ずれる和音(その3)

 

和音はいつも少し崩すかアルペジョで、つまり一音一音ずらして弾きますが、同時に弾いたときと同じ効果を与える程度に速く弾きます(この後譜例が続く)。テンポが遅いときは、和音を通常より遅めのアルペジョにし、和音の横に()【カッコ内に縦波線のアルペジョ記号/松下註】という記号で指示することがよくあります。テンポが速くメリハリがあってギターの音を多く使う曲では、この記号が付いた和音は親指ですべての弦を力強く素早く滑らせるようにして弾きます。
~『完訳カルカッシ完全ギター教則本Op.59』23~24ページより/監修:原善伸、
翻訳:上谷直子(現代ギター社)~

 

 

カルカッシに話を戻したい。

「同時に弾いたときと同じ効果を与える程度、、、」

という言葉づかいから、本人もしくは同時代のギタリストのあいだでも、当然同時弾きはされて

いたはずである。

ただこの文章から読みとれることとして、カルカッシ本人は和音(コード)を弾く際の基本

アプローチとしてアルペジョを考えていたということは間違いない。

ただ本人が詳しく説明しているように、”アルペジョのスピード”のヴァリエーションがいろいろ

あるのだ。

*同時弾きと変わらないくらい素早いもの

*割と素早いもの

*おだやかなもの

曲想やテンポによってその中間値が無数にあると考えてよい。「どの曲のどんな箇所でも同じ

速度のアルペジョ」ではだらしない印象になってしまう。

 

 

今回のブログではアルペジョ話から少しずつずれていって、”楽器別方言”についてまで触れて

いるが、私自身の活動を通じてこのことは常に重要なテーマだと感じている。他楽器との

アンサンブルの世界をさまよう中でのみ感じられる”ギターならではのすばらしさとむずかしさ”

を、これまで味わってきたからだ。

 

 

なお私の場合、アーティキュレーションには楽器的方言を極力もちこまないようにしている。

数年前、和歌山でケーナの世界的名手である菱本幸二さんとご一緒させていただいた時、

リハーサルを終えた菱本さんからこう言われた。

「あ~、松下さんは低音をちゃんと切りますね~。ギターのひとは切らないことが多いです。」

これは決して自慢したくて書いているのではない。たとえば3/4の曲で四分音符三つのベース

を弾き続けるような場合、アーティキュレーションを付けず音価通り”だーだーだー”と弾くと、

音楽は死んでしまうのだ。もっともフォルクローレの場合、《四分音符の音価》などという概念

はなく、感触があるのみであろう。5弦の開放ラから4弦のミに動いた時、ラを止めることなく

「これがギターの方言だから」などと開き直ることはしない。

 

 

じつは秋に四国でフルートとのコンサートを準備中である。プログラムに「アイネ・クライネ・

ナハトムジーク第一楽章」が入っているが、ギターパートをただいま編曲中。先方から

「参考に、、」

と送っていただいたアレンジ出版譜が、途中ストロークになっていたもので、、、(笑)。

”居直り方言”もここまでくるとたいしたものだ。今のわたしには無理だ!と思いながらスコアと

にらめっこの毎日。

ジュリアーニ、ソル、パガニーニ、ディアベリ、、、彼等ならこれをギター弁でどうさばくか、

と想いを馳せながら、、、。

 

(おわり)

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | 2件のコメント

ずれる和音(その2)

 

いや~、かささぎ兄弟コンサート・ツアー、おかげさまで無事終わりました。

G20交通規制を乗り越えてご来場くださった皆様、チケット販売に多大なお力添えを頂いた

西島みどり先生、ウラ雑務をてきぱきとこなしてくださった縦石佳久先生、本当に有難うござい

ました!!

松岡滋さん、岩崎慎一さんおふたりによる正統派クラシックギタリスト・デュオは圧巻でした。

なんというか懐かしさを感じる(決して上から目線で言ってるのではない。実際あちらの方が

私より数段上かつ深みがある)と同時に、私自身がいつでも帰ってよい”原点”を、おふたりに

示していただいた、、、まさにそんな気分です。

”いい先輩が居る”って、きっと人生ですごく大事なことだな、、、。

そして今回も協力し合い、主催面でも演奏面でもアレンジ面でも本当に助けてくれたすばらしい

池田慎司さん、いつもありがとうっ!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【アルペジョ】とは和音(コード)の構成音を時間差で分散させる(バラす)ことである。

日本語では『分散和音』。

ただ紛らわしさを避けるため、ここから先は《アルペジョ音型》と《アルペジョ奏法》のふたつ

を区別して考えたい。

 

 

《アルペジョ音型》というのは、いわゆる和音のばらし方をパターン化したもの。

例として、、、

*カルリの作ったもの(C–G7/D–G7–C–Am–Dm–C/G・G7–C)

*アルベルティ・バス

*ヴィラ-ロボス作曲「エチュードNo.1」

など

 

 

一方《アルペジョ奏法》と私が言ってるものは、たとえばレッスン時、楽譜上は和音の塊が

縦に並んでいる個所で同時弾きせず、べろべろっとずらして弾くとおじさんの生徒さんが

「うわ~、今先生べろべろってどげん弾き方したとですか。ツヤつけてから!」とのぞき込んで

くる弾き方のこと。前回のブログで紹介した”カルカッシが教則本で説明”しているのはいわゆる

こちらのアルペジョ話である。

 

 

わたしが以前、リュートの世界的巨匠のマスタークラスを見に行った時、受講生に向けた

アドヴァイスのなかで「ソコの箇所は、ギタリストがよくやるように、ずらして弾いたりしない

ように」というのがあり、揶揄された立場のギタリストとして、悲しくなったことがあった。

2~3声だったかもしれないが、これも《アルペジョ奏法》についての例。

 

=================================

 

以前リュート奏者の太田耕平氏にバッハの998プレリュードのレッスンを受けた時、以下の

ような問答になった。《アルペジョ音型》を処理する方法(響きを混ぜるか混ぜないか)が

楽器によってそれぞれ違うことに対し、肯定的にみるか否定的にみるかについての話。

 

松下「他の楽器なら和音のアルペジオ音型でも、結果響きを混ぜないで演奏するところだが、

リュートの場合、他の楽器の語法に合わせたアプローチをとるのか?それともリュート独自の

音響を展開するのか?」

太田「そう、実はリュート奏者が他の古楽器奏者に一番コンプレックスを抱いてるのはそこ

なんです」

松下「混ぜることに対して?」

太田「そうです」

 

器楽演奏のアプローチというものは楽器別に存在する(私が常々”方言”と呼んでいるやつ)。

それぞれの良さを互いに認め合えばいいのに「鍵盤楽器ではそんなふうに和音をバラしたりは

しない」と(帰国後の日本で)彼自身がピアノ奏者から指摘されたこともあったらしい。

そのピアニストにとって和音の同時弾きは”音楽の標準語”であり”基本的な鳴らし方”だから、

他の楽器の人も標準語で喋るべきというニュアンスである。

 

=================================

 

ここからの話はアルペジョ話から少しずつずれてゆく。

つい一週間ほど前、太田氏と食事をした時にカルカッシ教則本のくだんの内容を話すと興味

深そうに聞いていたが、以下の貴重なことを教えてくれた。

 

太田「ルイス・ミランなどのヴィウエラ曲は、ヨコのラインがそれほど厳格ではなく、特に

タテの塊を意識させるような箇所については(吟遊詩人の伴奏さながら)アルペジオで弾いても

ハマると思う。しかし一方、厳格な対位法に基づいて作曲されたダ・ミラーノのような場合は

(タテが)同時弾きでないと成立しない音楽だと思う。」

松下「それはダ・ミラーノのリュート曲は、リュートという楽器の語法よりも一般的な音楽語法

をより強く志向しているということ?」

太田「いえ、そういうことではなく、、、(楽器の問題として)たとえばヴィウエラよりも

リュートの方が”旋律楽器”としてヨコに流す意識がより強い楽器だということです。」

 

 

たとえばダ・ミラーノの四声部の声楽曲で、それにリュートが絡む時、あるパートだけを単旋律

(一声)のユニゾンでなぞるようなことがあるらしい。そのような時、楽器としてのリュート

はもはやハーモニー楽器ではなく完全な旋律楽器の扱いだと彼は言う。加えてダ・ミラーノの

残したタブラチュアにはリュートソロ演奏では絶対に演奏不可能なものも残っている。

だがなんでそんなものが残っているのかナゾらしい。

 

松下「それが学習用でないとすれば、ひとつのタブ譜を複数の奏者がのぞき込んでアンサンブル

で弾く習慣などは当時なかったの?」

太田「それは聞いたことがない。」

松下「じゃあ、そういったものに関しては(ソロ演奏用ではなく)リューティストが伴奏し

ながら歌唱指導をするときにスコアとして使ったものかもしれないね。」

 

(つづく)

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | コメントをどうぞ

ずれる和音(その1)

 

みなさま、こんにちは。唐人町ギター教室の松下です。

ところで御予約されましたか?

8日(土)”かささぎ兄弟コンサート”ですよ!

関西クラシックギター界を代表する名手、松岡滋、岩崎慎一両氏によるデュオの世界。

おふたりは20代の頃から私にとって遠いあこがれの存在でした。

どう憧れだったか、、、。

当日ステージで具体的に申し上げます。

 

前半は”かささぎ兄弟”の魅力(ギターデュオ)を存分にご堪能いただき、後半ステージは北九州

在住の名手、ご存知池田慎司さんと私も加わり、トリオやカルテット演奏をにぎやかに繰り広げ

ます(9日は北九州若松で池田氏の主催)。

正統クラシックギタリストによる結成10年を経たギターデュオの神髄をとくとご覧あれ!

開演は14:30。会場は唐人町甘棠館。この日はG20とやらで交通規制がかかっているので

公共の機関でのご来場をおすすめいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもレッスンに行ってる香椎浜イオン内のヨシダ楽器店で、現代ギター臨時増刊号を立ち読み

していて驚いた(その後購入しましたのでゆるして、、、)。

いわゆるカルカッシギター教則本Op.59(有名な『25のエチュードOp.60』とは別ね!)の

完訳版なのだが、原善伸氏監修/上谷直子氏翻訳の134ページにわたる労作で、昭和のギター

教室が教則本として重宝していたさまざまな”カルカッシ教則本”の誤りを見直すべく、

1835年パリで出版されたフランス語によるCarli版をもとにオリジナル通り完訳し、註を付けた

もの。非常に有意義なお仕事であり、無条件で頭が下がる。

 

 

で、これを読んでいてなににビックラこいたかというと、《和音とその弾き方》の項目での

カルカッシ自身による説明、、、。

 

 

(前略)和音のすべての音がよく響くようにするには、左手の指は金槌のような形に曲げ、フレットの近くを押さえ、他の弦の振動を妨げないようにすること。右手の指は弾く弦の上に置いておき、振動を与えるときまで離さないようにします。

和音はいつも少し崩すかアルペジョで、つまり一音一音ずらして弾きますが、同時に弾いたときと同じ効果を与える程度に速く弾きます(この後譜例が続く)。テンポが遅いときは、和音を通常より遅めのアルペジョにし、和音の横に()【カッコ内に縦波線のアルペジョ記号/松下註】という記号で指示することがよくあります。テンポが速くメリハリがあってギターの音を多く使う曲では、この記号が付いた和音は親指ですべての弦を力強く素早く滑らせるようにして弾きます。

~『完訳カルカッシ完全ギター教則本Op.59』23~24ページより/監修:原善伸、翻訳:上谷直子(現代ギター社)~

 

 

左手指の”金槌”というのはいわゆる”アーチ型”を指していると思われる。この箇所に関する註が

付いていて「西洋の金槌(ハンマー)は湾曲している」とある。

いやいや、それよりも!

カルカッシが”和音というものはアルペジョする”ことを前提として説明していることですよ。

これってギター弁という”方言”を、カルカッシ自身が真っ向から受け入れていたということ

なのであるよ(同時代のカルリもそうだったらしい)。

 

 

私にとって個人的にもっとも衝撃だったこの箇所についてはやはり註が付いており、

「ここの解釈には注意が必要だ」「和音のすべてをアルペジョするかについては、よく検討する

必要がある」

 

 

従来の捉え方からしても、この註の言わんとすることはよくわかる。別にカルカッシやカルリが

そう述べているからといって、それが当時のギタリストの一般的なスタイルだったとするのは

確かに早計であり、いささか乱暴であるかもしれない。

だがこの註自体が、自己内部での固定観念との衝突による叫びにも似た様相を呈しているのも

正直わたしにとっての率直な印象、、、。

 

ここで間違いないのはカルカッシ本人がそうだった、という事実のみである。

 

(つづく)

 

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に | コメントをどうぞ

第14回北九州ギターフェスティバルに参加して

 

これまで常設合奏団として活動してきた”エストレージャ・ギター・アンサンブル”を昨年

いっぱいで解散した。さびしくはあったが、メンバーの減少もさることながら、常設合奏団を

維持することのしんどさは感じていた。それは指導する私だけではなく、結成当初よりも高齢化

がすすんだメンバーたちもきっと同様のしんどさを感じていたであろう。

 

 

エストレージャの年中行事のひとつとして”北九州ギターフェスティバルへの参加”があった。

このフェスティバルはプロではない一般愛好家のかた(上村泰志さん)が音頭をとってお友達の

ギター仲間と始められたもので、だれでも受け入れる姿勢で14年間続いている素敵な

イヴェントだ。

(自分のものも含めて)プロが主催するイヴェントというものは、そのプロが責任を負う分

だけ、やはりそのひとや教室のカラーが前面に出てしまいやすい。だがこのフェスティバルには

(カラーはあるのだが)もっと自由な雰囲気がただよっている。

 

 

今年のあたまに上村さんから「今年はどうされますか?」と御声がけ頂き、「解散したから

今年は出ません」というのもどうかと思い、急きょ生徒さんたちに募集をかけて《ゆきずり

合奏団》を組むことにした。3人の時は合奏でなくトリオ、4人の時はカルテットで出ればいい

くらいに考えていたら、あっという間に定員の12名に達してしまった。

その後おふたりがご都合により辞退され、結果10名+私(下手な指揮)の総勢11名で5月26日

山田緑地のステージに立った。

 

 

朝11:00から始まり、さまざまな重奏団やソロ演奏、デュオ演奏がつづき我々の出番が来た頃

には、時計は15:00をまわろうとしていた。全体練習を2回設定しただけで、あとは参加者

それぞれの個人練習に託したこのたびの演奏だったが、ほどよい緊張感のなか無事たのしく

終える事が出来た。

演奏は、ラ・メランコニア(M.ジュリアーニ/松下編)、シャンソン(G.ムスタキ/松下編)の

二曲。

 

 

昭和の頃、福岡のポップス界を牽引されてたプロデューサーの方から、数年前お話を聞かせて

頂く機会があった。その方によると「チャゲアスは成功後、会社を立ち上げて結果その維持に

追われて苦しくなっていった。陽水さんはイヴェントのたびにチームを立ち上げ、終わったら

解散、、、。たしかにその方が維持に苦しまなくて済むよね。」(ふんふん、なるほど、、

メモメモ、、、)

 

 

というわけで今回は陽水方式で解散。また来年やれたらやろうかな、、、アンサンブル

”シンビオシス”。

 

2019.5.27.

 

カテゴリー: 活動報告 | 2件のコメント

うたの思い出

 

 

去る2019年5月12日(日)、福岡市内のFFGホール(福岡銀行本店地下)において、市民合唱団

”福岡フロイデコール”の第22回定期演奏会がおこなわれた。

福岡フロイデコール(以下略:フロイデ)は、1982年(昭和57年)RKB毎日放送『九州音楽

時代』のベートーベン「第九」演奏を機に発足。

初代常任指揮者として三浦宣明氏が就任、、、。

 

 

私が留学から帰国し、福岡で活動を始めたばかりの1996年。ある日、私のもとに地元の先輩

ギタリストから一本の電話がかかってきた。

「歌の伴奏の仕事なんやけど、ムズカシイ現代音楽でオレの手に余るんよ。松下君やってくれん

かいな?」

現代歌曲のギター伴奏作品なんてめずらしいな、、なぬ!藤家渓子作品ではないか、、、

ギターパートは案の定、旦那さんの技量を想定したかのような譜面づら、、、。

タイトルは『さんぽ』『わかれ』『とんび』の3曲(調性は有)。

歌い手は、現在バリトン歌手として大活躍の加来徹氏のお母様である加来京子さん。

そして三浦宣明氏は当時、作品委嘱元である”新しいうたを創る会”の福岡支部を担当されて

いた。

 

 

当日会場でのリハーサルで非常にわかりやすく的確なアドヴァイスをくださった三浦先生。

以来わたしのなかの”信頼できる大先輩リスト”に登録された。

 

 

1998年、九州ギター音楽コンクール審査員だった作曲家の高橋紀明氏が50歳の若さで永眠

された。突然の訃報を受け、今後の代わりを誰に頼むか理事全員が悩んでいたそんな時、

僭越ながら一番若輩の私が三浦先生を強力に推し、その後も数年にわたり審査員を歴任して

いただいたりもした。

個人的にも高橋悠治ギターソロ作品の演奏に関するアドヴァイスをいただいたり、合唱と

フォークギターで共演する『クレーの絵本』(詩:谷川俊太郎/曲:三善晃)をご一緒したり、

本当にいろいろとお世話になった。

 

 

閑話休題、1991年フロイデは第2代常任指揮者として中島敬介氏を迎え、その素晴らしい

ご指導の下、現在に至っている。

中島先生およびフロイデの素晴らしいところは、《いつでも誰でも入団できる”市民合唱団”》と

敷居の低さを謳いつつも、常に”音楽的挑戦”をやりつづけるところにある。

今回のステージ、三部構成なのはいつものスタイルだが、第一ステージ混声合唱とピアノの

ための『祈りの虹』(曲:新実徳英)は、ヒロシマをテーマにしたすさまじい詩もさること

ながら、合唱、ピアノ共に大変な難易度のため、今回フロイデのリハ時間のほとんどはこの曲に

費やされた。

 

 

本番の出来には皆様不本意なところもあったようだが、客席の感動になんら影響はなかった

ようだ。

みんなでなにかを乗り越えようと必死でもがくその姿が、私が感じるフロイデの魅力でもあり、

ひとりギターを爪弾くわたしが一番ジェラシーを感じる部分でもある。

 

合唱バンザイ!

うたバンザイ!

 

2019.5.17.

 

カテゴリー: 活動報告, 私の道しるべ | コメントをどうぞ