シロウトのすゝめ

 

専門的なことに永く携わっていると、評価基準の中心に《技術的なこと》《物質的なこと》を

置きがちである。

これはおそらく歌でも絵画でも料理でもおなじではなかろうか。ギターの世界であれば

「右手のタッチが雑音が少ない」とか「指の動きが安定している」など、プロ、愛好家を問わず

”爪のカタチ”から”弦のメーカー”の話まで、クラシックギターマニアの盛り上がる話題は

おおよそ決まっている。

ちなみにそれが重要でないとは言っていない。

 

 

ただそういった人々から、音楽そのものの話、作曲家の話、他の分野と音楽の共通点などに

まつわる話などはほとんど出てくることがない。これは一体何を意味するのであろうか。

つまり自分の生き方そのものを直視するよりも、”単なる自分の好み”を”評論家的立場”に

すり替えてウンチクをたれる方が、人間ラクだし楽しいからである。

 

 

専門的になりがちな自分を時に突き放した状態で見るために、私が日常心がけているのは、

まっさらの素人の視点に身を置くこと。技術でなく心の動きを追いかけること。その道の玄人を

目指さないこと。

 

 

最後に(私よりはるかに視野がひろい)作曲家、三輪眞弘氏の言葉を紹介して終わりたい。

このひとの言葉はなんでいちいち私の心に響くんだ?

 

 

 

(前略)つまり芸術家というのは美を徹底的に探究するという態度こそがプロとしての望ましい姿勢だといわれる。僕は最近、それを「究極主義」とよぼうと思ってるんですけど、つまり、科学者は真理を追求すれば他のことはもうどうでもいい、関係ないという姿勢。あるいは、ラーメン屋さんは究極の一杯を作るのが立派なことで、他のことはなんにも考えなくていいという態度。このような姿勢というのは、たとえばお金さえ儲かればほかのことはどうなってもいいという態度とまったく同じ形をしているわけですよね。そして、そういう究極主義みたいなものがたぶんこの世界を、すごく悪く、無責任なものにしているような気がするわけです。つまり、それぞれの専門家が自分の分野について互いに「素人に分かるはずがないから黙っていろ」といっさいの門外漢の素朴な疑問や意見などを拒絶し、また、「素人」のほうも自分の生存にかかわるような大切な問題でさえ専門家といわれる人々に「丸投げ」してみずからの頭で考えることを放棄してしまう、、、、、今回の原発事故はまさにそのような社会のあり方の当然の帰結のようにも思えてきます。(後略)

~『アルテスVOL.01/2011WINTER』より

 

 

2019.1.18.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

2019年はじまり~っ!

 

皆様、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

しかし既に10日以上が過ぎてしまった、、、。

とりあえずこのたびのブログは簡単な御挨拶的内容とさせて頂きます。

 

 

今年はまたいろいろなコンサートやイヴェントを企画します。当教室の企画以外にも興味深い

ものが予定されているようですので、またあらためてご紹介しますね。

今年の個人的目標は、「地道にコツコツと、、、」。

それって例年通りじゃないか!

勿論それは続けるとして、真新しい目標としましては、今までのように自分の楽しみを追い

求めるだけでなく「他者の楽しみに貢献できるような活動」を私なりに探っていきたいと思って

おります。

なんか書けば書くほど、新春早々うさんくさい政治家的なご挨拶になってしまうのは何故?

 

 

新春第一弾は、恒例となりました大阪ギタースクール(守口市)主催のコンサート

『ギターアンサンブルの楽しみ』

 

名手、池田慎司さんとがっつりデュオのほか、大阪ギター界の重鎮であり我々二人にとって

”心の兄貴”岩崎慎一さんとのトリオ、ドイツから帰国したばかりの実力派若手、井谷光明さんを

交えてのデュオやカルテット演奏を予定しております。

選曲は『アンクラージュマン(F.ソル)』『入り江のざわめき(I.アルベニス)』など

デュオの定番から、ハンガリーの作曲家 F.ファルカッシュのオリジナル・トリオ作品や

いまだ演奏機会の少ないキューバ音楽などヴァラエティ豊かなプログラミングでお送りします。

乞うご期待!

 

それでは皆様、2019年もよろしくお付き合いください!

 

カテゴリー: 活動報告 | 4件のコメント

最近思うこと

 

先日、東京の楽器店”アウラ”さんからDMが届き、スペインのギター製作家オスカル・カセ

レス氏の来日イヴェントの模様が You Tube 動画にアップされてるとのことだったので、早速

観てみた。

冒頭にスペイン留学から帰国し、現在東京を中心に活躍中の若手ギタリスト林祥太郎さんの

素晴らしい演奏ののち、カセレス氏が通訳の方を介しながら会場からの質問に答えてゆく、

という進め方だった。

スペインの伝統的なギター製作を続けるには現在様々な困難があり、今後は製作をやめて、

自分自身の知識や経験を伝えてゆく活動を望んでいるとのことであった。

 

 

若い人たちに自分の経験、美意識、美学を伝えたい、、、これは男の本能であり願いである。

自分の気質に合う考え方を理論化し体系化する。時には権威となる。

これは宗教家とて例外ではない(いやむしろ宗教の世界の方が、そのことは顕著にあらわれて

いるのではなかろうか)。

 

 

日常生活を通じて、”男女が別な生き物”だということを実感しているひとは多い。

私も含めて男性という生き物は、直感よりも思考や理屈を重んじがちである。

なぜなら直感では他人を説得したり納得させる事が出来ない、と心のどこかで思っているからで

あろう。

【社会における仕事】の八割くらいは、ひょっとしたら「他者を説得あるいは納得させる」

為に奔走しているのが人間ではなかろうか、、、そんな気さえする。

そんな中で「なぜなら私の直感がそのように言ってます」と言い切ってしまうのはよほど勇気が

いりそうだ(笑)。

 

 

男性が理屈や美学をこねまわしている一方で、女性同士のコミュニケーションはそういうものを

必要としない。

そこでは相手に共感することがコミュニケーションの前提として重要であるらしい。

そういえばモテる男性を観察していると、自分の論を振りかざすような野暮は一切せず、

とにかく共感する姿勢を相手に見せ続けることに長けている(私がモテないわけだ)。

 

 

おそらく男性は女性のように子供を産めないので、かわりに自分の思想や美学、美意識を

この世に生きた爪痕として、他者のなかに少しでも残そうとあがくのではなかろうか。

 

 

ひょっとしてこのブログもそうなのかな?

いや、別に私が死んだあとこのような駄文を残したいとは思わないし、、、。

私の見解や意見に対し、共感あるいは同調して欲しいとも思っていない。

共感しなくていいから「へー、松下はこう考えるんだ。自分はそうは思わない」「それについて

は私はこう考える」などと、読んだひとがそのテーマについてそのひとなりに考えてくださる

ひとつのきっかけになれば、わたしがこのブログに託したコミュニケーションは叶えられたと

言っていい。

 

 

虎は死して皮をとどめ、、、

人は死して名も残さず、、、

きれいに片付けて逝くのが私の理想である。

 

2018.12.20.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

おおきい、ちいさい、、、

 

「おおきいことはいいことだ」という価値観に疑いが無かったのが、昭和という時代の特徴の

ひとつ。

それは”大局が見渡せること”と、”単に大雑把な性格”とが、割と一緒くたに捉えられていた時代

でもあった。

目上からの誉め言葉として「あいつは器が大きい」などという言葉がよく使われていたが、

そういう類の言葉は(自慢ではないが)私は一切かけられたことがない。ひがみ目線から

「え~?あいつはただ単にデリカシーが無いだけじゃないの?」

などと思っていたが、その時の見解はうん十年経った現在も、実はわたしの中で変わっていな

かったりする(執念深いというか、ちいさいというか、、、)。

小は大を兼ねないが、同様に大も小のかわりにはなれないのが実際の世の中だと思う。

今日のブログはそんな私から見た、ちいさなちいさな世界、、、。

 

 

大きなことよりも小さなことを大事にする方が、どうも私の性分には合っているようである。

たとえば自分のコンサートでないのに、大ホールに行くと気分が落ち着かないなど(苦笑)。

ホールのステージ上では「自分の実力以上に堂々と振舞わなければ見栄えがしない」のが

なんとも煩わしい気分である。

私の場合、言い換えれば「器(うつわ)が小さい」ということであろうが、そのことに対し

別に卑下してもいないし、恥じらいも感じない。

 

 

地方に居ながらにして世界中の地方と繋がれるこんにち、メジャーが急速に機能しなくなって

きた、というのが平成という時代を振り返った時に残る”ひとつの印象”というか現象である。

【世界のトップレヴェル】なるブランドがゆっくりと意味をなさなくなってきている。

それらの価値観は、もちろんすぐに消えたり、別のなにかにすり替わるというものでもない。

巨大なものは死ぬのにも時間を要する。わたしが死んだ後もおそらくそれは死に続けているに

違いない。

そしてそれは地方だから見えやすいことであって、大都市東京に住んでいる場合は、よほど

敏感な人間、もしくは地方と頻繁に行き来がある人間でないと、それを感じ取ることは容易で

ないであろう。

 

 

東京で活動しているミュージシャンと話をしていると、自分達こそが時代の流れを洗練された形

で吸収、発信し、文化面で地方を牽引していっているという東京優位の感覚、すなわち

”昭和の図式”がいまだ有効だと信じているひとの多いことにびっくりさせられる。

真剣に取り組んでいる素晴らしいひとも(人口に比例して)いることはいるが、そうでない

人達もそういった気分だけはしっかり共有しているのが、一地方の人間として見たとき

片腹痛い。

 

 

権力や権威と結びつかないところで、いかに潰されず「ちいさいことを大切に」やり続けて

いくか。

そのほうが来たるべき時代の流れと合っている、、、とまでは言わないが(笑)。

 

 

思いっきり我田引水したところで、本日のブログ、、、

「退却!」

 

2018.12.8.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

11月のある日

 

先日11月24日(土)、今年最後の演奏仕事を終えた。

知人のホーム・パーティーでの私的な演奏だったため、情報は公開していなかったが、ソロ演奏

を前半、後半に分け30分ずつ演奏した。

プログラムは以下の通り。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第一部【映画音楽の夕べ】

*サウンド・オブ・ミュージック(R.ロジャース/松下編)

*ひまわり(H.マンシーニ/江部賢一編)

*テ・キエロ・ディヒステ(M.グレヴェール/松下編)

*11月のある日(L.ブローウェル)

*オルフェの歌(L.ボンファ)

 

第二部【愛奏曲集】

*祈り(L.ボンファ)

*ポートレイト(S.マイヤーズ)

*夢を売る人(M.D.プホール)

*コラール(F.モンポウ)

*ラファガ(J.トゥリーナ)

 

【アンコール】

*青いユニコーン(S.ロドリゲス)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近まとまってソロ演奏をやる機会があまりない私にとって、”一時間分のプログラム組み

立て”は、一週間アタマを悩ませるのに充分だった。

プホール作品は、先月末に楽譜を購入して今回が初暗譜の初人前演奏だった。

ピアソラっぽいことをやってるプホールに対しては、これまでどうしても興味が持てなかった

が、ふと耳にして”一耳惚れ”したこの曲に関しては、今までこちらが勝手に思い描いていた

プホール像を一新するに充分だった。

『ひまわり』と『オルフェ』は主催者からのリクエストで入れることになってるが、ほかに今

弾ける映画音楽って何があるかなあ、、、と考えた結果、

「そうか、11月だし、、、やっぱアレか、、、」

 

 

キューバのギタリスト作曲家、レオ・ブローウェルが映画のために書いた『11月のある日』は

かれこれ25年以上暗譜で弾いてることもあり、私にとって(めずらしく)そんなに心配ない

曲のひとつである。よし、決まった!それでいこう。

 

 

そしてなにげに『11月のある日』の検索をかけてみてビックリした。

日本未公開でこれまで観ることが不可能だったこの映画が、You Tube になんとバッチリアップ

してあるではないか!しかも5年ほども前に、、、。

 

結局コンサート前日に、わけの分からないモノクロ・スペイン語映画を1時間半かけて観た

のだが、分からないなりに非常に楽しめた。

”キューバ音楽” ”バロック風” ”木管楽器による武満風”、モリコーネのような”B級ロック”、

そしてキューバにおけるフュージョンの先駆けとなった伝説的グループ《イラケレ》による

”あのメロディー”!

様々な音楽がごった煮状態で使われている点では、C.ファリーニャスが音楽を担当した

『ソイ・クーバ(私はキューバ)/ 1964年』より多彩かも。

(映像はあちらの方が断然キレイであるが、、、)

 

 

コンサート終了後も、映画のイメージが頭から離れず、今日一日かけて、ついにギター・

カルテット用に編曲してしまった。名付けて『”11月のある日”メドレー』。

お披露目は来年ですね。乞うご期待。

 

 

だが今日のこの作業は今の私にとって現実逃避以外のなにものでもない。

なぜって、、、明日から二日間レコーディングなの、ぼく。

もちろん『11月のある日』と全然関係のないやつ、、、。

 

2018.11.26.

 

カテゴリー: エッセイ, 明日のギター演奏の為に, 観てみて動画 | コメントをどうぞ