このごろ世間に流行るもの

 

《みずから卒業するひとたち》

 

AKB が脱退のことを”卒業”を言い出してからだろうか?

春でもないのに年がら年中、みずから卒業する人が増えている。

脱退、脱会、退職、離脱、解雇、、、すべて卒業と表現されうる時代となってしまった。

ギター教室からの”自主卒業”は経営上シャレにならんが(笑)、生徒さんが別な曲にうつりたい

時、

「この曲卒業したいでーす」

と表現される時がある。

 

気のせいか女性の方がよく使うようである。

”やめたいです” ではストレート過ぎるし、トゲがあるという気遣いだろうか、、、。

確かにやわらかい印象にはなる。

 

だがよく考えて欲しい。

本来”卒業”というものは、自分で申告、宣言して出来るたぐいのものではないということを。

自分以外の他者が判断した結果、卒業というものが成り立つ、ということを。

でなければ、私の場合「一年で大学を”卒業”した」とプロフィールに記載しても良いことになる

のだぞ(やってみようかな、、、その場合、学歴詐称になるのかな)。

 

 

《ゲームしかしないひとたち》

 

次はまじめなお話。

社会生活のかたわらゲームに興じるひとには危惧しない。

彼ら彼女らが自分で稼いだお金をゲームに何百万つぎ込もうと、その人達の自由だと思う。

ここでは他者との関わりを一切遮断して、ゲームだけをやってるひとのことを考えたい。

もし彼の人達から「人生に”価値や意味”を見出す行為が、なぜ必要なのか?」と問われたら、

あなたはどのように答えるだろう?

わたしには答えられない。

 

自分の人生は自分だけのものだと考えているのだったら、おそらくその人生に価値はないし、

意味もない。

しかし”価値や意味の有無”を基準にものごとを考えようとしている自分に気が付く時、

ひょっとして私自身が資本主義的感覚もしくは都会生活感覚に洗脳されているだけなのか?

という不安が頭をよぎってしまうこともある。

『ネットゲーム廃人』と呼ばれる人達の存在は、私にそういったことを考えさせてくれる。

 

私にとって『人格を向上させ続けること』が、”人生の限られた時間における目的”だと漠然と

感じながら、これまでを過ごしてきた。

おかげで現在の私は充実しているが、自分の歩んでいる道が正しいとも思わないし、ひとさまに

すすめるつもりもない。

ちなみに私の場合なぜそうだったかというと、人生のポイントポイントでそういった人たちが

目の前に現れてくれたからだ。

つまりは”他者に対するあこがれ”が、私をそのような意識に駆り立てた。

だが彼ら(ゲームしかしないひとたち)の存在は、私のそういった思いに対し、静かにつぶやい

ているかのようである。

「どうかほっといてくれ」と、、、。

 

ひとの充実の尺度はそれぞれ違うと思うが、それを決定するのはやはり「周りにどういったひと

たちが居るのか」が大きい。

そして現在の私の人生の目的は、他者に対して”その役”を果たせる人間になれるか、ということ

である。

 

別にそれが立派なことだとは思わない。

あくまで自分の充実のためである。

 

2018.1.15.

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

シルビオ・ロドリゲス

 

喪中につき、明けてもめでたくない松下です。

本年もどうぞよろしくお願いします。

2018年、年明け1月から3月までの主な活動予定をざっと、、、。

 

【1月27日(土)文禄堤薩摩英国館~松下隆二ギターコンサート】

大阪ギタースクールの井谷正美先生に毎年主催していただいてるコンサート・シリーズ。

今回のサブタイトルは”時代のはざまを漂う音楽”。

音楽史的観点で見た時、主流から少しだけ離れたところにいる楽曲、時代の権威となることなく

時代のはざまをただひたすら漂い続ける楽曲を、非常に主観的に、あるいは個人的趣味をもとに

選んでみました。なかなかハードボイルドな内容です。

前半はセゴヴィア・レパートリーを基にしたソロ演奏。

後半は尊敬する先輩、岩崎慎一氏をゲストにお迎えしてのデュオ演奏。

お昼15:30開演(15:00開場)。

翌28日(日)は岩崎先生の主催で、わたくしのマスタークラスを開催の予定です。

 

【2月2日(金)The Duo 2018 ニュー・イヤー・ツアー】

ジャズ・ギタリスト鬼怒無月さんとクラシック・ギタリスト鈴木大介さんのおふたりがタッグ

を組んだ”The Duo”の新春ツアー福岡公演がジャズの老舗「ニュー・コンボ」で行われます。

ジャズや映画音楽などのスタンダード・ナンバーを、おふたりならではの斬新なアプローチで

聞かせたり、クオリティの高いオリジナル曲を即興を交えながら展開するあたり、”The Duo

の世界”が今回もとても楽しみです。

なお今年は例年のゲスト田口悌治さんが「お仕事の為ご不在」となり、私に対するステージ上

での”いじられ度”が増しそうで、それが今回一番怖い、、、。

 

【3月11日(日)山田賢・松下隆二ギター・コンサート(タイトル仮)】

姫路のギタリスト山田賢さんをお迎えして、福岡市中央区の甘棠館Show劇場でのお昼の

コンサートです。山田さんのギターデュオ新曲の他、高橋悠治、M.C.グァルニエリ、林光作品

など演奏の予定。”現在のふたり”を炸裂させます。

13:30開場/14:00開演(16:00終演予定)

前売り料金:一般¥2,500/高校生以下¥1,500(当日¥500 up)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

1999年(日本では2000年)公開された音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシ

アル・クラブ』によって”キューバ音楽”というものが一躍脚光を浴びた。

あれは内容も映像も、実際すばらしい映画だったと思う。あの映画で流れた音楽が

その後世界中に”キューバ音楽”のイメージを決定づけたのだから。

 

スライドギターの名手であり、音楽シーンの中でプロデューサーとしても手腕を発揮している

ライ・クーダーが、現地の高齢ミュージシャン達とまさにセッションを始めようとしている

1996年5月、私はハバナにいた。

サルサ、クラシック、ソン、ジャズ、スペイン、、、まさに音楽のるつぼ。

 

私が参加したクラシックギター・フェスティバルも終盤に近づいたある日、会場のロビーで

たむろしていたキューバの若い学生たちが、ギターを廻しながら弾き語りを始めた。

ある若者が唄った後、「今のは、だれの曲か?」と尋ねたら「シルビオ・ロドリゲス」と答えが

返ってきた。次の若者が唄った曲も同様だった。「誰の曲?」「シルビオ!」

同じ問答がその後、数回繰り返され、キューバの人達にこよなく愛されている”シルビオ・

ロドリゲス”の存在が、私の中にしっかりと刻印された。

 

しかしネットも今ほど普及していなかった当時、日本においてシルビオのことを知るのはおろか

曲を聴くことさえ難しい状況だった。そういった意味では今はなんと有難い時代だろう。

思い起こせば30代だったある日、タレガのマズルカを練習していて、「これはマズルカという

踊りを実際に現地(ポーランド)に見に行くしかない!」と思い詰め、身悶えした時期が

わたしにはあった。

なぜなら音楽辞典の”マズルカ”の項を読んでも、文章からは何も見えてこないのだ、、。

ところが十数年後の現在では、マズルカがどのように踊られるものかを、動画によって簡単に

見る事が出来る。しかも何種類も!!

しかし反面、”あこがれ”というものを熟成させたり、妄想が別のなにかにクリエイティヴに

生まれ変わるといったことは、逆に難しくなってしまった。これはただの贅沢病なのだろ

うか、、、。

 

60年代後半からヌエバ・トローバ(新しい歌)運動の担い手として頭角を現したシルビオの歌

は、キューバ国外の人達が感じたがる、いわゆる異国情緒的な”キューバらしさ”とはかけ離れた

ものかもしれない。

だがそれぞれの曲で歌われる政治的、哲学的、文学的な歌詞は、明らかにキューバで生活する

人々の現実を浮き彫りにしている。キューバ国民にとって彼の歌は、好悪を超えた真実なので

ある。

日本はこのような歌い手をこれからひとりでも持つことが出来るのだろうか?

 

 

『Quien Fuera』

”言葉をさがしている。君の謎を解くための。もしぼくがアリババだったなら、、、シンドバット、すごい魔術師、魔法使いだったらなぁ、、、、”

 

『Mariposas』

画面左はレイ・ゲーラ!

 

『Unicornio』

”ぼくの青いユニコーンが昨日居なくなりました。情報をお願いします。お礼はいくらでもします、、、。”

 

カテゴリー: 観てみて動画 | コメントをどうぞ

オブリビオン、、、

 

2017年が暮れようとしている。

年内の公的な演奏はすでに終了し、残すは5日分のレッスン、そして『ひとつのリハーサル、

ふたつの忘年会』(曲のタイトルみたい、、、)のみである。

一年という期間をとても短く感じるとともに、今年のアタマになにをやったかなどの記憶が

どうも曖昧になってきた。

まあここはひとつ、かっこよく”振り返らないオトコ”ということにしておこう、、、。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

”見栄を張る” ”格好つける”

これらのことは裏返すと結果”かっこわるい”ことが多い。

さっきの言葉も、よく言えば”振り返らないオトコ”、現実はただの”振り返れないオトコ”に

過ぎないのだ。

 

(最近、芸能界復帰の兆しを見せている)学歴きらびやかだったK氏も、裏返され

”ホラッチョ”

呼ばわりされるのが世の中というもの。

そう考えるとエリート意識を前面に出したり、見栄を張るということは、逆にマイナス面の方が

むしろ多いのではないか?

”見栄を張る” ”綺羅を飾る”のは高校、大学の應援團くらいに任せて、その他の人はもっと楽に

生きたらどうだろう。

 

とは言っても、それらを踏まえた上で、”敢えて自覚的、意識的に見栄を張る”というような

泥臭い姿勢については、個人的には、じつは結構《好感》を持って見ているのだが、、。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

アルゼンチン・タンゴ界の雄(かつて九州ギター界にこれを”オス”と読んだ奴がいた)、

A.ピアソラがフルートとギターの為に作曲した『タンゴの歴史』という曲がある。

 

この曲が現代のクラシックギター界に与えた恩恵は計り知れない。

何故ならこの曲を演奏したいが為に、ギタリストと組んでコンサートをするフルーティスト、

ヴァイオリニストの数が、それ以前より圧倒的に増えたのだから。

90年代後半から始まったピアソラブームが、その状況にさらに拍車をかけた。

今振り返ってみると(ちゃんと振り返れるやん!)、90年代半ばからの20年近く、日本の

クラシック音楽産業は、ピアソラと武満によって支えられていた。

そしてこの二人の作品は、クラシックミュージシャンとそれ以外のジャンルの音楽家との

橋渡し役もしてくれた。

 

だが一方で皮肉な見方をすれば、その内実は、猫も杓子もコンサートの〆に”リベルタンゴ”を

演奏する、というだけのものかもしれない。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そのA.ピアソラの有名曲の中に『オブリビオン(忘却)』という曲がある。

30代のある日、私はふと気が付いた。

これって言い換えたら『オブリビオン(ものわすれ)』ってことじゃね?

”忘却”と言えば確かにかっこいいが、、、。

 

その日以来、パッと見が格好いいものは、まず疑って裏返してみるクセがついてしまった、

《あなたの街の痴呆ギタリスト》であった。

 

2017.12.19.

 

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

内側と外側

 

先日の発表会が終わった後、生徒さんのおひとりである松下優さん(親戚ではありません)

から大変おもしろい内容のメールを頂戴した。

氏は今回の発表会を、ご自身にとっての”実験の場”と定め、「計画していることの成果が出た

あかつきには、きちんとレポートしまーす(笑)」とかねてから宣言されていた。

ちなみに当日はトリに近い待ち時間ながら、いつも以上にしっかりと落ち着いた感じでステキな

演奏を聞かせてくださった。

 

後日戴いたレポートの内容が興味深く面白い内容だったので、ご本人のご承諾を得、以下に掲載

させて頂く。

===========================================

私の方は今回得るものが多かったです。
《アマチュアとしての演奏前の心得》をまとめました。

<家を出るとき>
1,すべてを受け入れる覚悟を決める。
2.不完全なものを一つ身につける。
(演奏以外のものをパーフェクトに準備しない。例えば
靴をピカピカに磨かない。穴の開いた靴下とか・・・。)
3.7割を確実に目指す。

<途中>
4.演奏の20分くらい前に、甘いものを食べる。
(今回は「一本満足バーシリアルブラック」糖質80%オフ)

<演奏直前>
5.直前の楽譜チェックよりも、爪磨き!と爪の先への少しの油分。
6.高鳴る鼓動に合わせて酸素を十分に体に吸わせ体を解す。
(吸った息はゆっくり体の外に感謝して送り出す。)
7.手にかいた汗をウエットティッシュで拭いて、心拍数の増加に
伴って、どんどん冷えてくる指先を、体の温かい部分で暖める。
8.「小籠包」のことを考える。
(会場の近くの、美味しものを何か思い浮かべて、まじないにす
る・・・今回はキャナルシティの南翔饅頭店の小籠包)
9.一曲およそ300秒、とにかく丁寧に演奏することだけに集中する。
(これは今回、演奏の後に強く感じました・・・)

<一番最後に>
10.ズボンのチャックを確実に・・・確認する。

===========================================

どうです、興味深い内容でしょ?(笑)

 

私が個人的に感銘を受けたのは、項目の2番目

『不完全なものを一つ身につける』

いやー、最近本当に思うのですよ。敢えてすき間(あるいは隙)を作ることの大切さを。

敢えて矛盾を放置することによる空間の豊かさと広がりを、、、。

とはいえ、私の場合、地でやってしまってることの方が多いか、、、(汗)。

 

ここまでご自身の内側を冷静に見つめ、掘り下げたそののちに、この第二項目を掲げる意味は

とても大きいと思う。人生の先輩からは学べることがいろいろあるなぁ、、、。

ごっつぁんです!ありがとうございましたー。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

”永世7冠”を達成した羽生さんがご自身を評し「(将棋そのものを)本質的にはわかって

いない」とおっしゃったのもすごいと思う反面、正直なところだろうな、と感じる。

八十一マスの盤上が、おそらく羽生さんにとっては宇宙のような広がりを持っているものに違い

ない。同い年の羽生さんであるが、ご自身の内面に向かうエネルギーと外面に向かうエネルギー

が、一体どのような感じでリンクし、共存していらっしゃるのだろう?

凡人の私には想像もつかないが、実は意外に”すき間”が多く、それがゆえに自在に動けたり

なんかして、、、(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の「日馬富士騒動」。マスコミのいいかげんさ、コメンテーターの無責任さにこのたびも

ウンザリだったが、報道が錯綜する中で私がもっとも引っかかったのは、”モンゴル出身力士”

という括りに対し行われた、一般からの(過激とも思える)排外的コメントである。

世間の多数を占めているとは思えない意見(感情?)だが、「東京国際ギターコンクールの

本選には外国人ばかり」という不満と、本質的に大して変わりがない。

日本人力士が負けている状況が悔しいのはわかるが、それによって「モンゴル人力士いらね

え~!」となるより「日本人力士ももっとがんばれ!」ってなる方が健全な気がするけど。

”白鵬の物言い”などについては、別の個人的問題として冷静に分けて考えた方がいいだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

”ナショナリズム”というのは、非常に多様性のある”もろ刃の言葉”であることは歴史を見ても

わかるが、私は健全なナショナリズムについては大いに歓迎したい。

 

《ナショナリズムというと、とかく八紘一宇やドイツ民族の優秀性といった偏狭な国家主義が想起されがちだが、ナショナリズムとは、本来的には、自由で民主主義的な自分たちの国を愛する精神、それは同時に他の国々の国民の生命や自由をも尊重するという精神に力点があることを忘れてはならない。誇るに足る国家を形成し維持・発展させていくことこそが真のナショナリズムの精神といえよう。》

~日本大百科全書(ニッポニカ)解説より~

 

北朝鮮についても「対話の時期は終わった」と強調する排外主義的コメントが、通称ネトウヨに

よって繰り広げられているが、『自分が殺される可能性』を想像する力が、彼らからは欠落して

いるとしか思えない。もしくは国家権力から守られることもなく、逆に犠牲となっている

”北朝鮮の一般市民の生活”を破壊してしまうかもしれない可能性を想像することが、彼らは

出来ない(もしくはどうでもいい)ようだ。

国家はそれぞれの国民を守るため、なにがあっても他国との対話の機会を投げてはいけない。

と同時に、国家権力間での争いに市民が巻き込まれるのは世の常であるが、市民の側としては

せめて火に油を注ぐ行為や言動はつつしまなければいけない。

自然死や病死、最悪の場合自殺はあっても、人間、他者から殺されることを望むひとはおそらく

いまい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【他者に敬意を持つため自己を見つめて掘り下げる】

 

《音楽》《スポーツ》《美術》などは、本来そういったことに気付く為に存在しているはずだ。

有名無名に関わらず、私がこれまで出会った「素敵なミュージシャン」というのは、目の前の

他者に対し、あたたかい眼差しを持っている。

だからこそ彼ら彼女らは《素敵な音楽》が奏でられるのだ。

 

(おわり)

 

カテゴリー: エッセイ, 生活の中の音楽 音楽の中の生活 | コメントをどうぞ

発表会&リサイタル終了

 

昨日11月26日(日)福岡市内ぽんプラザホールにて「松下隆二ギター教室発表会」「松下隆二

クラシックギター・リサイタル~セゴヴィアへのオマージュ~」が開催された。

ホークス優勝パレードと同時に午前11時から始まった発表会は、ソロありデュオありトリオあり

大合奏あり、、、とヴァラエティに富んだ内容で、皆様日頃の研鑽の成果を十分に発揮された。

今年の初の試みとしては、《ギターデュオの楽しみ》《愛の歌》《若い息吹》など各ブロック

ごとにタイトルをつけ、発表会全体を「ひとつのコンサート」のように構成したこと。

 

みなさんの熱演により盛会のうちに終了したこと、この場をお借りして厚く御礼申し上げたい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続けて同ホールで16:00から『松下隆二ギター・リサイタル~セゴヴィアへのオマー

ジュ~』を開催した。多数のご来場、心より感謝したい。

 

 

やり終えて感触としてハッキリと残ったのは、現在の自分はソロ演奏に関して、ポリフォニック

な要素を打ち出すことにあまり関心がない、というか魅力を感じていない、ということである。

セゴヴィアレパートリーであろうが、なかろうが、「ひとりで複数人分の要素が表現できる」と

いうのは冷静な他者から見ればサーカスに過ぎず、私の場合そのような楽曲を演奏したい時は、

知り合いの素晴らしいミュージシャンたちと共に、アンサンブルで演奏する方がずっと広がりの

ある世界が表出可能であると思っている。

 

 

ではあらためて《ギターソロ演奏の魅力》を問われたときに、私の場合は”近代テクノロジーの

表出”ではなく、「個から個に対する語りかけ」「それによって生まれる共感」の方を大切に

したい。

”セゴヴィアへのオマージュ”というコンセプトに間借りして、このたび打ち出したいのはそれが

ひとつだった。どこまで出来たかはわからない。でも私のソロ演奏に関しては、しばらくは

この状態が続くことだろう、、、。

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントをどうぞ