増えるほど、人はよりよく聴ける。「音楽を聴く」とは、「音楽の語り方を知ること」でもある。そして音楽を語る語彙は出来るだけ身体に響くものがいい。【本文中より】~

例が非常に具体的でわかりやすく、よくもまぁここまで言葉を自在に使いこなせるものだ。日頃レッスンの折、言葉で伝えることに腐心している同じ内容のことが言葉のプロフェッショナルの手にかかると、なんと爽快!特にクラシック愛好家、専門家にお薦め。

 

2018.5.8.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

年下のミュージシャン達

 

最近気がついたのだが、今年に入ってから、自分より年下のミュージシャンとの共演や交流の

頻度が高い。

そういえば今までの私は、どちらかというと自分より年上の経験豊富な先輩に食らいつき、

吸収しようとしてきた。

その姿勢と気持ちは変わることなく今後も続いていくに違いないのだが、近頃どうも自分の

近辺で年下ミュージシャンから受ける刺激が多くなっている気がする。自分もそれなりに年を

食ってきたという事だろうか。

私が出来ないことを出来るミュージシャンに対しては、もちろん年上年下にかかわらず無条件に

尊敬してしまうのだが、、、。

 

ここ最近共演した、あるいは交流のあったそんな”年下ミュージシャン達”を、紹介がてら幾人か

挙げてみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【山田 賢】

今年3月に、うちの教室主催のコンサートで共演させて頂いた姫路在住のギタリスト。

作曲や編曲を巧みに手掛け、20代後半にして既に自分の音楽世界を持ち合わせている。

そこで表現されるユニークな音世界は、世界各地で生まれているムーヴメントを現在進行形で

貪欲に吸収し、共鳴、呼応していることを雄弁に物語っている。

彼にとっておそらく《ギター》は音の素材に過ぎないが、もっとも身近な素材であることは

疑い無い。

 

 

【山下 紅弓】

”あの山下和仁氏のご長女”ということを抜きにしても、おそらく彼女の演奏は私に特別な何かを

投げかけてくる。

同じ長崎出身(福岡在住)のギタリスト、橋口武史氏を通じて知り合い、来月6日にご一緒する

機会を戴いた。先日3人で初めてのリハーサルをやったのだが、未だに底が見えない。

当日ステージで共有できるものを今からとても楽しみにしている。

 

 

【太田 耕平】

彼は福岡出身のギタリスト”だった”。

イタリアの巨匠、ステファノ・グロンドーナ氏のもとで7年間研鑽を積み、卒業後ドイツの

フランクフルトに移り、リューティストの今村泰典氏のもと古楽演奏についての見識を深め、

通奏低音奏者としての実績を重ねた。帰国後は福岡に居を構え、教室運営と同時にリューティ

ストとしての活動を全国的に展開している。

実は先日、意を決して彼の門を叩いた。バッハの曲の手ほどきを受けたのだが、「この作品の

どこがユニークか?」「通奏低音奏者から見た演奏アプローチの可能性」という2点を中心に、

未だかつてないほど、非常に有益なアドヴァイスを頂戴する事が出来た。

 

 

【弓場 さつき&加藤 優太】

現在のオカリナ界若手筆頭の弓場さつき氏と、セゴヴィアの生まれ故郷スペインのリナーレスで

研鑽を積んだギタリスト加藤優太氏のおふたりは、今月ニュー・アルバム『Colorido』を発表

した。

日本のオカリナ界は、宗次郎さんに代表されるヒーリング的世界観に始まり、本谷美加子氏や

和田名保子氏のようにオリジナル作品で独自の世界を打ち出す演奏家を輩出しながら、現在

大沢聡氏がこれまでにないポップなセンスで全体を牽引している。その大沢氏のもと研鑽を

積んだ弓場氏のオカリナは、20代の若さで既に師とは別の地平に立っている。

”かわいさ”あるいは”ものさびしさ”が前面に出てきやすい《日本特有のオカリナ世界》から

彼女が脱するのに大きく貢献しているのが、加藤氏の凛としたギターの音色であり、攻めの

姿勢を保った彼の巧みなアレンジであることは疑いない。アルバムに収録されたグラナドスの

「オリエンタル」や、5つの「カタルーニャ民謡」、ファリャの「スペイン舞曲」を耳にした時

オカリナとギターのコンビネーションがここまでスペイン音楽にマッチしているという事実に

正直驚きを禁じ得ない。

 

 

【Aki Miyoshi】

私より年下といっても、40をすでに越え、世界を舞台に活躍する大阪在住のベテラン・

ギタリスト。

先日初めて福岡でご一緒し、そのお人柄もさることながら、クラシックギター演奏をベースに

しつつ、ポップスにもきちんと敬意をもって精通されてる姿勢に感銘を受けた。

理屈ではなく一緒に演奏した人間は、彼の”音楽に対するいつわりのない愛”がわかるはずだ。

現在の立ち位置としては《ソロギター・パフォーマー》というところであるようだが、やはり

同じ立ち位置で福岡を中心にソロ活動を展開してある城直樹氏や、Akiさんの友人である

アメリカ人ライアン・エアーズ氏(マーサ・マスターズの弟子)に共通しているのは、3人とも

エレクトリックによる”バンド経験”が無いこと。

これはここ近年の面白い特徴だな、、、と個人的には感じる。

 

(おわり)

 

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ